WordPressのテスト環境をサブドメインで作る方法【ConoHa WING】

  • 4 min read
WordPressのテスト環境をサブドメインで作る方法【ConoHa WING】

WordPress(ワードプレス)では、自分だけのサイトを作ることができる一方、知識のない初心者がカスタマイズするのはリスクが高い。公開中のブログに、ぶっつけ本番でカスタイズやプラグイン導入をしてサイトが壊れるなんてことも。

そんなときにあると便利なのが『テスト環境』です。

テスト環境があれば、本番環境で導入する事前に安全性があるかチェックできるので安心ですよね。

そこで今回は、ConoHa WING(コノハウィング)を用いてWordPressのテスト環境をサブドメインで作る方法を解説します。

すぐにテスト環境を作成したい方はこちら

WordPressのテスト環境とは

WordPressのテスト環境とは
WordPressのテスト環境とは

WordPressのテスト環境とは、ウェブページがエラーなく動作するか、公開中のメインサイトへ導入する前に確認するためのテストサイトのこと。

テスト環境は大きくわけて2種類あります。

テスト環境の種類

ローカル環境

ローカル環境

PC内にサーバーを構築してWordPressを設置する

サブドメイン環境

サブドメイン環境

メインサイトと同じレンタルサーバー内で管理する

ローカル(LOCAL)は、ソフトを使ってPC内にサーバーを構築しますが、メインサイトとほとんど同じような環境下でカスタマイズのテストをすることができます。

でも、まったく同じ環境下にするのであれば同じサーバー内で管理することができる、サブドメインでのテスト環境がおすすめ。

ローカルもテスト環境としては問題ないんですが、万が一サーバーの違いでうまく機能しない可能性も考えるとサブドメインの方が安心感はあります。

さらに、サブドメインのメリットは2つあります。

サブドメインのメリット
  1. どの通信環境からもアクセスすることができる
  2. レンタルサーバー管理のため、困ったとき企業に相談できる

パソコン内にサーバーを構築しているわけではないので、どの通信環境からもアクセスができ、レンタルサーバーに相談することもできます。

ちなみにサブドメインは、サブディレクトリと混同されがちですがまったくの別物なので注意して下さい。

サブドメイン

『https://example.chiyo-blog.com』

⇒メインブログとはまったく別のドメインとして管理する

サブディレクトリ

『https://chiyo-blog.com/example/』

⇒メインブログの下階層として管理する

WordPressでテスト環境が必要な理由

WordPressでテスト環境が必要な理由
WordPressでテスト環境が必要な理由

WordPressブログでは下記のような理由でテスト環境が必要になります。

a

テスト環境が必要な理由
  • WordPressのアップデート
  • デザインのカスタマイズ(CSS、php、HTML編集など)
  • プラグインの新規導入・アップデート

WordPressのアップデートで今までのカスタマイズが機能しなくなることや、プラグインの新規導入・アップデートで不具合がでることも少なくありません。

ちなみに、CHIYOBLOGではカスタマイズに失敗して管理画面に入れなくなってしまったことが1度あります。

WordPressのアクセス失敗
WordPressのアクセス失敗

上の画像のように『Forbidden』と表示されてしまい、WordPressの管理画面に入れず。メインブログが開けなくなるとアクセスにも影響がでてしまいます。

不具合が起きている間の訪問者(ユーザー)は『あのサイトはうまく開けない』と今後もアクセスしてくれなくなる可能性があります。

僕もさすがに管理画面に入れなくて焦りました。プラグインを使ってバックアップは常に取っているんですが、管理画面に入れなければ役に立ちませんからね。

このような事態を避けるためにも、事前にテスト環境を作っておくことは大切。とはいえ、普段からメインブログのバックアップは取っておいたほうが良いです。

WordPressのテスト環境の作り方

WordPressのテスト環境の作り方
WordPressのテスト環境の作り方

それではさっそくWordPressのテスト環境をサブドメインで作ります。

テスト環境を作る手順は以下の5ステップ

テスト環境を作る手順
  1. サブドメインを取得する
  2. WordPressをインストールする
  3. ディレクトリアクセス制限を設定する
  4. 本番環境をテスト環境へコピーする
  5. テスト環境をNoIndexする

