【SEO対策】パーマリンクの設定方法とおすすめの決め方3つ【初心者向けに解説】

悩んでる人
悩んでる人
パーマリンクって何?
どうやって設定すればいいの?
SEOに影響するって本当?
たけちよ
たけちよ
このような疑問をたけちよが解決します。

 

WordPressブログのパーマリンク設定は簡単で、編集画面にいけば書き換えもすぐにできてしまうけど、実はSEO評価に関わる大事なポイントです。

しっかりルールを知っておかないと、SEO評価が下がるだけでなくゼロになってしまうリスクがあります。

 

ただ、この記事を読んでおけばSEO評価におびえることなく、今後のブログ運営も安心して行えるので、最後までじっくり読んでみて下さい。

それではさっそく解説していきます。

 

本記事でわかること

  • パーマリンクの基礎知識
  • パーマリンクの設定方法と決め方
  • パーマリンクのSEOへの影響

 

パーマリンクの基礎知識

パーマリンクの基礎知識

パーマリンクとは、ウェブページに対して個別で設定したURLのことです。

まずは本記事のパーマリンクを確認してみましょう。

 

https://chiyo-blog.com/permalink-setting

 

『.com/』の後ろ『permalink-setting』がパーマリンクです。

パーマリンクはデフォルトだと、ただの記号の羅列になっていますが、設定をすれば自分で決めることができます。

 

パーマリンクを初期設定する理由

デフォルトのパーマリンクだと、記号の羅列で記事の内容がまったくわからず、ユーザビリティやSEOの面でマイナス評価になってしまう場合があります。

Googleも以下のように明言しています。

 

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。(Googleヘルプ)

 

あとで説明しますが、初期設定をせずに記号が羅列されたURLの記事を量産していくと、後で修正することほぼ不可能になります。

WordPressブログを開設した時点でパーマリンクを初期設定し、記事を書くごとにしっかり考えて決める必要があります。

 

パーマリンクのおすすめの決め方3つ

パーマリンクのおすすめの決め方3つ

パーマリンクのおすすめの決め方は3つあります。

  • シンプルなURL構造にする
  • 記事内容に合わせる
  • 半角英字のみ使用する

 

以上の3つのポイントを押さえておけば、ユーザビリティ、SEO、どちらの面でも評価されやすいパーマリンクになります。

それでは詳細をみていきましょう。

 

①シンプルなURL構造にする

パーマリンクはできる限りシンプルなURL構造が良いです。

Googleも以下のように説明しています。

 

たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。http://www.example.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41daa6f849f730f1 のような URL 自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。(Googleヘルプ)

 

 

困ってる人
困ってる人
うーん。なんとなくわかるけど、いまいちわからないな。
 
もう少しかみ砕いて説明するので、以下の例を見て下さい。

(×)https://chiyo-blog.com/id=123&%xyz!?abcd975gjkl

(〇)https://chiyo-blog.com/permalink-setting

 

(×)のURLはパーマリンクが複雑な文字列で、記事内容がとてもわかりづらいです。

(〇)のURLはパーマリンクがシンプルで、記事内容がよくわかりますよね。

 

URLをぱっと見たときに記事の内容が把握できないパーマリンクだと、ユーザビリティが悪く『記事を開かない』または『すぐに離脱する』可能性があります。

また、URLが複雑だとGoogleのクローラーも巡回しづらいため、評価がマイナスになったり、場合によってはインデックスされない可能性もあります。

 

クローラーとは、ネットに存在するウェブサイトや画像などの情報を取得して、検索データベースを自動的に作成する巡回プログラムのこと

 

パーマリンクはできる限りシンプルな構造にしましょう。

 

②記事内容に合わせる

パーマリンクは記事内容に合わせたほうが良いです。

記事内容に合わせることで、ユーザーが記事内容を簡単に把握できるためユーザビリティが高まります。

 

以下のツイートを見て下さい。

https://twitter.com/takechiyo0210/status/1233588009783758848?s=20

 

上のツイートのように、SEOの面でいうと『.com/カテゴリー/記事タイトル』がベストですが、実際は『.com/記事タイトル』がベターです。

以下に具体例を挙げます。

 

カテゴリーを含む
https://chiyo-blog.com/blog-start-up/permalink-setting

カテゴリーを含まない
https://chiyo-blog.com/permalink-setting

 

もし、カテゴリー名を変えたいと思ったときに、そのカテゴリー内すべての記事のURLを変更しなくてはいけなくなります。

そのため、パーマリンクには記事内容のみを記述したほうが良いです。

 

③半角英字のみ使用する

パーマリンクは半角英字のみを使用するようにしましょう。

下記の記述はNGです。

 

  • 日本語の使用
  • 数字の使用

 

日本語の使用

https://chiyo-blog.com/パーマリンク設定

 

上記のように日本語を使用すると記事内容はわかりやすいですが、TwitterやFacebookなどSNSの投稿時に文字化けしてしまいます。

 

https://chiyo-blog.com/&%zvm864%$gjk

 

このような文字化けした文字列では、「このサイト大丈夫かな?」と不安になりますよね。

SNSからのアクセスに影響が出てしまうため、日本語の使用は避けるようにしましょう。

 

数字の使用

https://chiyo-blog.com/permalink-123

 

上記の表期は極端ですが、数字の使用は控えたほうが良いです。

SEO面での影響はないといわれていますが、ユーザビリティに影響します。

 

