ConoHa WINGで2つ目の独自ドメインを無料取得する方法【WINGパックで3倍お得】

【独自ドメインが無料で2つ!】ConoHa WINGのWINGパックなら1つの契約で3倍おいしい

ConoHa WINGでは、『 WINGパック(長期利用割引プラン) 』というサーバーとドメインがセットになったお得なプランがあります。

そしてなんとWINGパックを契約をすると、独自ドメインが2つ永久無料でもらえます!しかも、期間限定ではありません

もちろん2つとも選び放題ではなく、2つ目のTLD(トップレベルドメイン)は制限があります。それでも、独自ドメインを無料で2つもらえることは、実は3倍のメリット!

この記事では、独自ドメインを無料で2つ取得する方法とそのメリットを解説します。

タップできる目次

2つ目の無料独自ドメインを取得する前提条件

ConoHa WINGで独自ドメインを無料で2つ取得するためには、前提として『WINGパックWINGパック(長期利用割引プラン)』の契約が必要です。

WINGパック契約者であれば、新規の方、すでに契約中の方、どちらも2つ目の独自ドメインを取得可能。

まだConoHa WINGを契約していない方は、WINGパックに申し込んでアカウントを作成しましょう。

>>ConoHa WING公式サイトはこちらimpression?a id=1949330&p id=2312&pc id=4967&pl id=30490
※今なら最大43%オフ!2022年2月7日(月)18:00まで
WordPressテーマが同時購入で割引価格に!

1つ目の独自ドメインは、WINGパック契約時に取得できます。
ConoHa WINGでのブログの始め方はこちらをご覧ください。

2つ目に利用できる無料独自ドメイン一覧

2つ目の無料独自ドメインで以下の8つから好きなものを選ぶことができます。

2つ目に取得できるドメイン
  1. 『.online』
  2. 『.space』
  3. 『.website』
  4. 『.tech』
  5. 『.site』
  6. 『.fun』
  7. 『.tokyo』
  8. 『.shop』

本来2年目以降に料金が跳ね上がるTLドメインが永年無料で取得することができます。しかも、1つだけでなく2つも!

こんなに太っ腹で良いのかというくらい、ドメイン取得・更新にかかる費用を抑えることができます。

2つ目の独自ドメインを無料で取得する方法

ConoHa WINGで2つ目の独自ドメインを無料で取得する方法について、手順を画像で解説します。

作成したアカウントにログインして、以下の手順に沿って行いましょう。

STEP
サーバー情報を開く
ConoHa WINGの独自ドメインLITE取得方法
ConoHa WINGの独自ドメインLITE取得方法

サーバー契約後、上の画像の手順に沿って『サーバー情報』を開きます。

STEP
無料独自ドメインを新規取得する
ConoHa WINGで無料独自ドメインLITEを設定する
ConoHa WINGで無料独自ドメインLITEを設定する
STEP
希望するトップレベルドメインを入力・選択する
トップレベルドメインの選定
トップレベルドメインの選定
STEP
独自ドメインLITEの取得完了
free own domain get finish
STEP
独自ドメインLITE設定後の画面
CiniHa WINGのドメインリスト
CiniHa WINGのドメインリスト

以上が、ConoHa WINGのWINGパックで無料独自ドメインLITE(2つ目の独自ドメイン)を取得する方法でした。

複数の独自ドメインが無料もらえるメリット

独自ドメインが2つもらえるメリット
  1. ドメイン取得・更新にかかる費用を抑えられる
  2. 分野に特化したWebサイトを構築できる(サテライトサイト)
  3. ショップサイトなど横展開ができる

ConoHa WINGのように独自ドメインを無料で2つもらえると、メリットは3倍になります。

ドメイン取得・更新にかかる費用を抑えられる

通常、ドメイン取得には初年度料金と更新費がかかります。

例えばドメイン取得で有名な『お名前.com

お名前.comのTLドメイン料金

ドメイン名初年度料金更新費
.com1円1,408円
.online70円5,478円
.site50円4,378円
.fun90円3,278円
ドメイン名初年度料金更新費
.com1円1,408円
.online70円5,478円
.site50円4,378円
.fun90円3,278円

※2022年1月15日現在

どの独自ドメインも初年度はある程度お得ですが、2年目以降は料金が跳ね上がります

ちなみに、レンタルサーバーの王道エックスサーバーでドメインを取得するとどうなるか。

エックスサーバーのTLドメイン料金

ドメイン名初年度料金更新費
.com1円1,298円
.online108円5,368円
.site99円4,268円
.fun108円3,168円
ドメイン名初年度料金更新費
.com1円1,298円
.online108円5,368円
.site99円4,268円
.fun108円3,168円

2022年1月15日現在

お名前.comと多少の差異はあれど、2年目以降に料金が跳ね上がるのは同じ。

エックスサーバーのようなレンタルサーバーの契約と同時にドメインを取得する場合は、ドメインが無料になるキャンペーンなども実施しています。でも、あくまで1つに限ります。

ConoHa WINGのWINGパックの場合はキャンペーンでなく、いつ契約しても『.com』や『.net』を含む全20種類から1つ目のドメインを無料で取得できます

>>ConoHa WING公式サイトはこちらimpression?a id=1949330&p id=2312&pc id=4967&pl id=30490
※今なら最大43%オフ!2022年2月7日(月)18:00まで
WordPressテーマが同時購入で割引価格に!

分野に特化したWebサイトを構築できる(サテライトサイト)

独自ドメインを2つ持っていると、サテライトサイトを作成して分野に特化したWebサイトを構築することができます。

サテライトサイトは、メインサイトのカテゴリーを分化させて1カテゴリーに特化させることで、サテライトサイト自体の評価が上がります。

メインサイトと関連性がある評価の高いサイトをリンクすれば、関連コンテンツとしてどちらのサイト評価もさらに高めることも可能

では、サテライトサイトは『サブドメイン』や『サブディレクトリ』ではダメなのか?