これらの手順に沿って、ConoHa WINGでサブドメインを取得してWordPressのテスト環境を作ります。

ステップ①:サブドメインを取得する

ConoHa WINGであればサブドメインの取得は1分以内に終わります。

1.ConoHa WINGにログインする

ConoHa WINGにログイン
ConoHa WINGにログイン

2.ドメインを追加する

ConoHa WINGでテスト環境を作る
ConoHa WINGでテスト環境を作る
項目の選択手順
  1. 『WING』を選択する
  2. 『サーバー管理』を選択する
  3. 『ドメイン』を選択する
  4. 『ドメイン』をクリックする

3.サブドメインを取得する

ConoHa WINGでサブドメインを取得
ConoHa WINGでサブドメインを取得
サブドメインの取得方法
  1. サブドメインを追加を選択する
  2. 任意のドメイン名を入力する
  3. 『無料独自SSL』は『利用する』を選択する
  4. 『保存』をクリックする

※サブドメインはNo Indexするので、ドメイン名はメインサイトほど厳格に考えなくても自由でOK

4.サブドメインの追加が完了する

ConoHa WINGでサブドメイン取得完了
ConoHa WINGでサブドメイン取得完了

これでサブドメインは取得できました。

一瞬でできたと思うので、このままサクサク進めていきましょう。

ステップ②:WordPressをインストールする

次に、サブドメイン用のWordPressをインストールします。

1.アプリケーションを開く

ConoHa WINGでアプリケーションを追加
ConoHa WINGでアプリケーションを追加
アプリケーションの追加手順
  1. 『サイト管理』を選択する
  2. 『サイト設定』を選択する
  3. 『アプリケーションインストール』をクリックする
  4. 『+アプリケーション』をクリックする

2.WordPressをインストールする

ConoHa WINGのアプリケーション追加の詳細画面
ConoHa WINGのアプリケーション追加の詳細画面
入力項目の詳細
  1. WordPressを選択する
  2. 新規インストールを選択する
  3. 『バージョン』は『5.4.0』を選択する
  4. 『wwwなし』を選択する
  5. 『URL』のディレクトリは空欄でOK
  6. 『サイト名』は任意のものを入力する
  7. メールアドレスを入力する
  8. WordPressのログインに使用する任意の文字列を決める
  9. デフォルトでOK
  10. 任意の文字列を入力する
  11. インストールしなくてもOK
  12. 『保存』をクリックする

⑧はWordPressのログインで使うものなので、推測されにくい文字列にしてください。

⑩はサーバーのパスワードなので利用頻度はほとんどないですが、大切なパスワードなんで推察されにくい文字列にしてください。

※バージョンは最新のものを選択する
※サイト名は後で変更できるので悩まなくてOK

3.WordPressのインストールが完了する

ConoHA WINGでアプリケーション取得完了
ConoHA WINGでアプリケーション取得完了

3分ほど待ってステータスが稼働中になれば無事にインストール完了。

サブドメイン取得の時に『無料独自SSLを利用する』を選択しているため、WordPressのインストールと同時にSSL化されています。

これでサブドメインを取得して、無事にテスト環境を作成することができました。あとは、実際に運用するための設定を進めていきます。

ステップ③:ディレクトリアクセス制限を設定する

テスト環境は自分しかアクセスしないサイトなので、他人からアクセスがないようにIDとパスワードを設定してアクセス制限をかけます。

ディレクトリアクセス制限をすると検索エンジンのクローラーも拒否できるため、本番環境をコピーしても重複コンテンツとみなされません。

ConoHa WINGでは簡単に設定することがきるので、1分で終わります。

1.ディレクトリアクセス制限を開く

ConoHa WINGのディレクトリ制限
ConoHa WINGのディレクトリ制限
ディレクトリの制限方法
  1. 『サイト管理』を選択する
  2. 『サイトセキュリティ』を選択する
  3. 『ディレクトリアクセス制限』をクリックする
  4. 『+ディレクトリ』をクリックする

