Cloudflare Registrarならドメインが原価!?更新料金を最安にする方法

  • 3 min read
Cloudflare Registrarならドメインが原価!?更新料金を最安にする方法

「ドメインを1円で取得したのに、年間の更新料金は1,500円もする!」なんてことはありますよね。実はこのドメイン料金は原価+αの料金となっているため、若干高め設定となっています。

でも、Cloudflare Registrar(クラウドフレアレジストラー)なら、ドメインを原価で更新できます!今後値上げや追加料金もないため、同一料金で毎年利用可能!

複数のサイトを所有するブロガー・アフィリエイターの方はドメイン料金は少しでもお得なほうがいいですよね。Cloudflare Registrarは慣れてしまえば設定も簡単なので、ぜひ利用してみましょう。

※Cloudflare Registrarの利用は、Cloudflareの登録・使用が必要。まだの方は、先にCloudflareの登録方法をご覧ください。

ドメイン取得サービスとの料金比較

各社のドメイン取得サービスとのドメイン更新料金比較してみました。

ドメイン更新料金比較表

サービス名 .com .net .info .org
Cloudflare Registrar $8.03
(880円前後)
$9.95
(1,090円前後)
$11.02
(1200円前後)
$9.93
(1,090円前後)
お名前.com 1,408円 1,628円 1,628円 1,628円
ムームードメイン 1,628円 1,628円 1,848円 1,848円
バリュードメイン 1,408円 1,628円 1,628円 1,628円
AWS $12
(1,300円前後)
$11
(1,210円前後)
$21
(2,300円前後)
$12
(1,300円前後)
Google Domains 1,400円 1,400円 1,400円 1,400円

2021年6月時点:1年更新

各種ドメイン取得サービスと比較しても、Cloudflare Registrarのドメイン料金は格安となっています。

僕もお名前.comで使用していた『.com』ドメインをCloudflare Registrarに移行してみました。

Cloudflare Registrarの利用方法

Cloudflare Registrarの利用方法を解説していきます。

ドメイン移管の手順
  1. 支払情報の登録
  2. Cloudflare Registrarに移管するドメインの選択
  3. 認証コードの取得・Whois情報公開代行の設定解除
  4. 移管するドメインの認証・個人情報の入力
  5. ドメイン移管申請の承認確認

Cloudflare Registrarの注意事項

※この記事では『お名前.com』からドメイン移管する方法を解説します

①支払情報の登録

Cloudflareにログインしてトップページから『請求』⇒『お支払情報』から、お支払情報を設定します。クレジットカードやPaypalなど、あなたの好きな支払方法を設定しましょう。

請求情報の設定画面
請求情報の設定画面

②Cloudflare Registrarに移管するドメインの選択

設定が完了したら『ホーム』を選択して、『レジストラー』をクリックします。

レジストラーの選択画面
レジストラーの選択画面

ページが切り替わるとCloudflareに登録されているドメインが自動で検出されるので、表示されたドメインからCloudflare Resistrarに移管するドメインを選択します。

Cloudflare Resistrarを利用するドメインの選択画面
Cloudflare Resistrarを利用するドメインの選択画面

ドメイン移管をするための手順説明が書いてあります。

Cloudflare Resistrarの移管設定チュートリアル
Cloudflare Resistrarの移管設定チュートリアル
承認コード取得の手順
  1. ドメイン取得元にログイン
  2. ドメインのロック解除
  3. 承認コードを取得

