WorPressおすすめプラグイン6つ【有料/無料】2021年最新

  • 3 min read
WordPressおすすめプラグイン6つ【機能別の最強ラインナップ】

WordPress(ワードプレス)ブログを運営するうえでプラグインは必須。有効活用することで、ユーザーやSEOに好まれる魅力的なサイトを作ることができます。

ただ、プラグインを導入しすぎると『テーマやプラグイン同士で干渉する』『ページ表示が遅くなる』などのデメリットがあるのも事実。やたらと導入せず、慎重にプラグイン選びを行う必要があります。

とはいえ、少しでも良いプラグインを見つけようとプラグイン探しにはまると、肝心な記事執筆が進まなくなり本末転倒ですよね。

そこで今回は、WordPressのおすすめプラグインを機能別に6つ紹介します。はっきり言って、紹介するプラグインを導入しておけば最強で、他はいりません。ぜひ、じっくり読んでみて下さい。 

WordPressおすすめプラグイン一覧

以下は、WordPressおすすめプラグインの一覧です。

おすすめプラグイン一覧

機能プラグイン名有料/無料
SEO関連Rank Math SEO無料
お問い合わせContact Form by WPForms無料
画像最適化Shortpixel Image Optimizer無料
URLチェックBroken Link Checker無料
セキュリティAll in One WP Security無料
キャッシュ/コード最適化WP Rocket有料

※各種プラグインには有料プランあり

もちろん使用するWordPressテーマによって、目次やHTMLサイトマップを生成するプラグインが必要になる場合があります。でも、基本的には一覧に示したプラグインがあれば充分です。

それぞれの詳細を解説していきますね。

SEO系プラグイン:Rank Math SEO

SEO系プラグインの決定版

Rank Math SEO
Rank Math SEO

Rank Math SEOは、1つでSEO関連の機能を多く兼ね備えているうえに、非常に軽量設計されているSEO系プラグインの決定版的な存在。

SEO系プラグインというと、All in One SEOやYoast SEOといったプラグインがピックアップされがちですが、Rank Mathは一味違います。

1つのプラグインで、以下のような機能を要しています。

Rank Math SEOのダッシュボード画面

Rank Mathのダッシュボード画面
Rank Mathのダッシュボード画面
無料版Rank Mathでできること

  • カスタムフィールドのサポート
  • AMPページの最適化
  • Googleサービスの連携
  • Buddypress
  • 画像SEO設定
  • bing送信
  • 内部・外部リンク設定
  • ローカルSEO設定
  • 301リダイレクト設定
  • スキーマ設定
  • ロールマネージャー
  • ウェブサイトSEO分析
  • サイトマップ設定
  • キーワード解析
  • Google Web Stories設定
  • 他SEO系プラグイン設定のエクスポート/インポート

無料版でも以上のことができ、SEO関連の項目を網羅することができます。

有料版ではさらに多くのことができます。

有料Rank Mathの追加機能

  • 404モニター
  • アナリティクスのローカル接続
  • アドセンス連携
  • bbPeress
  • 画像SEOの追加機能(alt属性・タイトル・キャプション・説明の自動挿入)
  • Local SEOの追加設定
  • ニュースサイトマップ
  • 301リダイレクトの追加設定(記事URL変更時の自動301設定)
  • スキーマの追加設定(スキーマテンプレートの作成等)
  • 動画サイトマップ
  • Woocommerce
  • Rank Tracker(ランクトラッカー)

もはや、できないことがないんではないかと思うくらい高性能にも関わらず、超軽量なのでサイトスピードを損なうことがありません。

また、有料プランはRank Trackerを使えます。アクセス解析ツールを単体で購入するよりも、Rank MathはSEO機能とRank trackerを合わせて$59(およそ7,000円/年)~なのでお得ですよ。

>>Rank Mathを今すぐダウンロードする(公式サイト)