2.ディレクトリを保存する

ConoHa WINGのディレクトリ保存
ConoHa WINGのディレクトリ保存

WordPress管理画面のディレクトリです。

デフォルトでは『/wp-admin』になっているので、任意のものに変更します。

3.ユーザー名・パスワードを決める

ConoHa WINGのディレクトリのパスワード設定
ConoHa WINGのディレクトリのパスワード設定
パスワードの設定方法
  1. 右側のペンンボタンをクリックする
  2. 『ユーザー名』『パスワード』に任意の文字列を入力する
  3. 『保存』をクリックする

※ここでいうユーザー名・パスワードはWordPressインストールに入力したものとは異なり、ユーザーのサイトへの訪問に制限をかけるためのもの
※推測されにくい文字列を使用するようにする

4.ディレクトリアクセスの制限を確認する

ConoHa WINGのディレクトリアクセス制限を確認
ConoHa WINGのディレクトリアクセス制限を確認

ディレクトリアクセス制限の設定がうまくいくと、テスト環境へのアクセス時に上記の画像のような表示が出ます。

先ほど設定した『ユーザー名』と『パスワード』を入力すると、テスト環境にアクセスすることができます。

ステップ④:本番環境をテスト環境へコピーする

本番環境をテスト環境にコピーする手順は2つ

本番環境のコピー方法
  1. All in One WP Migration
  2. サーバーのファイルマネージャー

FTPソフトを使う方法もありますが、初期設定が少し複雑で初心者には難しいため今回は使用しません。

※All in One WP Migrationは、WordPressのデータすべてを簡単にエクスポート・インポートすることができるプラグイン

All in One WP Migration

All in One WP Migrationを利用して、本番環境をテスト環境にコピーします。

1.インストール有効化する

All in One WP Migrationのインストール
All in One WP Migrationのインストール

本番環境・テスト環境どちらでも必要になるのでどちらでもインストール有効化しておきます。

2.『管理画面』⇒『All in One WP Migration』→『エクスポート』を選択する

All in One WP Migrationのエクスポート
All in One WP Migrationのエクスポート
3.本番環境でエクスポートの設定をする

All in One WP Migrationのエクスポート詳細
All in One WP Migrationのエクスポート詳細
エクスポートの方法
  1. 高度なオプションをクリックする
  2. メディアライブラリの項目のみチェックを入れる
  3. 『エクスポート先』は『ファイル』を選択する

※メディアライブラリは容量が多く、転送上限値を超えてしまうためチェックを入れてエクスポートから外します。

4.エクスポートしたデータをダウンロードする

All in One WP Migrationエクスポートファイルのダウンロード
All in One WP Migrationエクスポートファイルのダウンロード
5.テスト環境側で『All in One WP Migration』→『インポート』を開く

All in One WP Migrationのインポート
All in One WP Migrationのインポート
6.『ファイルサイズを上げる方法』をクリックする

All in One WP Migrationのインポート容量を拡張する方法
All in One WP Migrationのインポート容量を拡張する方法

残念ながら初期設定だと32MBしかインポートできないため、アップロードできるファイルサイズを拡張します。

7.移行したページで『プラグイン』のファイルをダウンロードする

All in One WP Migrationの拡張プラグイン
All in One WP Migrationの拡張プラグイン
All in One WP Migrationを拡張する
All in One WP Migrationを拡張する
8.プラグインをインストールして、再びAll in One WP migrationのインポートへ

All in One WP Migrationの拡張完了
All in One WP Migrationの拡張完了

最大アップロードサイズが512MBに拡張していることを確認します。

9.エクスポートしたファイルをドラッグする

All in One WP Migrationでデータをインポートする
All in One WP Migrationでデータをインポートす
10.インポートが完了する