Cloudflare Resistrarへドメイン移管するためには承認コードが必要なため、承認コードをドメイン取得元から取得する必要があります。

③認証コードの取得・Whois情報公開代行の設定解除

ドメイン取得元(ここでは、お名前.com)にログインして、マイページの『ドメイン一覧』をクリックします。

お名前ドットコムのマイページトップ画面
お名前ドットコムのマイページトップ画面

ドメイン一覧が表示されるので、Cloudflare Resistrarに移管するドメインを選択します。

Cloudflare Resistrarに移管するドメインの選択
Cloudflare Resistrarに移管するドメインの選択

ドメインの『AuthCode』に表示されている文字列をコピーしておきます。

あとでドメイン移管の際に利用する大切な文字列になります。

ドメインのAuthCode
ドメインのAuthCode

画面を少し下にスクロールすると『Whois情報公開代行』という項目があり、設定している場合は介助が必要。『設定』をクリックしましょう。

Whois情報公開代行の変更
Whois情報公開代行の変更

画面が切り替わったら右端の『Whois情報公開代行設定の解除はこちら』をクリックします。

Whois情報公開代行の設定解除
Whois情報公開代行の設定解除

Whois情報公開代行設定を解除するドメインにチェックを入れ、『Whois公開代行(メール転送付)』を選択して『確認』をクリックします。

Whois情報公開代行設定の解除詳細
Whois情報公開代行設定の解除詳細

最後に注意事項の同意にチェックを入れて、『確定』をクリックすればWhois情報公開代行の解除が完了します。

Whois情報公開代行の設定解除確定画面
Whois情報公開代行の設定解除確定画面

『お手続きが完了しました』と表示されればOKです。

Whois情報公開代行の解除完了画面
Whois情報公開代行の解除完了画面

これでドメイン移管の準備が整ったので、Cloudflare Resistrarの設定画面に戻りましょう。

Whoisを解除しなかった場合

Cloudflare Resistrarの設定エラー
Cloudflare Resistrarの設定エラー

もし、Whois情報公開代行を解除せずにドメイン移管をしようとすると、Cloudflare Resistrarの設定にエラーが出てしまうので、必ず設定を解除しておくようにしましょう。

④移管するドメインの認証・個人情報の入力

先ほどのCloudflare Resistrarの画面に『AuthCode』を入力(ペースト)します。

ドメインの認証
ドメインの認証

認証が完了したら、個人情報の入力画面に移行します。必要事項をすべて入力して『移管を確認して確定する』をクリックします。

個人情報の入力画面
個人情報の入力画面

すべての設定が完了したら『移管が進行中です』という画面が表示されます。

ドメイン移管の進行中画面
ドメイン移管の進行中画面

⑤ドメイン移管申請の承認確認

ドメインの移管申請が通ると、ドメインの発行元(ここではお名前.com)から以下のようなメールがきます。添付されているURLにアクセスしましょう。

ドメイン移管の確認メール
ドメイン移管の確認メール

承認フォームに移行するので、注意事項をよく読んだうえで『承認する』をクリックします。

ドメイン移管の承認画面
ドメイン移管の承認画面

再度確認画面が表示されるので『決定』をクリックします。

ドメイン移管の承認決定画面
ドメイン移管の承認決定画面

これでドメイン発行元からの移管承認が完了しました。

ドメイン移管の承認完了画面
ドメイン移管の承認完了画面

ドメイン移管の承認が完了すると、以下のようなメールが届きます。

ドメイン移管承認完了メール
ドメイン移管承認完了メール

メールが届いたあとしばらくすると、Cloudflare Registrarへのドメイン移管が完了したと連絡が来ます。

Cloudflare Registrarへのドメイン移管完了
Cloudflare Registrarへのドメイン移管完了

以上でCloudflare Registrarへのドメイン移管設定がすべて完了です。

Cloudflare Registrarに移管したドメインは、ホーム画面の『レジストラー』から確認できます。

移管したドメインの詳細確認画面
移管したドメインの詳細確認画面

更新日の確認や、DNSSEC設定などができるので、ドメイン移管後は必ず確認しておきましょう。

Cloudflare Registrarの利用方法まとめ

Cloudflare Registrarへドメイン移管することで、元のドメイン料金よりも500円以上もコストを抑えることができました。複数ドメインを所有している場合には固定費が下がって嬉しいですよね。

しかも、Cloudflare Registrarはドメイン料金をお得にするだけでなく、二段階認証や DNSSEC、WHOIS情報などセキュリティ機能も充実しています。

今回は、お名前.comからCloudflare Registrarへの移管を行いましたが、手順としてはどのドメイン取得サービスを利用しても同じ。

ドメイン料金を抑えたい、セキュリティ性の高いレジストラーを利用したいという人は、ぜひCloudflare Registrarの利用を試してみて下さいね!

nv-author-image

猛史 濱谷

複数サイトを運営しながら、サロンサポーター/ブログ個別指導/サイトスピード改善サービスなど行っています。WordPressに関すること(デザイン・カスタマイズ・テーマ・サーバーなど)が得意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です