ConoHa WING(コノハウィング)のデメリット3つを徹底検証【レビューと口コミも掲載】

ConoHa WING(コノハウィング)のデメリット3つを徹底検証【レビューと口コミも掲載】

ConoHa WINGっていうレンタルサーバーが良いって聞くけど、新しいサービスだとなんだか不安。何かデメリットもあるんじゃないの?

このような疑問を、ConoHa WINGを1年間利用し続けている僕が解決します。

ConoHa WING(コノハウィング)』は、有名ブロガーたちも他社サーバーから移行するなど話題のレンタルサーバーです。

一方で「新しいサービスだと初心者には不安」という声が聴かれるため、初心者が不安なデメリットを徹底検証していきます。

\いまだけ月額828円〜利用可能/

※2021年5月10日まで限定割引

ConoHa WING(コノハウィング)の特徴

ConoHa WINGの特徴
conoHa WING

レンタルサーバーを選ぶ基準として、以下の3つの要素で検討されることが多いです。

レンタルサーバーを選ぶ基準

サイトスピード

Speed

データの処理速度が速く、すばやくページ表示される方が、自分もユーザーもストレスが少ないです。

信頼・安心

trust

ハイスペックだけどトラブルが多いのでは困ります。信頼・安心できるサーバーにすることが大切です。

安い

cheap

スピードも信頼性もあるけど高額!では維持が大変です。お手頃な料金のサーバーを選びましょう

『ConoHa WING』の最大の特徴は、『国内最速のページ表示速度』です。

ConoHa WING

ConoHa WINGの公式サイトでもこのように「国内レンタルサーバーの中で2位より2倍表示速度が速い」と明言しています。

実際に当ブログもConoHa WINGを利用してから、ページ表示速度はモバイル76→87に大幅改善しました(現在はさらに高速です)。

しかし、ページ表示速度はとても魅力的ですが、ConoHa WINGは2018年9月から運用が開始されたサービスのため、サーバーとしての『歴史が浅い』です。

冒頭で述べた「新しいサービスだと初心者には不安」をいう声は、このような歴史が浅いことによる『信頼性の低さ』や『利用者数が少ない』ということが背景にあります。

ConoHa WING(コノハウィング)のデメリット3つ

ConoHa WING(コノハウィング)のデメリット3つ
ConoHa WINGのデメリット

ConoHa WINGで考えられえるデメリットは以下の3つです。

3つのデメリット

  • 運用歴が浅いため信頼性が低い
  • 利用者が少なく検索してもネットに情報が少ない
  • 基本利用料が他社に比べて高い

上記のデメリットについて、実際に使ってみたレビューも含めて徹底検証します。

デメリット①:運用歴が浅いため信頼性が低い

ConoHa WINGは、運用開始が2018年9月と新しいレンタルサーバーです。

レンタルサーバーといえば『エックスサーバー』が有名。エックスサーバーは運用開始が2003年のため、ConoHa WINGと比較して15年も歴史が長いです。

僕もブログを始めた当初はエックスサーバーを利用していました。

レンタルサーバーとしての運用歴だけで見ると、王道のエックスサーバーに比べて見劣りするのは当然ですね。しかし、ConoHa WINGを運営している母体は『GMO』です。

GMOは、渋谷の一等地にある『セルリアンタワー』に本社を置く大企業で、多くの人が一度は耳にしたことがありますよね。

運営会社の比較

会社名 GMO エックスサーバー
設立日 1991年5月 2003年7月
資本金 50億円(2020年12月末日時点) 9,900万円
上場市場 東証1部上場 未上場

(※2021年4月5日現在)

このようにエックスサーバーと比較しても、GMOの方がインターネット事業の歴史が長く、企業規模も大きいです。

GMOは、ConoHa WINGより以前に『ConoHa VPS』というサービスを7年以上提供していますが、今まで大きな問題は1度もありません。

VPS:複数のユーザーでサーバーを共有する点では通常のレンタルサーバーと同じですが、ユーザーごとに仮想サーバーが割り当てられ、専用サーバーのように使えるサービスのこと

そして、ブロガーなら誰もが知っている『お名前.com』もGMOが運営しています。

つまり、ConoHa WINGの運用歴が短くても母体の会社『GMO』の信頼性が高いため、それほど心配することはありません。

デメリット②:利用者が少なく検索してもネットに情報が少ない

ConoHa WINGは、運用歴の短さから利用者数がまだ少ないため、ネットで検索しても情報が出てくる少ないです。

ここでもエックスサーバーと比較をしてみましょう。

以下は、実際にGoogle検索をした時の結果です。

エックスサーバーの検索結果

エックスサーバーの検索結果
エックスサーバーの検索結果

検索結果数:約704万件

ConoHa WINGの検索結果

ConoHa WINGの検索結果
ConoHa WINGの検索結果

検索結果数:約254万件

なんとConoHa WINGの検索結果数は、エックスサーバーの半分以下!

