【初心者向け】ブログのドメインの決め方【5つのポイントを解説】

悩んでる人
悩んでる人
WordPressブログを始めようと思ってるけど、ドメインは何を選んで、どうやって決めたらいいの?
たけちよ
たけちよ
このような疑問をたけちよが解決します。

 

ドメインの取得は、WordPressブログを運営する上で必須ですが、初心者のうちは悩んでしまうのものですよね。

そこで今回は、ブログのドメインの決め方を5つのポイントに絞って解説します。
 
 
本記事でわかること
  • ドメインの基礎知識
  • ドメインの決め方5つのポイント
  • ドメイン取得サービスのおすすめ

 

本記事の信頼性

本記事では、実際にドメインを取得した経験や、ドメイン取得について自身が調べたことをまとめています。
 

ドメインの基礎知識

ドメインの基礎知識
悩んでる人
悩んでる人
そもそもドメインって何?なんでブログ始めるときにドメインが必要なの?
 

ドメインは、ネット上に存在するコンピューターやネットワークを識別するための名前のことで、いわゆるブログの住所です。

例えば、当ブログは『https://chiyo-blog.com』というURLで運営をしており、『chiyo-blog.com』がドメインです。

 

たけちよ
たけちよ
『chiyo-blog.com』がなくて『https://』だけだと『住所=地球』と言っているようなものなんだよね。
 
ドメインは、1度決めるとよほどのことがない限り変更することはないので、実際の住居選びと同じようにしっかり考える必要があります。
ドメインの決め方のポイントだけ知りたい方は、以下のボタンをクリックしてください。
 
 

独自ドメインと独自ドメインでないもの

ドメインは大きく分けて以下の2種類があります。

  • 独自ドメイン
  • 独自ドメインでないもの

 

例えば、独自ドメインでないものは、『無料版はてなブログ』や『アメブロ』などが挙げられます。

 

  • 無料版はてなブログ
    ⇒https://○○.hatenablog.com
  • アメブロ
    ⇒https://ameba.jp/○○

 

このように、無料版はてなブログやアメブロはすでにドメインが決まっており、○○に任意のユーザー名を入れます。

一方で、独自ドメインは『https://○○.○○』と『https://』以下のものはすべて自分で決める、いわば自分だけのドメインです。

 

WordPressブログでは独自ドメインの契約が必須で、当ブログも『ConoHa WING』というレンタルサーバーと一緒に契約しています。

 

トップレベルとセカンドレベル

ドメインは、1つのURLにたいして『トップレベルドメイン』と『セカンドレベルドメイン』という2種類が存在します。

  • トップレベルドメイン
    ⇒『.(ドット)』の後ろの文字列
  • セカンドレベルドメイン
    ⇒『.(ドット)』の前の文字列
 
トップレベルドメインは、いくつも種類があります。
 
  • .com
  • .net
  • .inc
  • .co.jp
  • .work

 

上記のドメイン以外にもありますが、なんとなく見覚えがありますよね。

トップレベルドメインは、このようにドメイン取得サービスが提供する文字列から選ぶため、自分で任意に文字列を変えることはできません。

 

セカンドレベルドメインは、自分で自由に文字列を決めることがきます。

当サイトでは『chiyo-blog』という文字列にしました。

 

トップレベルドメインとセカンドレベルドメインともに、おすすめの決め方は、後の項目でしっかり説明します。

 

ドメイン取得は早い者勝ちで決まる

独自ドメインは、自分で文字列を決めることができますが、実は早い者勝ちで決まってしまいます。

例えば、気に入ったマンションがあっても、空き物件でなければ入居できないのと同じで、すでに他人が使用している文字列はドメイン取得できません。

 

たけちよ
たけちよ
のちほど解説にも出てきますが、実は私も使いたいドメインがあったのですが、すでに使用されていたため現在のドメインにしています。
 

ドメインの決め方のポイント5つ

ドメインの決め方のポイント5つ

ドメインの決め方には、5つのポイントがあります。

  1. 定番のものにする
  2. 短めにする(10文字以下)
  3. ブログ名と関連を持たせる
  4. 日本語ドメインはNG
  5. 半角英字のみ使用する

 