サテライトサイトとして、サブドメインやサブディレクトリを使用するのもありです。でも、リスクヘッジという点で独自ドメインを用いることに大きなメリットがありあます。

独自ドメインによるリスクヘッジ
  • 検索アルゴリズムの変化に巻き込まれない
  • ペナルティの影響を回避できる

検索アルゴリズムが変化(コアアップデート:通称アプデ)したときにメインサイトあるいはサブドメイン/サブディレクトリが被弾すると、一方がもう一方の影響を受けてしまいます。

また、ペナルティに関しても同様で一方のペナルティがもう一方にも悪影響を及ぼしてしまうため、共倒れとなってしまう可能性がゼロではありません。

ところが、独自ドメインによるサテライトサイトであればまったくの別サイトという扱いのため、アプデやペナルティの影響を回避することができます

もちろんどの方法にしろ2サイトを運営する手間はありますが、リスクヘッジという観点で、独自ドメインを無料で2つも取得できるというのは大きなメリットと言えるでしょう。

ショップサイトなど2つ目のサイトで横展開ができる

独自ドメインを2つ取得していると、ショップサイトなど2つ目のサイトを作成して横展開をすることができます。

例えば、ファッションサイトなどで良く用いられている手法で、以下はYOHJI YAMAMOTOというファッションブランドです。

YOHJI YAMAMOTO公式サイト

YOHJIY YAMAMOTO公式サイト

WebサイトURL:https://www.yohjiyamamoto.co.jp/

YOHJI YAMAMOTO公式オンラインショップ

YOHJIY YAMAMOTOオンラインショップ

WebサイトURL:https://theshopyohjiyamamoto.jp/

上の2つのWebサイトはどちらもYOHJI YAMAMOTOのホームページですが、公式サイトとオンラインショップではドメインが異なります。

つまり、オンラインショップと公式サイトを別物として運用しているということ。

先に挙げたサテライトサイトの考え方と重なりますが、「YOHJI YAMAMOTOについて知りたい、コレクションを見たい」と「YOHJI YAMAMOTOの服が買いたい」では検索ニーズが異なる。

そのため、それぞれの検索ニーズに合わせてドメインを分けているということですね。

検索意図の違い

知りたい
(know)

情報を知りたい(know)

情報を知りたいから
調べる

買いたい
(buy)

物を買いたい(buy)

物を買いたいから
調べる

知りたい(know)

情報を知りたい(know)

情報を知りたいから調べる

買いたい(buy)

物を買いたい(buy)

物を買いたいから調べる

これは個人のサイトでもいえることで、メインはブログコンテンツを発信しているけど、自社コンテンツも扱いたい。といった場合に、同じサイト内に両コンテンツが混在するよりも、分けて運用したほうがそれぞれの検索ニーズに合わせることができます。

例えば、ConoHa WINGのWINGパックで、1つ目のドメインは『.com』、2つ目のドメインは『.shop』を取得したとします。

ドメイン2つの運用方法
  • 1つ目のドメイン
    ⇒ メインサイトを運営(〇〇.com)
  • 2つ目のドメイン
    ⇒ 派生させたショップサイトを運営(〇〇〇.shop)
ドメイン2つの運用方法
  • 1つ目のドメイン:メインサイトを運営(〇〇.com)
  • 2つ目のドメイン:派生させたショップサイトを運営(〇〇〇.shop)

アパレル・ハンドメイド・Webコンテンツなどを販売するものは何でもいいですが、このようにメインサイトから横展開をすることができます

一方で、まったく関係のないジャンルを運営することもできるため、独自ドメインを無料で2つ取得できればWebサイト運営の幅が広がること間違いありません。

>>ConoHa WING公式サイトはこちらimpression?a id=1949330&p id=2312&pc id=4967&pl id=30490
※今なら最大43%オフ!2022年2月7日(月)18:00まで
WordPressテーマが同時購入で割引価格に!

独自ドメインが無料で2つもらえるまとめ

ConoHa WINGのWINGパックは、サーバーとドメインをセットで契約するお得なプラン。

それに無料独自ドメインがさらに1つ追加されて、サーバー+無料独自ドメイン2つと今までよりも超お得なプランになりました。

独自ドメインを無料で2つもらえると、1つの契約で以下のような3つのメリットを得られます。

ドメインが2つもらえるメリット
  1. ドメイン取得・更新にかかる費用を抑えられる
  2. 分野に特化したWebサイトを構築できる(サテライトサイト)
  3. ショップサイトなど横展開ができる

ConoHa WINGのWINGパックなら、あなたのWebサイト運営の幅を広げることができます。

ぜひ、ブログ開設と同時に収益化のスタートダッシュを決めていきましょう!

>>ConoHa WING公式サイトはこちらimpression?a id=1949330&p id=2312&pc id=4967&pl id=30490
※今なら最大43%オフ!2022年2月7日(月)18:00まで
WordPressテーマが同時購入で割引価格に!

Happy Winterキャンペーン!

000000038395impression?a id=1949330&p id=2312&pc id=4967&pl id=38395

月額最大43%オフ!

通常1,320円/月740円/月~

※2022年2月7日(月)18:00まで

WordPressテーマもセットで割引!

この投稿は役立ちましたか?

星をクリックして評価してください!

平均評価 0 / 5. 投票数 0

評価はまだありません!ぜひ投票してください。

この投稿がお役に立てず、申し訳ありません。

この投稿の改善を提案しましょう!

この投稿の改善点を教えてください。

コメント

コメントする

目次
タップできる目次
閉じる