Googleに早くインデックスさせる方法【Indexing APIで最速クロール】

「記事のインデックスが遅い!」をGoogle Indexing APIで解決します。

Google Indexing APIは、記事更新をクローラーに通知してクローリングするよう呼び寄せることが可能。ただ、Google検索セントラルによると現在は以下のような説明が書かれています。

現在、Indexing API は、JobPosting または BroadcastEvent が VideoObject に埋め込まれたページをクロールするためにのみ使用できます。

Google検索セントラル

このように、求人やライブ配信を対象と説明しています。とはいえ、少しイレギュラーな方法ではありますが、通常のブログ記事でもGoogle Indexing APIを使用することが可能!

そこでこの記事では、Google Index APIを実装する方法を解説します。

タップできる目次

Google Index APIとは

Google Indexing APIはAPIキーを使ってクローラーを呼び寄せ、インデックスを早くする働きがあると言われています。

ウェブサイトが即時にクロールされるという、Indexing APIの有効性を示すような以下のツイートがあります。

訳:GoogleColabで機能するGoogleAPIインデックス このURLは、3分以内に送信、クロール、インデックス作成されました。

海外記事なのでまったく同じ有効性とは言えませんが、3分でインデックスされるとは衝撃的な早さ!

ちなみに、新規記事の更新やリライト後の情報更新をクローラーに伝える方法には、他に以下の方法があります。

インデックス送信する方法
  • プラグイン『WebSub/PubSubHubbub』
  • GoogleサーチコンソールでのURL検索
  • XMLサイトマップ/RSSフィード
  • 既存の記事からの内部リンク

ただ、以上の方法は僕も含めて「時間がかかる」と思う人も多い。

また、『WebSub/PubSubHubbub』は有効なプラグインですが長らく更新されておらずWordPress5.7以上では検証されていません。

そのため、Google Indexing APIがもっとも効果的といえます。

Google Indexing APIの設定方法

Google Indexing APIの設定手順は以下の3つ

Google Indexing APIの設定手順
  1. 『Instant Indexing』をダウンロードする
  2. APIプロジェクトを作成する
  3. 『Instant Indexing』を構成する

手順①:『Instant Indexing』をダウンロードする

Instant IndexingはRank Mathが提供するプラグインです。

ここから取得可能

手順②:APIプロジェクトを作成する

APIプロジェクトはGoogle Cloud Platformで作成・設定します。

STEP
Google Cloud Platformで新規プロジェクトを作成する

Google Cloud Platformを開いて『続行』をクリックする。

Google Cloud Platformのプロジェクト作成画面
Google Cloud Platformのプロジェクト作成画面

プロジェクトの作成に成功すると以下のような画面が表示されます。

プロジェクトの作成完了画面
プロジェクトの作成完了画面

※『認証情報に進む』はクリックしません。

STEP
サービスアカウントを作成する

続いてサービスアカウントを作成します。

プロジェクト作成完了画面から続いて、画面左上のハンバーガーメニューをクリックします。

ハンバーガーメニュー内の『IAMと管理』⇒『サービスアカウント』と選択する。

サービスアカウントの作成画面
サービスアカウントの作成画面

先に作成したプロジェクトを選択する。

プロジェクトの選択画面
プロジェクトの選択画面

画面が切り替わったら、『サービスアカウントを作成』をクリックする。

サービスアカウント作成
サービスアカウント作成

『サービスアカウントの作成』画面で、サービスアカウント名・説明を入力します。

サービスアカウントのIDはアカウント名が反映されますが、今後の設定で使用するのでコピーをしておきましょう。

サービスアカウントの作成の詳細設定
サービスアカウントの作成の詳細設定

作成するサービスアカウントに、事前に作成したプロジェクトへのアクセス許可設定を行います。ここでは『オーナー』を選択して『続行』をクリックしましょう。

プロジェクトへのアクセス許可設定
プロジェクトへのアクセス許可設定

次にユーザーアクセスの設定画面が表示されますが、ここでは未入力のまま『完了』をクリックします。

ユーザーアカウントのアクセス設定
ユーザーアカウントのアクセス設定

サービスアカウントが作成したら、Google Indexing APIを使用するためのAPIキーを作成できるようになります。『操作』の3つの縦ドットをクリックして、『鍵の管理』を選択しましょう。