このように検索結果数を比較すると、圧倒的に情報量が少ないことがわかります。

しかし、ConoHa WINGは運営サポートが充実しています。

サポート内容

  • 電話相談ができる
  • チャット相談ができる
  • 24時間365日メール問い合わせができる

実際、僕もメールで2つほど質問をしたことがありますが、30分以内に詳細な返信がきています。

メールの返信内容①

ConoHA WING

メールの返信内容②

ConoHa WING

上の画像のように、具体的な対策やプラグイン名まで教えてくれます。

運営サポートが充実しているぶん、ネット情報が不足していても安心できます。

とはいえ、ネットに情報が少ないと自分で調べることが難しいため、以下のように考えると良いかと思います。

サポートを活用したい

すべて自分で調べたい

エックスサーバーロゴ

エックスサーバー

>>プラン詳細を見る

デメリット③:基本の利用料金が他社に比べて高い

ConoHa WINGの基本の利用料金は、他社に比べて高いです。

実際に、おすすめのレンタルサーバー上位3社で比較をしてみましょう。

レンタルサーバー3社比較

サーバー名 プラン名 月額利用料金
ConoHa WING ベーシック 1,320円
スタンダード 2,640円
プレミアム 5,280円
エックスサーバー X10プラン 1,100円
X20プラン 2,200円
X30プラン 5,280円
MixHost スタンダード 1,078円
プレミアム 2,178円
ビジネス 4,378円

※いずれも12か月契約時(2021年4月5日現在)

このようにレンタルサーバー3社を比較すると、ConoHa WING(コノハウィング)の利用料金が1番高いです。

でも、あくまで『基本の』なので、実際はそんなことないですよ。

基本の利用料金をみると高いですが、ConoHa WINGには『WINGパック』という、お得なパックプランがあります。

WINGパック内容

  • 月額利用料金が最大33%オフ
  • 独自ドメインが永年無料
  • すべてのプラン変更が自由

通常料金との比較

プラン名 通常料金 WINGパック
ベーシック 1,320円 990円
スタンダード 2,640円 2,145円
プレミアム 5,280円 4,290円

※いずれも12か月契約の場合(2021年4月5日現在)

※別途『リザーブドプラン』があります

上記のことを踏まえてもう1度、競合2社との比較をしてみましょう。

他社サーバーとWINGパックの比較

サーバー名 プラン名 月額利用料金
ConoHa WING
(WINGパック)
ベーシック 990円
スタンダード 2,145円
プレミアム 4,290円
エックスサーバー X10プラン 1,100円
X20プラン 2,200円
X30プラン 5,280円
MixHost スタンダード 1,078円
プレミアム 2,178円
ビジネス 4,378円

※いずれも12か月契約時(2021年4月5日現在)

このように、競合2社と比較してもWINGパックは月額利用料金が安いです。

ConoHa WINGは基本の利用料金が他社よりも高いですが、『WINGパック』を利用すれば安くサーバーが利用でき、独自ドメインを無料で2つ取得することができます。

コスパ最強サーバーConoHa WING

おすすめプランを知りたい方はコチラ
>>おすすめプランでお得にWordPressを始める

ConoHA WING(コノハウィング)の評判

ConoHA WING(コノハウィング)の評判
ConoHa WINGの評判

ConoHa WINGで考えられるデメリットについて書いてきましたが、次に実際の評判を見ていこうと思います。

ConoHa WINGの悪い口コミ

まず最初に気になる悪い評判を紹介します。

悪い口コミまとめ

  • WordPress初心者だと契約後の流れがわからない
  • 新しいものよりも老舗のほうが良い
  • エックスサーバーに比べて信頼性が低い

やはり新しいサーバーということもあり、信頼性の低さや契約後の流れがわからないという口コミが聞かれます。

ですが、信頼性に関してはデメリット①で話した『GMOが運営している』ため安心で、契約後の流れに関してはデメリット②で話した『サポートを活用する』で解決することができます。

ConoHa WINGの良い口コミ

これまでデメリットや悪い口コミを紹介しましたが、実は良い口コミの方が圧倒的に多かったので紹介します。

良い口コミまとめ

  • ConoHa WINGにしたら表示速度が速くなった
  • バックアップなしでサーバー移行できる
  • サーバー移行後のタイムラグがない

ConoHa WINGの最大の特徴である『表示速度』を体感されている方が多いです。

そしてサーバー移行については、初心者だと難しい面もあるかもしれませんが、WordPressかんたん移行ツールがあるため比較的簡単にサーバー移行することができます。

ConoHa WING(コノハウィング)はデメリットを感じさせない

ConoHa WING(コノハウィング)はデメリットを感じさせない
ConoHa WINGはデメリットを感じさせない

結論として、ConoHa WINGはデメリットをまったく感じさせず、初心者におすすめのレンタルサーバーです。

最近ではSEOにおいてページ表示速度が重視されており、Googleからも今後は表示速度の区分けを細かくして、検索順位に反映させることが示唆されています。

ページ表示速度の改善にはいろいろな方法がありますが、初心者には難しい作業が多いため、利用するだけで速度が向上するレンタルサーバー『ConoHa WING』は魅力的です。

僕もページ表示速度に対していろんな対策をしましたが、ConoHa WINGに変更しただけで表示速度が向上しました。

ConoHa WING(コノハウィング)のデメリットまとめ

ConoHa WING(コノハウィング)のデメリットまとめ
ConoHa WING(コノハウィング)のデメリットまとめ

最後にConoHa WINGで考えられるデメリット3つをまとめます。

3つのデメリット

  1. 運用歴が浅いため信頼性が低い
  2. 利用者が少なく検索してもネットに情報が少ない
  3. 基本利用料が他社に比べて高い

上記のデメリットも、先述したように実際はほとんどデメリットと感じられないほどConoHa WINGは優秀なレンタルサーバーです。

これからWordPressブログを始める方、ページ表示速度に悩んでいる方は、ぜひConoHa WINGを選んでみてはどうでしょうか。

コスパ最強サーバーConoHa WING

000000030598impression?a id=1949330&p id=2312&pc id=4967&pl id=30598

期間限定5月10日まで月々828円から/

※無料でドメインを2つ取得できる

ブログの新規開設方法はこちら
>>ConoHa WINGでWordPressブログを開設する‬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です