指名検索(URLで検索)する際に数字の文字列があると入力しづらいため、検索されにくくなります。

 

たけちよ
たけちよ
スマホだと数字に切り替えないといけないし、パソコンでもタイピング位置からちょっとずらさないといけないから、手間にはなりますよね。
 

ちなみに、パーマリンクには半角英字以外に『-(ハイフン)』や『_(アンダースコア)』をしようすることができます。

使用する際の注意点として、以下のツイートを見て下さい。

 

 

合わせてGoogleでは以下のように説明しています。

URL では区切り記号を使うと効果的です。 という URL の方が、 という URL よりずっとわかりやすくなります。URL にはアンダースコア(_)ではなくハイフン(-)を使用することをおすすめします。(Googleヘルプ)

 

上記のように『_(アンダースコア)』は使用できても、SEO上では『-(ハイフン)』を使用するようにしましょう。

以上のポイントは、ドメインでも同様のことが言えるので、ブログのドメインの決め方を合わせてご覧ください。

 

パーマリンクをあとから変更するのは危険

パーマリンクをあとから変更するのは危険

これまでの説明を聞いて、パーマリンクをいきなり変更しようとしてはいけません。

パーマリンクをあとから変更すると以下の影響が起きます。

 

  • リンクが無効になる
  • SEOの評価がゼロになる
 
それでは、この2つについて詳細を説明しますね。
 

リンクが無効になる

パーマリンクを変更すると変更前のリンクが無効になり、ウェブページを開くことができなくなるため、以下2つのデメリットが発生します。

  • URLをブックマークしている人からのアクセスがなくなる
  • 相互リンクが無効になる

 

変更前のURLが無効になれば、それまでURLをブックマークしていた人からのアクセスがなくなってしまい、ブログへの流入数が減ってしまいます。

また、内部リンクであればなんとか修正も効きますが、他のサイトに被リンクされている場合は修正がほぼ不可能なため、他サイトとの相互リンクが無効になってしまうリスクがあります。

 

SEOの評価がゼロになる

URLが無効になると、SEOの評価がゼロになります。

変更後のURLは、たとえ『-(ハイフン)』ひとつの変更でも、変更前のURLと別記事として認識されます。

 

せっかく評価されていた記事が1からやり直しになってしまうため、注意が必要です。

 

変更する場合は『301リダイレクト』

パーマリンクをどうしても変更する場合には、『301リダイレクト』という方法で評価を引き継ぐことができます。

 

301リダイレクトとは、変更前のURLが持っているSEO評価を引き継いで転送することができる機能です。

 

301リダイレクトには、WordPressプラグイン『Redirection』を利用すると簡単に設定ができます。

 

『Redirection』は古いURLにアクセスされたときに、新しいURLへ自動で転送してくれる機能があるプラグインです。

 

『Redirection』の使用方法を簡単に説明しておきます。

  1. プラグイン『Redirection』をインストール→有効化
  2. 古いURLを『ソースURL(ドメイン名の後ろのみ)』に入力
  3. 新しいURLを『ターゲットURL(URLすべて)』に入力
  4. 『転送ルール』を追加をクリックで完了

 

ただし、『Redirection』は1記事ずつの設定しかできないため、複数記事の修正が必要な場合にはかなりの手間がかかります。

あくまで非常手段として、普段からパーマリンクは変更しないように心がけましょう。

 

パーマリンクの設定方法

それでは最後にパーマリンクの設定方法を説明します。

手順は以下のとおりです。

 

  1. 『設定』→『パーマリンク設定』を開く
  2. 『パーマリンク設定』を『投稿名』にする
  3. 『投稿画面』の右側にある『スラッグ』を変更する

 

3分以内に終わる設定なのでサクッと終わらせましょう。

 

①『設定』→『パーマリンク設定』を開く

WordPress

パーマリンク設定

 

②『パーマリンク設定』を『投稿名』にする

パーマリンク

  1. 『投稿名』をクリックする
  2. カスタム構造に『/%postname%/』が表示される
  3. 『変更を保存』をクリックする

 

③『投稿画面』の右側にある『スラッグ』を変更する

パーマリンク

 

たけちよ
たけちよ
パーマリンクの設定はこれだけです。すごく簡単なので、WordPressブログを始めたらすぐに設定したほうがいいです。
 

パーマリンクの設定方法とおすすめの決め方まとめ

パーマリンクの設定方法とおすすめの決め方まとめ

パーマリンクのおすすめの決め方を最後にもう一度まとめます。

  • シンプルなURL構造にする
  • 記事内容に合わせる
  • 半角英字のみ使用する

 

パーマリンクは決め方のポイントを押さえておけば、ユーザビリティが高くなり、SEOにも評価されやすくなります。

設定もとても簡単なので、「めんどくさい」と後回しにせず、WordPressブログを立ち上げたらすぐに設定してしまいましょう。

【国内最速!格安レンタルサーバー『ConoHa WING』】

当サイトで契約中のWordPress向けレンタルサーバー!

国内最速サーバー速度&抜群の安定性

初期費用無料&独自ドメイン永久無料

これ1つで簡単にWordPressブログが始められます。

初回限定価格!ブログ運営1ヶ月間の徹底サポート
こちらをクリック
初回限定価格!ブログ運営1ヶ月間の徹底サポート
こちらをクリック