以上のことを踏まえて、ドメインの決め方を解説していきます。

 

ポイント①:定番のものにする

ブログのトップレベルドメインは、定番のものを選んだほうが良いです。

前の項目でも話したように、さまざまな種類があります。

 

  • .com
  • .net
  • .inc
  • .co.jp
  • .work

 

このほかにも無数にドメインがあるので、どれにしようか悩んでいるあいだにいつまでも決まらず、時間だけが経ってしまうなんてこともあります。

結論として、『.com』がおすすめです。

 

その理由は3つあります。

  • 多くの人が見慣れている
  • ぱっと見てサイトだとわかる
  • 価格が他のドメインと比較して安い

 

多くの人が見慣れている

多くのサイトで『.com』が使用されているため、ほとんどの人が見慣れており、ユーザーからの信頼や安心に繋がります。

 

ぱっと見でサイトだとわかる

信頼や安心と重なりますが、『chiyo-blog.xyz』よりも『chiyo-blog.com』の方がぱっと見でサイトだとわかりますよね。

SEOには関係ないことでも、ユーザーからみて『わかりやすい』『覚えやすい』というのは重要な要素です。

 

価格が他のドメインと比較して安い

『.com』は他のドメインと比較して、価格が安いです。

ドメイン価格更新費
.com760円1280円
.net599円1480円
.jp2790円2840円
.org1360円1480円
.co.jp3660円5200円

※価格はすべて税別
お名前.com (2020.4.2時点)で1年契約の場合

 

『.net』の1年目は『.com』より安いですが、2年目以降の更新費は200円高くなっています。

ブログの長期運営を考えると、初めから『.com』を選ぶ方が2年目以降は安くなります。

 

たけちよ
たけちよ
他に、今だけ○○円といった低価格のドメインもあるけど、1年目が安いだけで2年目以降は価格が格段に上がるケースがほとんどです。
 

価格や更新費の面からも『.com』がおすすめです。

 

ポイント②:短めにする(10文字以下)

ドメイン名は短めにする方が良いです。

できれば10文字以下を目安にするといいでしょう。

 

たけちよ
たけちよ
『chiyo-blog』これでちょうど10文字です。
 

ドメイン名が短いメリットは2つあります。

  • ユーザーに覚えてもらいやすい
  • 指名検索(ドメイン名で検索)してもらえる可能性がある

 

たけちよ
たけちよ
僕だったら、ドメイン名があまりに長いと、検索しようとしても100%スペルの入力ミスをしますね。
 

ドメインの文字数はSEOに直接関係ありませんが、ユーザビリティという点では短い方が良いです。

 

ポイント③:ブログ名と関連を持たせる

ドメインの文字列は、ブログ名や扱うテーマに関連性を持たせることがほとんどです。

当ブログは『CHIYOBLOG』なので『chiyo-blog.com』としています。

 

ブログで扱うテーマの関連キーワードを入れた方が良いという意見もありますが、ポイント②で話した「短めにする』が難しくなるため気にしなくていいと思います。

 

たけちよ
たけちよ
ユーザビリティを考えると、ドメイン名に余計なものを詰め込むより『ブログ名』に関連させた方が覚えやすいです。
 

ポイント④:日本語ドメインはNG

ドメイン名に日本語を使うのはNGです。

正確には、ドメインを日本語にすることはできるしメリットもありますが、デメリットが大きいです。

 

日本語ドメインのメリット

  • ぱっと見で覚えやすい
  • ブログの扱うテーマが分かりやすい

 

例えば『ブログの始め方.com』だったら覚えやすいし、内容も「ブログのことについて書いてあるんだ」とわかりやすいですよね。

そのため一見よく思えますが、以下のようなデメリットがあります。

 

日本語ドメインのデメリット

  • SNS投稿時に文字化けする
  • Googleのアルゴリズム変化で検索順位が低下する可能性がある
  • 日本語ドメインを使えない場合がある

 

日本語ドメインは、TwitterやFacebookなどSNSにサイトURLを貼ったときに、文字化けを起こしてしまいます。

URLが文字化けしてしまうと「このサイトを開いて大丈夫なの?」と不信感を持ちますよね。

 

