THE THORのプラグイン|必須・不要・相性悪い・おすすめ

  • 4 min read
THE THORのプラグイン|必須・不要・相性悪い・おすすめ|必須・不要・相性悪い・おすすめ

THE THOR(ザ・トール)はプラグインをほとんど必要としません。他のテーマであれば本来必要とされるプラグインも、THE THORでは不要なものがほとんどです。

不要なプラグインを入れてテーマの機能と競合して不具合を起こしたり、THE THORの売りであるサイトスピードが遅くなっては意味がありませんよね。

そこで今回は、THE THORのプラグインを必須・不要・相性悪い・おすすめでまとめて解説します。

「ブログを始めたら、まずはこのプラグインを・・・」のような、とりあえず入れていたプラグインは、この記事を読んで見直しましょう!

THE THORの必須プラグイン

THE THORのプラグインで必須なのは以下の3つだけ

必須プラグイン

  • Akismet Anti-Spam
  • WP Multibyte Patch
  • Google XML Sitemaps

Akismet Anti-Spam

Akismet Anti-Spam
Akismet Anti-Spam

Akismet Anti-Spam(アンチスパム)は、問い合わせやコメントにくるスパムを自動でブロックしてくれるプラグイン。THE THORにはスパムブロック機能がないので設定が必要です。

スパム対策をしないと海外からのスパムメールやコメントがバンバン届きます。簡単な設定を1度済ませれば、あとは自動でブロックしてくれるので早めに設定をしておきましょう。

Akismet anti spamの設定例

Akismet Anti-Spamの設定画面
Akismet Anti-Spamの設定画面

WP Multibyte Patch

WP Multibyte Patch
WP Multibyte Patch

WP Multibyte Patchは、日本語版WordPressの文字化けを防止するプラグイン。

WordPress(ワードプレス)は海外を中心としたCMS(Content Management System:Webサイトの管理システム)。そのため、日本語版では文字化けを起こす可能性がありあます。

WP Multibyte Patchをインストール・有効化しておけば、特に設定項目もなく自動でバグを修正してくれます。デフォルトでインストールされているので、すぐに有効化しましょう。

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemaps
Google XML Sitemaps

Google XML Sitemapsは、XMLサイトマップを生成してくれる検索エンジン用のプラグイン。

サイトマップには以下の2種類があります。

サイトマップの種類

HTMLサイトマップ

HTMLサイトマップ

ユーザーが目的の記事を探しやすいように、カテゴリごとに記事一覧にしたもの

XMLサイトマップ

検索エンジンのクローラー

検索エンジンのクローラーが、サイト内を巡回して記事を見つけるときのヒントにするもの

Google XML Sitemapsは上記のうちXMLサイトマップを生成。それによって、検索エンジンに『自分のサイトにはこんなコンテンツがありますよ』とお知らせをすることができます。

XMLサイトマップがあると検索エンジンのクローラーが巡回しやすく、サイト内のコンテンツを見つけやすいためサイト全体のSEO評価が上がります

Google Search Consoleでサイトマップを送信する必要があるので、忘れないようにしましょう。

THE THORに不要なプラグイン

THE THORに不要なプラグインは以下のとおりです。

不要なプラグイン
  1. SEO対策
  2. 目次作成
  3. キャッシュ
  4. SNSボタン設置
  5. HTMLサイトマップ作成
  6. お問い合わせフォーム作成

SEO対策プラグイン

THE THORには以下のようなSEO対策が搭載されているため、SEO対策プラグインは不要。

THE THORのSEO対策

THE THORのSEO対策項目
THE THORのSEO対策項目

例えば、「初心者は利用しましょう」と良くいわれるSEO系プラグイン『ALL in One SEO Pack』。

THE THORと競合する可能性があり不要なので入れないようにしましょう

目次作成プラグイン

THE THORには目次作成のプラグインは不要。目次はテーマの機能で自動生成できます。

『Table of Contents Plus』や『Easy Table of Contents』のような目次作成プラグインも、THE THORには入れないようにしましょう。

