ConoHa WINGのメールアドレス作成&使い方マニュアル

  • 3 min read
ConoHa WINGのメールアドレス作成&使い方マニュアル

ConoHa WING(コノハウィング)で、WEBメールを利用するためのメールアドレス作成方法を解説。

当サイトでもお問い合わせフォームに『info@chiyo-blog.com』というWEBメールを利用していますが、ConoHa WINGならWEBメールアドレスが3分で作成できます

WEBメールは独自ドメインと紐づけて利用するため、gmailやyahooメールといった個人アドレスを使用することなく、ビジネスに役立てることができますよ。

ConoHa WINGでメールアドレスを作る方法

ConoHa WINGでWEBメールアドレスを作成する方法は、以下の手順です。

WEBメールアドレス作成手順
  1. ConoHa WINGに紐づけている独自ドメインを用意する
  2. メール管理画面を開く
  3. WEBメールアドレスの必要情報を入力する
  4. WEBメールアドレスを登録する

メールアドレスの作成に必要なものは、ConoHa WINGの契約と独自ドメインです。

独自ドメインは、ConoHa WINGで取得した無料独自ドメインだけでなく、お名前ドットコムやバリュードメインなどのドメイン取得サービスから取得した独自ドメインでもOK。

この記事を読んでいる人はConoHa WINGの契約は済んでいると思うので、さっそくログインしましょう。

>>ConoHa WINGにログインする

①『メール管理』をクリック

ConoHa WINGのメール管理
ConoHa WINGのメール管理

ConoHa WINGのコントロールパネルから『メール管理』をクリックします。

②『+メールアドレス』をクリック

メールアドレスの追加画面
メールアドレスの追加画面

遷移したページで『+メールアドレス』をクリックします。

③必要情報を入力する

WEBメールアドレス作成画面
WEBメールアドレス作成画面

必要な情報は、『メールアドレス』と『パスワード』です。

メールアドレスは自分が使用したい任意の文字列を入力しますが、サイトが育つと企業とのやり取りも必要になるときがあるので『info』がおすすめ。

パスワードは半角英数字と記号を組み合わせが必要で、大事なセキュリティなので単純なものは避けつつ忘れないような文字列にしましょう。

※パスワード/容量(200MB)は後から変更可能ですが、メールアドレス変更はできません。

④『保存』をクリック

WEBメールアドレスの保存
WEBメールアドレスの保存

メールアドレスとパスワードを入力したら、『保存』をクリックすればWEBメールアドレスが作成されます。

作成したWEBメールアドレス
作成したWEBメールアドレス

WEBメールアドレスの登録が完了すると、『メールアドレス』の項目に表示されます。

以上で、ConoHa WINGでメールを作ることができました。とても簡単ですよね。

続いて、作成したWEBメールのフォルダ画面の開き方を解説します。

WEBメールフォルダ画面の開き方

WEBメール作成後メールフォルダ画面を開く方法は、以下のとおり。

①『Webメール』をクリック

WEBメールのログイン画面の開き方
WEBメールのログイン画面の開き方

メール管理画面の『Webメール』をクリックすると、WEBメールのフォルダを開くためのログイン画面になります。

②ログイン情報を入力する

ConoHa WINGのWEBメールのログイン画面
ConoHa WINGのWEBメールのログイン画面

WEBメールのログイン画面が開いたら、作成したメールアドレスと、メールアドレス作成時に設定したパスワードを入力します。

するとWEBメールにログインでき、メールフォルダを開くことができます。

【メールフォルダ画面】

WEBメールのフォルダ画面
WEBメールのフォルダ画面

画像を見てわかるようにWEBメールはいたってシンプルで、gmailと同じような感覚で使えますよ。

WEBメールの初期設定

ConoHa WINGで作成したWEBメールアドレスは、デフォルトのままでも使用できますが、やっておくべき初期設定があります。

まずはじめに『識別情報』を設定します。

識別情報は送信先のメールに表示される『表示名』などのことを指し、とても大切な項目。設定し忘れることで相手にメールが届かないなんてこともあります。

設定は以下のとおり。

①『設定』をクリック

WEBメール管理画面
WEBメール管理画面

WEBメールフォルダー右上にある『設定』をクリックするとページが切り替わり、設定画面が開きます。

②表示名を入力する

メールアドレスの識別情報入力画面
メールアドレスの識別情報入力画面

『識別情報』⇒『作成したメールアドレスをクリック』⇒『識別情報を編集』を開きます。

『識別情報を編集』を開いたら、『表示名』を必ず入力しましょう。サイト名あるいはサイト編集者名を入力しておけばOKです。

入力が完了したら最後に『保存』をクリックすれば『表示名』の設定が完了です。

※識別情報のその他の項目は未入力でも問題ありませんが、表示名がないと相手にメールブロックされる可能性もあります。

WEBメールアドレスの使い方

作成したWEBメールアドレスの使い方は以下のとおりです。

WEBメールアドレスの使い方
  1. 送信されてきたメールに自動返信する
  2. ほかのメールアドレスに転送する
  3. 迷惑メールを自動振り分けする
  4. 国外IPからのアクセスに制限をかける