たけちよ
たけちよ
当ブログもTwitterにURLを貼っていますが、文字化けをしてしまうとSNS流入に影響が出てしまいます。
 

日本語ドメインは、ユーザビリティの観点からブログへの流入数に影響が出ます。

また、現状はドメイン名がSEOに直接影響することはありませんが、Googleのアルゴリズム変化で検索順位が低下するリスクもあります。

 

わざわざそのようなリスクを犯して、日本語ドメインにこだわる必要性はないと思います。

 

ポイント⑤:半角英字のみ使用する

ドメイン名には半角英字のみ使用した方が良いです。

数字や『-(ハイフン)』を使用することもできますが、入力しづらいためユーザビリティが悪く、ブログへの信頼性が低下します。

 

たけちよ
たけちよ
当ブログではハイフンを使っていますが、本当は使わずに『chiyoblog』にしたかったところ、すでに他ブログに使われていました(笑)
 
ただし、ハイフンを使用することで視認性がよくなる場合は効果的とされています。
ちなみに、文字列には『_(アンダースコア)』も使用することができますが、おすすめしません。
 
Googleも以下のように説明しています。
 
URL にはアンダースコア(_)ではなくハイフン(-)を使用することをおすすめします。(Googleヘルプ)
 
アンダースコアは見た目がすっきりするのでつい使ってしまいそうになりますが、区切る場合にはハイフンを使いましょう。
 

ドメイン取得サービスのおすすめ2つ

ドメイン取得サービスのおすすめ

ドメインを取得するためには、『ドメイン取得サービス会社』と契約が必要です。

ドメイン取得サービスはいくつもありますが、初心者におすすめな取得方法は以下の2つだけです。

 

  • お名前.comで取得する
  • レンタルサーバーと一緒に取得する

 

それでは以下で、ドメイン取得サービスの詳細を説明します。

 

お名前.comで取得する

お名前.com

お名前.com』は、GMOが提供する国内最大のドメイン取得サービスです。

おすすめドメインの『.com』が年間760円(税別)、更新費1280円(税別)と、お得に利用できます。

 

界隈で有名なトップブロガー達も利用しており、ドメイン取得サービスとしては信頼性No1です。

 

 

レンタルサーバーと一緒に取得する

ConoHa WING

レンタルサーバーの契約と一緒にドメインを取得することができます。

ドメインが取得できる、おすすめのレンタルサーバーは以下の3社のみです。

 

 

3社の詳細な比較は、WordPess向けレンタルサーバーのおすすめ3選をご覧ください。

初心者に1番おすすめなのは、国内最速サーバー『ConoHa WING』が提供する『WINGパック』です。

 

『WINGパック』は、レンタルサーバーの契約と一緒に、独自ドメインが永久無料でもらえるお得なパックです。

▼ConoHa WINGの詳細はこちら
>>ConoHa WING(コノハウィング)のデメリット3つを徹底検証【レビューと口コミも掲載】

 

まとめ:ブログのドメインの決め方はユーザビリティを重視する

まとめ:ブログのドメインの決め方

ブログのドメインの決め方について話してきましたが、最後にポイントをもう1度まとめておきます。

 

ドメインの決め方5つのポイント

  1. 定番のものにする
  2. 短めにする(10文字以下)
  3. ブログ名と関連を持たせる
  4. 日本語ドメインはNG
  5. 半角英字のみ使用する

 

ドメインはブログの住所として、訪問者が増えるようにユーザビリティを重視した覚えやすいものがベストです。

ぜひ今回のポイントを押さえて、ユーザビリティの高いお気に入りのドメイン名にしてください。

 

▼ブログの作り方はこちら
>>【ConoHa WING】WordPressの始め方を徹底ガイド【たった10分でブログが作れる】‬

【国内最速!格安レンタルサーバー『ConoHa WING』】

当サイトで契約中のWordPress向けレンタルサーバー!

国内最速サーバー速度&抜群の安定性

初期費用無料&独自ドメイン永久無料

これ1つで簡単にWordPressブログが始められます。

初回限定価格!ブログ運営1ヶ月間の徹底サポート
こちらをクリック
初回限定価格!ブログ運営1ヶ月間の徹底サポート
こちらをクリック