キャッシュ系プラグイン

THE THORに『WP Fastest Cache』や『W3 Total Cache』といったキャッシュ系のプラグインは不要。

キャッシュを有効にすることでサイトスピードを向上することができますが、THE THORには強力なキャッシュ機能が備わっています。

キャッシュ系のプラグインを導入したことで逆に『ページ表示速度が遅くなった』事例もあるため注意しましょう。

SNSボタン設置プラグイン

THE THORにはSNSボタンが搭載されているため不要です。

THE THORのSNSボタン

THE THORのSNSボタン
THE THORのSNSボタン

通常は『AddToAny Share Buttons』などを必要とすることがありますが、THE THORでは上の画像のようなSNSボタンを設置できます。

HTMLサイトマップ作成プラグイン

THE THORはHTMLサイトマップを自動作成できるため、HTML作成プラグインは不要。

固定ページのエディター右側『文書』内にある『ページ属性』から『サイトマップTPL』を選択すれば、HTMLサイトマップを作成できます。

THE THORのサイトマップテンプレート

THE THORのXMLサイトマップTPL
THE THORのXMLサイトマップTPL

HTMLサイトマップ作成の代表的なプラグインとして『PS Auto Sitemap』『Simple Sitemap』がありますが、THE THORには入れなくてOKです。

お問い合わせフォーム作成プラグイン

THE THORには、デフォルトでお問い合わせフォームを設置できる機能があります。

固定ページのエディター右側『文書』内にある『ページ属性』から『お問い合わせTPL』を選択すれば、お問い合わせフォームを作成できます。

THE THORのお問い合わせテンプレート

THE THORのお問い合わせTPL
THE THORのお問い合わせTPL

『Contact Form7』や『WP Forms』のような、お問い合わせフォーム作成のプラグインは不要です。

THE THORと相性が悪いプラグイン

THE  THORと相性の悪いプラグインは、公式発表で現在3つありあます。

相性の悪いプラグイン

  • Advanced Editor Tools
  • Jetpack
  • SiteGuard WP Plugin

Advanced Editor Tools

Advanced Editor Tools
Advanced Editor Tools

Advanced Editor Tools(旧TinyMCE Advanced)は、記事の作成時に装飾機能を追加するプラグイン。

とても便利なプラグインですが、THE THORとは相性が良くありません。とはいえ、THE THORは標準でエディタ機能が豊富に搭載されているため導入しなくてもまったく問題ありません。

THE THORのエディター画面

THE THORのエディタ画面
THE THORのエディタ画面

Advanced Editor Tools(旧TinyMCE Advanced)のような装飾ツールは導入しなくても充分な機能が備わっています。エディタツールは入れないようにしましょう。

Jetpack

Jetpack
Jetpack

Jetpackは、サイトのパフォーマンスやセキュリティ機能の向上、SEO対策など多くの機能を兼ね備えたプラグイン。公式サイトで不具合が報告されているため、使用は避けましょう。

THE THORでは、SEO対策やパフォーマンス向上の機能があるため、そもそもJetpackのようなプラグインは必要なし。もし入れている場合は外しましょう。

SiteGuard WP Plugin

SiteGuard WP Plugin
SiteGuard WP Plugin

SiteGuard WP Pluginは、WordPressのセキュリティを強化するプラグイン。

セキュリティ系プラグインの中でも設定が簡単ですが、THE THORでは不具合が報告されています。セキュリティを強化したい人は、おすすめのセキュリティプラグインを使いましょう。

THE THORにおすすめのプラグイン

THE THORにおすすめプラグインを4つほど紹介しておきます。

おすすめプラグイン

  • Customizer Export/Import
  • Broken Link Checker
  • All in One WP Security
  • Imagify