1.送信されてきたメールに自動返信する

以下のような自動返信メールを見たことがありますよね。

【自動返信メールの一例】

自動返信メールの例
自動返信メールの例

WEBメールアドレスをサイトのお問い合わせフォームにしたとしても、常にメールをチェックしているわけではないのですぐにメール内容を確認できません。

せっかくのお問い合わせに返信が遅れればユーザー満足度は下がりますし、企業からの案件依頼などであればチャンスをつぶしてしまうことになります。

でも、自動返信メールを設定しておけば、なんの連絡もなくメール送信者を待たせることはなくなりますよ。

さっそく『自動返信設定』をしてみましょう。

①メールアドレスをクリック

メールアドレスの選択画面
メールアドレスの選択画面

作成したメールアドレスをクリックすると、メールの詳細設定画面に代わります。

②自動返信メールを設定する

自動返信メールの設定画面
自動返信メールの設定画面
入力項目

  • 【利用設定】
    ONに設定
  • 【送信者名】
    自動返信の送信者名
    ⇒相手にもわかりやすく『○○サイト運営者』がおすすめ
  • 【件名】
    自動返信メールの件名
    ⇒『自動返信メール』と明記しておきましょう
  • 【本文】
    自動返信メールの内容
    ⇒感謝を先に書く。そのあとは『お待ちください』としておきましょう。
    ※海外とのやり取りがある場合は、英文も添えておくと良いです。

すべての項目を入力したら、自動返信メール設定は完了です。

2.ほかのメールアドレスに転送する

ConoHa WINGのWEBメールには、受信通知がありません

こまめにチェックしないとメールが届いていることすら気づかないということも…実際に僕は企業からのメールを1週間ほど放置していたことがあります。やばいですよね。

そこで、普段使用しているメールアドレスに転送設定しておくと通知が届き、WEBメールを見落とすことがなくなります。設定方法は以下のとおり。

①メール転送設定を開いて必要項目を入力する

メール転送設定の項目
メール転送設定の項目

『メール設定』⇒『メール転送』⇒『+転送設定』の順にクリックします。

設定項目は以下のとおり。

入力項目

  • 【ネームタグ】
    どこからの転送メールなのかわかりやすい名前
    ⇒『○○サイトお問い合わせ』がわかりやすいです
  • 【転送条件】
    転送元のメールを設定
    ⇒『送信先アドレス』『作成したWEBメールアドレス』を入力
  • 【判定方式】
    完全一致を選択
  • 【転送先アドレス】
    転送先に設定したいメールアドレス
    ⇒普段から使用しているメールアドレスがおすすめ
    ※改行で複数設定できます
  • 【転送方法】
    好きな方を選択でOK
    ⇒WEBメールボックス内にメールを残さない:残さず転送
    ⇒ WEBメールボックス内にメールを残す:残して転送

すべての項目を入力して『保存』をクリックしたら、メール転送設定は完了です。

これでメールが通知されるので、メール受信に気づきやすくなりますよ。

3.迷惑メールを自動振り分けする

迷惑メールが通常フォルダに入ってしまうと、大切なメールが埋もれてしまいます。

また、転送設定で私用メールアドレスに迷惑メールが転送されても困るので、迷惑メールの自動振り分け設定をしておくと便利です。

設定方法はいたってかんたん!

①メールセキュリティを設定する

迷惑メール自動振り分け設定画面
迷惑メール自動振り分け設定画面

『メールセキュリティ』をクリックして、以下の項目を設定します。

設定項目

  • 【セキュリティ設定】ONにする
  • 【フォルダ振り分け】有効にする

【ブラックリスト】

WEBメールサーバーにも容量の上限(この記事では200MB)で設定しているため、スパムでいっぱいになってしまう可能性も。 しつこいスパムメールなどを設定しておくと良いです。

【ホワイトリスト】

勝手に迷惑メールと判断されてしまうことはgmailなどでもよくありますよね。重要なメールほど迷惑メールフォルダに入ってしまうのは困るので、どうしてもな重要メールアドレスはホワイトリストに追加しましょう。

以上で迷惑メールフィルターの設定は完了です。

けっこうな量の迷惑メールが届くので、設定しておくことをおすすめします。

4.国外IPからのアクセスに制限をかける

日本のネットワークと海外のネットワークアクセスはIPアドレスが異なり、国外IP制限は海外からのメール受信をIPで識別してブロックすることです。

基本はデフォルトで国外IP制限が設定されているため、改めての設定は不要ですが、海外とのやり取りが増えてきた場合に解除あるいは再設定の可能性があります。覚えておきましょう。

設定方法は以下のとおり。

①メールアドレスを選択する

メールアドレスの選択画面
メールアドレスの選択画面

まずは作成したメールアドレスをクリックして、メールアドレス詳細設定画面へ進みます。

②国外IP制限をオン/オフにする(デフォルトはON)

国外IPブロック設定画面
国外IPブロック設定画面

メールアドレス詳細内の『国外IP制限』をオンにしておくと海外からのアクセス制限、オフにしておくと海外アクセスも制限なく受信することができます。

僕は海外企業ともやり取りすることがあるため、国外IPブロックはオフにしています。

※そのぶんブラックリストも活用しています。

ConoHa WINGのメールアドレスは活用しよう | まとめ

ConoHa WINGのWEBメールアドレスはとても簡単に作成できるうえに、作成後はさまざまな使い道があります。

WEBメールの使い道

  • サイトのお問い合わせフォーム
  • 案件受注の連絡先
  • 開業後の名刺への記載

WEBメールアドレスで、あなたのビジネスの幅も大きく広がります。

ぜひ、ConoHa WINGでWEBメールアドレスを活用してみましょう。

ConoHa WINGの特徴やほかの機能はこちらをご覧ください。
>>ConoHa WING(コノハウィング)の口コミ評判とデメリット・メリット【徹底調査】

nv-author-image

猛史 濱谷

複数サイトを運営しながら、サロンサポーター/ブログ個別指導/サイトスピード改善サービスなど行っています。WordPressに関すること(デザイン・カスタマイズ・テーマ・サーバーなど)が得意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です