お問い合わせプラグイン:Contact Form by WPForms

ドラッグ&ドロップで直感的な操作ができる

Contact Form by WPForms
Contact Form by WPForms

Contact Form by WPFormsは、ドラッグ&ドロップ操作で直感的にお問い合わせページを設定することができるプラグイン。

デフォルトのテンプレートが4種類あり、目的に合わせてお問い合わせフォームを作成することができます。個人ブログの簡易的なお問い合わせフォームであれば一瞬で完成します。

お問い合わせページの作成画面

このように作成したお問い合わせページは、ブロックエディタで専用ブロックがあり、どこにでも設置することができます。

また、もう1つの大きな特徴としてrecatpcha』をお問い合わせページごとに設定できること。

お問い合わせプラグインで有名なContactform7でもrecatpchaを設定できますが、すべてのページで適用となってしまうため、サイトスピードを著しく失います。

でも、wpformsであれば指定したお問い合わせページにだけrecatpchaを設定できるうえに、『Invisible reCaptcha for WordPress』といった余計なプラグインを導入しなくて良いので、サイトスピードを損なうことはありません

>>wpformsを今すぐダウンロードする(公式サイト)

画像最適化プラグイン:Shortpixel Image Optimizer

画質を保ってWEBサイトを高速化

Shortpixel Image Optimizer
Shortpixel Image Optimizer

Shortpixel Image Optimizerは、画像容量を圧縮・WebP配信することができるプラグイン。

画像関連のプラグインはEWWW Image Optimizerを推す方も多いですが、Shotpixel Optimizerの特徴としては画質を保ったうえでWEBサイトを高速化します。

画像は、何の処理もすることなくブログにアップロードすると、画像サイズ(px)・容量(KB・MB)が大きいためサイトの読み込みに時間がかかってしまいます。

でも、Shortpixel Image Optimizerなら以下のことができます。

Shortpixelでできること

  • 画像サイズ(px)の自動リサイズ
  • 画像容量(KB・GB)の圧縮
  • 元の画像のバックアップ
  • より軽い画像形式に変換
  • WebP配信設定
  • Cloudflareとの連携

無料プラン・有料プランとありますが、無料プランでは上限100枚/月ほどまで。

ただ、ワンタイムクレジットという1回1,000円ほどの有料プランで10,000枚まで画像を最適化できます。

有料というとハードル高く感じるかもしれませんが、そのぶん圧倒的な画像圧縮パフォーマンスでサイトを高速化することができますよ。

>>Shortpixel I.Oを今すぐダウンロードする(公式サイト)

URLチェックツール:Broken Link Checker

壊れたURLを自動検知してUI/SEO対策

Broken Link Checker
Broken Link Checker

Broken Link Checkerは、ブログ内でリンク切れを起こしているURLを自動で検知して通知してくれるプラグイン。

特別な設定もなく、有効化しておくだけでリンク切れを知らせてくれるの便利なプラグインです。

リンクエラーのお知らせ

リンクエラーのお知らせ
リンクエラーのお知らせ

もしもリンク切れがあると、『ダッシュボード』の『Broken Link Checker』にリンクエラーを表示してくれます。(※上記画像ではリンク切れはありません)

リンク切れを含む記事はUIも低下するうえにSEO評価も下がる可能性があるため、リンクエラーを教えてくれるのはサイトパフォーマンスを保つうえで非常に有効です。

ただし、Broken Link Checkerはプラグインそのものの容量も重く、リンクチェック時にはさらにサーバー負荷がかかるためサイトスピードを著しく低下させます。

そのため、以下のような使い方がおすすめ。

Broken Link Checkerの使い方

  • 普段はプラグインを停止
  • 定期的に有効化してリンクエラーチェック

ぜひ、有効的な使い方をしてみて下さい。

>>Broken Link Checkerを今すぐダウンロードする

セキュリティ系プラグイン:All in One WP Security

強固なセキュリティでサイトを保護する

All in One WP Security
All in One WP Security

All in One WP Securityは、必要な項目にチェックをいれるだけでスパムやボットによる不正アクセス・不正ログインからサイトを保護してくれるセキュリティ系プラグイン。