All in One WP Migrationでサイトインポート完了
All in One WP Migrationでサイトインポート完了

以上で、本番環境のインポートが完了です。

これで本番環境の移行は90%終わりました。あとはメディアファイルの移行だけなのでもう一息ですよ。

サーバーのファイルマネージャー

次にメディアファイルをコピーします。

1.ConoHa WINGの『ファイルマネージャー』を開く

ConoHa WINGのファイルマネージャー
ConoHa WINGのファイルマネージャー
ファイルマネージャーの開き方
  1. 『サイト管理』を選択する
  2. 『ファイルマネージャー』をクリックする

2.本番環境の『wp-content』ファイルを開く

ConoHa WINGのファイルマネージャー詳細
ConoHa WINGのファイルマネージャー詳細
3.『uploads』ファイルを右クリックしてコピーする

ConoHa WINGファイルマネージャーのuploads
ConoHa WINGファイルマネージャーのuploads
4.『uploads』ファイルをテスト環境にペーストして完了する

ファイルマネージャーのuploadsをテスト環境にペースト
ファイルマネージャーのuploadsをテスト環境にペースト

もともと存在する『uploads』ファイルを削除して、本番環境のコピーをペーストします。

5.テスト環境を開いて表示を確認する

WordPressテスト環境のトップページ
WordPressテスト環境のトップページ

本番環境と同じ画面になっていれば、テスト環境へのデータのコピーは完了です。 ファイルのやり取りが少し面倒ですが、手順通りやれば問題なく行えます。

ステップ⑤:テスト環境をNoIndexする

ステップ③でディレクトリアクセス制限を設定しましたが、念のためWordPressの設定でテスト環境をNoIndexします。

テスト環境をインデックスすると本番環境のコピーサイトとみなされて、本番環境の評価も下がってしまう場合があります。忘れずに行いましょう。

※NoIndexとは、検索エンジンが対象ページをインデックスしないようにすること

1.テスト環境の『管理画面』→『設定』→『表示設定』を開く

WordPressテスト環境の管理画面
WordPressテスト環境の管理画面

2.『検索エンジンでの表示』をチェック→『変更』をクリックする

記事をno indexする方法
記事をno indexする方法

テスト環境のNo Indexは完了です。

テスト環境を作成する全手順もこれで無事に終わりました。

WordPressのテスト環境をサブドメインで作る方法まとめ

WordPressのテスト環境をサブドメインで作る方法まとめ
WordPressのテスト環境をサブドメインで作る方法まとめ

ConoHa WINGを利用して、WordPressのテスト環境をサブドメインで作る手順は5つです。

テスト環境rを作る方法
  1. サブドメインを取得する
  2. WordPressをインストールする
  3. ディレクトリアクセス制限を設定する
  4. 本番環境をテスト環境へコピーする
  5. テスト環境をNoIndexする

WordPressはカスタマイズ性が高く、自分だけのサイトを作れる一方でさまざまな不具合が生じます。そのため、メインサイト(本番環境)でカスタマイズに失敗すると収益にも影響がでかねません。

ConoHa WINGは高性能なため、今回紹介した手順で行えば簡単にテスト環境を作ることができるので、ぜひテスト環境を作成して自分だけのお気に入りサイトを作りましょう。

もし現在別のサーバーを利用していて、ConoHa WINGに乗り換えを考えている方は、ConoHa WING公式サイトをご覧ください。

>>ConoHa WING公式サイトはこちら

nv-author-image

4つの特化ブログを運営しながら、月収6桁を稼ぐブロガー。現在は開業してサロンサポーター&ブログ個別指導など実践しています。 WordPressに関すること(デザイン・カスタマイズ・テーマ・サーバーなど)が得意。なかでもサイトスピード改善サービスは個人/企業から高評価を得ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です