Customizer Export/Import

Customizer Export/Import
Customizer Export/Import

Customizer Export/Importは、THE THORのデモデザインを自分のサイトに簡単に着せ替えることができるプラグイン。

Customizer Export/Importを利用すれば、以下のデモサイトのようなおしゃれなデザインをワンクリックだけで実装することができます。

デモデザインは9種類

THE THORのデモサイト一覧
THE THORのデモサイト一覧

サイトデザインを整えるために、WordPressブログ初心者がまず最初に使いたいプラグインです。

Broken Link Checker

Broken Link Checker
Broken Link Checker

Broken Link Checkerは、リンク切れしているURLを自動で検知してくれるプラグイン。

記事数が少ないうちは把握できるかもしれませんが、増えてくるとリンクの管理が難しくなってくるため自動で検知してお知らせしてくれるのは助かります。

設定は簡単なので、ぜひ導入してみてください。

Broken Link Checkerの設定

Broken Link Checkerの設定
Broken Link Checkerの設定①
Broken Link Checkerの設定②
Broken Link Checkerの設定②

All in One WP Security

All in One WP Security
All in One WP Security

All in one WP Securityは、THE THORにも対応するセキュリティ系のプラグイン。

チェック項目をチェックするだけで、ログインURLの変更やスパムブロック、ファイアウォールを設定することができます。まさにオールインワンの優れたセキュリティプラグインです。

ダッシュボード画面

All in One WP Securityのダッシュボード画面
All in One WP Securityのダッシュボード画面

前述したSiteGuardはTHE THORと競合するため、セキュリティ強化したい方はAll in One WP Secutrityを使用しましょう。

Imagify

Imagify
Imagify

Imagifyは、インストールしたメディアやテーマ・プラグイン内のメディアを自動で最適化するプラグイン。

高い圧縮率を誇りますが、画質はオリジナル画像と遜色ない。そのうえ、次世代画像配信WebPに自動変換して画像容量をかなり抑えることができます。

Imagifyの圧縮画面

Imagifyの圧縮画面
Imagifyの圧縮画面

同じような機能のプラグインとして、EWWW Image Optimize、Shortpixel Image Optimizerなどありますが、圧縮パフォーマンスはImagifyが高い。非常におすすめのプラグインです。

まとめ:THE THORのプラグイン

THE THORのプラグインについて最後にもう1度まとめます。

必須プラグイン

  • Akismet Anti-Spam
  • WP Multibyte Patch
  • Google XML Sitemaps

不要プラグイン

  • SEO対策
  • 目次作成
  • キャッシュ系
  • SNSボタン設置
  • HTMLサイトマップ作成
  • お問い合わせフォーム作成

相性悪いプラグイン

  • TinyMCE Advanced
  • Jetpack
  • SiteGuard WP Plugin

おすすめプラグイン

  • Customizer Export/Import
  • Broken Link Checker
  • All in One WP Security
  • Imagify

THE THORは不要・相性の悪いプラグインさえ知っておけばプラグイン数を減らせます。プラグインは便利ですが、余計なものを入れるとサイトスピードを低下させる原因に。

あなたのサイトのプラグインを再チェックして、THE THORに最適なプラグインを入れましょう。

ちなみにTHE THORはデフォルトの機能で、CSSやJavascriptの最適化をする機能がありますが、さらに強力な最適化を有するプラグインがあります。

当サイトでも使用しているプラグインなので、少し紹介をしますね。

WP Rocket(ワードプレスロケット)

WP Rocket - WordPress Caching Plugin

WP Rocketは、CSSやJavascriptを最適化する有料プラグインです。

有料というとネックになるかもしれませんが、1サイトにつき月額換算500円以下で、アマゾンプライムよりも料金は安い。

WP Rocketを導入している僕の所有サイトの1つのLighthouseスコアは以下のとおりです。

Core Web Vitals(コアウェブバイタル)のスコア
Core Web Vitals(コアウェブバイタル)のスコア

WP Rocketだけで上のようなスコアになっているとはいえませんが、大きく寄与していることは間違いありません。

Core Web Vitals(コアウェブバイタル)を改善することで、SEOにおける検索順位やCVR(コンバージョン率)にも影響します。

難しい設定もないため、コードが操作できない初心者でも瞬時に効果を体感できますよ。

コードスキル必要なし!
\ 安心の14日間100%返済保証 /

>>WP Rocketのレビューはこちら

nv-author-image

猛史 濱谷

複数サイトを運営しながら、サロンサポーター/ブログ個別指導/サイトスピード改善サービスなど行っています。WordPressに関すること(デザイン・カスタマイズ・テーマ・サーバーなど)が得意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です