WordPressはデフォルトではセキュリティが不充分で、最悪乗っ取りに合ってしまう可能性があります。

All in One WP Securityであれば、以下のような設定で不正アクセス・不正ログインを防ぐことができます。

All in One WP Securityでできること

  • ログインロック設定(複数回のログインミスでロック)
  • データベース・ファイルセキュリティ
  • ファイヤフォール設定
  • ブラックリスト・ホワイトリスト設定
  • ログインURLの変更
  • ログイン時の認証画面設定
  • スパムブロック設定
  • 右クリックによるコピー防止設定

All in One Securityのダッシュボード画面

All in One Securityのダッシュボード画面
All in One Securityのダッシュボード画面

セキュリティ設定状況も視覚的にわかりやすく表示してくれるので、セキュリティに詳しくない初心者でも簡単に設定することができますよ。

>>AIOWPSを今すぐダウンロードする

キャッシュ/コード最適化プラグイン:WP Rocket

サイトを爆速化させる最強キャッシュ/最適化

キャッシュ/コード最適化プラグイン:WP Rocket
キャッシュ/コード最適化プラグイン:WP Rocket

WP Rocketは、キャッシュ機能&CSSやJavascriptなどコードを最適化するプラグインです。

有料ではありますが、1サイトにつき月額換算500円以下でアマゾンプライムよりも料金は安い。

WP Rocketを導入している僕の所有サイトの1つのLighthouseスコアは以下のとおりです。

Core Web Vitals(コアウェブバイタル)のスコア
Core Web Vitals(コアウェブバイタル)のスコア

WP Rocketだけで上のようなスコアになっているとはいえませんが、大きく寄与していることは間違いありません。

Core Web Vitals(コアウェブバイタル)を改善することで、SEOにおける検索順位やCVR(コンバージョン率)にも影響します。

必要な項目にチェックを入れると一瞬でサイトを爆速化することができるので、ぜひ高速のサイトスピードを体感してみて下さい。

>>WP Rocketを今すぐダウンロードする(公式サイト)
14日間の100%現金返済保証

WordPressおすすめプラグイン導入時の注意点

WordPressおすすめプラグインを紹介しましたが、1つだけ注意点があります。

今回紹介したプラグインに限らないことではありますが『更新をして最新版を保つ』ようにしましょう。

例えば以下のようなプラグインを見てみましょう。

bj-lazy-load
bj-lazy-load

最終更新日が4年前となっています。

記事執筆時点のWordPress最新バージョンが5.7なので、こちらのプラグインはWordPress5.7に対応できてない可能性が高いです。

今回おすすめしたプラグインは、マイナーチェンジを繰り返しながら改善・最新Wordpressバージョンに対応しているため、古いバージョンのまま放置せず、常に最新状態を保つようにしましょう。

もし更新を忘れてしまいそうな場合は、プラグインの自動更新設定を行っておけば安心です。

WordPressおすすめプラグインまとめ

ここまで、機能別にWordPressおすすめプラグインを紹介してきました。

もちろんサイトや扱うジャンルによって必要・不必要なプラグインがありますが、今回紹介したプラグインは各種機能において最大パフォーマンスを発揮してくれます。

プラグイン選びに時間がかかったり、やたらと導入しすぎて不具合やサイトスピードの低下に繋がらないよう、今回のおすすめプラグインをぜひ参考にしてください。

WordPressおすすめプラグインまとめ

機能プラグイン名有料/無料
SEO関連Rank Math SEO無料
お問い合わせContact Form by WPForms無料
画像最適化Shortpixel Image Optimizer無料
URLチェックBroken Link Checker無料
セキュリティAll in One WP Security無料
キャッシュ/コード最適化WP Rocket有料

設定に関する質問や疑問点などあれば、コメントやお問い合わせからお気軽にお声掛けください。

nv-author-image

猛史 濱谷

複数サイトを運営しながら、サロンサポーター/ブログ個別指導/サイトスピード改善サービスなど行っています。WordPressに関すること(デザイン・カスタマイズ・テーマ・サーバーなど)が得意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です