サービスアカウントの作成完了後画面
サービスアカウントの作成完了後画面

画面が切り替わったら、『鍵を追加』から『新しい鍵を作成』を選択して次のページに進みます。

オーバーレイ画面が表示されるので、『JSON』を選択して『作成』をクリックします。

APIキーの作成画面
APIキーの作成画面

APIキーを作成すると自動でJSONファイルがダウンロードされます。

JSONファイル自動ダウンロード画面
JSONファイル自動ダウンロード画面

これでAPIキーを作成して、Google Indexing APIを使用する準備が整いました。

STEP
Googleサーチコンソールでサービスアカウントを所有者として追加する

さきほど作成したサービスアカウントをGoogleサーチコンソールの所有者に追加する必要があります。

まず、Googleサーチコンソール画面を開きましょう。

Google Indexing APIを設定したいプロパティを選択して、左側メニューから『設定』をクリックします。

Googleサーチコンソールのプロパティ画面
Googleサーチコンソールのプロパティ画面

画面が切り変わったら、『ユーザーと権限』をクリックします。

ユーザーと権限
ユーザーと権限

アカウント右側にある3つの縦ドットをクリックして、『プロパティ所有者の管理』を選択します。

ユーザーの選択画面
ユーザーの選択画面

新規タブで画面が開くので『確認済みサイト所有者』の項目から、『サイト所有者を追加』をクリックします。

サイト所有者の追加画面
サイト所有者の追加画面

事前に作成してコピーしたサービスアカウントIDをコピペで貼り付け、『続行』をクリックすればサイト所有者の追加をすることができます。

サイト所有者の追加画面
サイト所有者の追加画面

前の画面に戻ってページを更新すると、Google Indexing APIのサービスアカウントがサイト所有者に追加されています。

サイトオーナーの追加完了画面
サイトオーナーの追加完了画面

これでGoogle Indexing APIを使用する準備はほとんど終わったので、最後に事前ダウンロードしたプラグインの設定を行います。

手順③:『Instant Indexing』を構成する

事前にダウンロードした『Instant Indexing』のファイルをサイトにアップロードして追加。アップロードが完了したらプラグインを有効化します。

プラグインを有効化したらプラグイン画面から『Setting』をクリックして、『Instant Indexing』の構成を進めていきます。

プラグイン一覧にある『Instant Indexing』
プラグイン一覧にある『Instant Indexing』
STEP
Instant IndexingにAPIキー(JSONファイル)を挿入する

Instant Indexingの設定画面が開いたら、先ほど自動ダウンロードしたJSONファイルをドラッグ&ドロップして貼り付けるか、ファイルをアップロードします。

投稿、固定ページなど、ページを更新したときにすぐに変更を通知したいポストタイプを選択。完了したら『変更を保存』をクリックして完了です。

Instant Indexingの設定画面
Instant Indexingの設定画面
STEP
Google Index APIを使って投稿や固定ページをインデックス登録する

Google Indexing APIの設定が完了したので、実際にURLを送信してみます。

Instant Indexingのコンソール画面に移動して、任意のURLを入力。『Publish/update』を選択して『Send to API』をクリックします。

Instan Indexingのコンソール画面
Instan Indexingのコンソール画面

成功すると一瞬で『SUCCESS』と表示されるので、APIの送信に成功しました!早い!

インデックス送信に成功
インデックス送信に成功

今回は『Publish/update』を選択しましたが、URLを削除することやステータスの取得も可能。さらに、投稿一覧画面で投稿の更新オプションが表示されます。

WordPress投稿一覧画面のInstant Indexing
WordPress投稿一覧画面のInstant Indexing

1つのURLだけでなく一括送信することもできるので、GoogleサーチコンソールでのURL検索を使用するよりもかなり楽ちんですね!それでいてインデックスも早い!

Google Indexing APIを使用するならRank Mathがおすすめ

Google Indexing APIを使用するには、Google Cloud Platformを利用することは大前提。その他にプラグイン『Instant Indexing』を使用しますが、このプラグインはRank Math SEOを利用することで最大限の効果を発揮できます。

Rank Math SEOはいわゆるSEO系のプラグインですが、無料プランでも比類ない機能を持ち合わせています。

無料版でできること
  • カスタムフィールドのサポート
  • AMPページの最適化
  • Googleサービスの連携
  • Buddypress
  • 画像SEO設定
  • bing送信
  • 内部・外部リンク設定
  • ローカルSEO設定
  • 301リダイレクト設定
  • スキーマ設定
  • ロールマネージャー
  • ウェブサイトSEO分析
  • サイトマップ設定
  • キーワード解析
  • Google Web Stories設定
  • 他SEO系プラグイン設定のエクスポート/インポート

さらに有料版ともなると、以下のような機能も追加されます。

有料版でできること
  • 404モニター
  • アナリティクスのローカル接続
  • アドセンス連携
  • bbPeress
  • 画像SEOの追加機能(alt属性・タイトル・キャプション・説明の自動挿入)
  • Local SEOの追加設定
  • ニュースサイトマップ
  • 301リダイレクトの追加設定(記事URL変更時の自動301設定)
  • スキーマの追加設定(スキーマテンプレートの作成等)
  • 動画サイトマップ
  • Woocommerce
  • Rank Tracker(ランクトラッカー)

他にも書ききれていないのではないかというくらい高機能かつ軽量のプラグインです。

Instant IndexingはRank Mathチームが提供しているプラグインのため、Rank Mathの追加機能として使用することが可能。Googleと併せてBing送信もできるため、検索エンジンのほとんどを網羅することができますよ。

Google Indexing APIを使用するなら、Rank Mathの無料版もぜひ一緒に試してみて下さい。

>>Rank Mathを今すぐダウンロードする(公式サイト)

Google Indexing APIの設定まとめ

Google Indexing APIを使用することで、新記事の投稿、既存記事のリライトなどの情報をいち早くクローラーに伝えることができます。

いちいちGoogleサーチコンソールのURL検索画面を開く必要もなく、インデックスも早い。常に最新情報を検索結果に表示できるため、情報の更新性やUXの良さから滞在率の延長・離脱率の減少に繋がり、間接的にSEO評価を高める可能性もあります。

設定には多少の手間がかかりますが、この記事で解説したとおりに進めれば失敗しません。

ぜひ、Google Indexing APIをあなたのサイトに導入してみて下さいね!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる