パーマリンクのおすすめ設定【3つのルールでSEO対策】

  • 2 min read
【Google推奨】パーマリンクの決め方3つのルールでSEO対策

パーマリンクはウェブページに対して個別に設定したURLのこと。

設定は簡単で、編集画面にいけば書き換えもすぐにできてしまうけど、SEOにも関わる要素のため決め方が大切。ルールを知っておかないと、SEO評価がゼロになってしまうリスクがあります。

そこで今回は、SEO対策としてGoogleが推奨するパーマリンクのおすすめ設定方法を解説します。

パーマリンクとは?

パーマリンクとは、ウェブページに対して個別で設定したURLのことです。

まずは本記事のパーマリンクを確認してみましょう。

https://chiyo-blog.com/permalink-setting

『.com/』の後ろ『permalink-setting』がパーマリンク。

パーマリンクは自分で任意の文字列に変更することができます。

パーマリンクは初期設定が必要

パーマリンクは初期設定をしないと、自動で記事のID(数字の文字列)が自動挿入されます。

事前に、自分で任意の文字列に変更できるよう初期設定しなければなりません。

初期設定方法は、パーマリンクの設定方法で解説します。

パーマリンクはSEOに影響する

パーマリンクは何でもいいかというと、そうではありません。SEOに影響があります

変更しないデフォルトのパーマリンクだと、記号の羅列で記事の内容がまったくわかりません。

その結果として、ユーザビリティが悪くなり間接的にSEOに影響をきたすことがあります。

Googleも公式に以下のようなことを明言

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。

Googleヘルプ

ちなみに、デフォルトのパーマリンクの記事を量産すると、あとでの修正はかなりつらい。WordPressを開設した時点でパーマリンクの初期設定をし、記事を書くごとに決める必要があります。

パーマリンクのおすすめ設定3ルール

パーマリンクのおすすめ設定には3つのルールがあります。

パーマリンクのおすすめ設定
  1. シンプルなURL構造にする
  2. 記事内容に合わせる
  3. 半角英字のみ使用する

以上3つのルールは、Googleも推奨しています。

これらを押さえておけばユーザーとSEO、どちらの面でも評価されやすいパーマリンクになりますよ。

シンプルなURL構造にする

パーマリンクはできる限りシンプルなURL構造にしましょう。

Googleも以下のように説明しています。

たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。http://www.example.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41daa6f849f730f1 のような URL 自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。

Googleヘルプ

もう少しかみ砕いて説明しますね。以下をご覧ください。

良い例と悪い例

(×)https://chiyo-blog.com/id=123&%xyz!?abcd975gjkl

(〇)https://chiyo-blog.com/permalink-setting

(×)は、内容がわからない複雑な文字列

(〇)は、記事の内容を表していてシンプル

パーマリンクをぱっと見たときに記事の内容がわからないと、ユーザビリティが悪い。よくわからない記事は『開かない』または『すぐに離脱する』可能性があります。

また、記事のURLが複雑だとGoogleのクローラーも巡回しづらい。それによってSEO評価がマイナスになることや、場合によってはインデックスされないことも。

クローラーとは、ネットに存在するウェブサイトや画像などの情報を取得して、検索データベースを自動的に作成する巡回プログラムのこと

パーマリンクはできる限りシンプルな構造にしましょう。

記事内容に合わせる

パーマリンクは記事内容に合わせましょう。

ユーザーが記事内容を把握しやすく、UX(ユーザーエクスペリエンス:ユーザー体験)が高まります。

SEO・UXの面でいうと『.com/カテゴリー/記事タイトル』がベスト!

ただし、カテゴリー名を変えたいと思ったときにすべての記事のURLを変更しなくてはいけないので、おすすめしません。

では、どうしたらいいか?

記事内容に合わせつつSEO・UXにも良い方法は、『.com/記事タイトル』がベター

例えば以下のとおり

パーマリンク例

  • カテゴリーを含む
    https://chiyo-blog.com/blog-start-up/permalink-setting
  • カテゴリーを含まない
    https://chiyo-blog.com/permalink-setting

カテゴリー名は入れず、パーマリンクは記事内容を反映する文字だけを入力しましょう。

半角英字のみ使用する

パーマリンクは半角英字のみを使用するようにしましょう。

以下のような記述はNG!

パーマリンクのNGな記述

  • 日本語を使用する
  • 数字を使用する

日本語を使用する

例えば以下のような日本語を使用したパーマリンク

https://chiyo-blog.com/パーマリンクの設定に関する記事

パーマリンクに日本語を使用すると記事内容はわかりやすい。でも、TwitterやFacebookなどSNSの投稿時、以下のように文字化けしてしまいます。

https://chiyo-blog.com/&%zvm864%$gjk

このような文字化けした文字列では、「このサイトはスパムなんじゃ?」と不安になりますよね。

アクセスに影響が出てしまうため、日本語の使用は避けるようにしましょう。

数字を使用する

次に数字を使用したパーマリンク

https://chiyo-blog.com/permalink-123

単純な数字の文字列を使用していて一見すっきりしていますが、数字の使用は控えましょう。

SEO面での影響はないといわれています。でも、指名検索(URLで検索)する際に数字の文字列があると入力しづらいため、UX(ユーザーエクスペリエンス)が悪く、検索されにくくなります。

ちなみに、パーマリンクには半角英字以外に『-(ハイフン)』や『_(アンダースコア)』をしようすることができます。

ただし、使用する際の注意点があり、Googleでは以下のように説明しています。

URL では区切り記号を使うと効果的です。 という URL の方が、 という URL よりずっとわかりやすくなります。URL にはアンダースコア(_)ではなくハイフン(-)を使用することをおすすめします。

Googleヘルプ

上記のように『_(アンダースコア)』は使用できても、SEO上では『-(ハイフン)』を使用するようにしましょう。

パーマリンクの設定を変更するリスク

「やばい!間違ったことしてた!」と、パーマリンクをいきなり変更しようとしてはいけません。

パーマリンク設定をあとで変更すると、次のような悪影響を及ぼすこともあります。

パーマリンク変更のリスク

  • リンクが無効になる
  • SEOの評価がゼロになる

ただし、パーマリンクをどうしても変更したい場合、変更後の対処法があるので併せて解説します。

リンクが無効になる

パーマリンクを変更すると変更前のリンクが無効になります。

ウェブページを開くことができなくなるため、以下のような2つのデメリットがあります。

デメリット

  • URLをブックマークしている人からのアクセスがなくなる
  • 相互リンクが無効になる

パーマリンク変更前のURLをブックマークしていた人からのアクセスがなくなります。もちろんブックマークからアクセスできなくなるので、アクセスが減りますね。

また、内部リンクであればなんとか修正も効きますが、他のサイトに被リンクされている場合は修正がほぼ不可能。せっかくの被リンクが無効となる可能性もあります。

SEOの評価がゼロになる

パーマリンクの変更で記事URLが無効になると、SEOの評価がゼロになります。

パーマリンク変更後のURLは、たとえ『-(ハイフン)』ひとつの変更でも、変更前のURLと別記事として認識されます。

せっかく評価されていた記事が1からやり直しと、ならないよう注意しましょう。

パーマリンク変更後の対処法『301リダイレクト』

パーマリンクをどうしても変更したい場合には、『301リダイレクト』という方法で評価を引き継ぐことができます。

301リダイレクトとは、変更前のURLが持っているSEO評価を引き継いで転送できる機能です。

301リダイレクトはプラグインでの設定がかんたん。

リダイレクトプラグイン

  • 301 Redirects
  • Redirection
  • Rank Math

ただし、301リダイレクトは1記事ずつの設定しかできません。複数記事のパーマリンク変更を修正する必要がある場合にはかなりの手間がかかります。

あくまで非常手段として、普段からパーマリンクは変更しないように心がけましょう。

パーマリンクの設定方法

最後にパーマリンクの設定方法を解説します。

手順は以下のとおり

パーマリンク設定手順
  1. 『設定』→『パーマリンク設定』を開く
  2. 『パーマリンク設定』を『投稿名』にする
  3. 『投稿画面』の右側にある『スラッグ』を変更する

1分以内に終わる設定なのでサクッと終わらせましょう。

①『設定』→『パーマリンク設定』を開く

パーマリンクの設定方法『設定』
ダッシュボードの『設定』
パーマリンクの設定方法『パーマリンク設定』
設定の『パーマリンク設定』

②『パーマリンク設定』を『投稿名』にする

パーマリンクの設定方法の詳細
パーマリンクの詳細設定
詳細な設定方法
  1. 『投稿名』をクリックする
  2. カスタム構造に『/%postname%/』が表示される
  3. 『変更を保存』をクリックする

③『投稿画面』の右側にある『スラッグ』を変更する

パーマリンクの設定方法『記事内』
記事内での変更方法

パーマリンクの設定はこれだけ。

すぐできるので、まだ設定してなかったという方は早めに設定しましょう。

パーマリンクのおすすめ設定まとめ

パーマリンクのおすすめ設定3つのルールを最後にもう一度まとめます。

パーマリンクのおすすめ設定

  • シンプルなURL構造にする
  • 記事内容に合わせる
  • 半角英字のみ使用する

これらの項目はGoogleも推奨しています。パーマリンクは決め方のポイントを押さえておけば、ユーザビリティが高くなり、SEOにも評価されやすくなります。

初期設定も1分でできるので後回しせず、ブログを立ち上げたらすぐに設定しましょう。

>>その他のSEO対策はコチラをチェック

nv-author-image

猛史 濱谷

複数サイトを運営しながら、サロンサポーター/ブログ個別指導/サイトスピード改善サービスなど行っています。WordPressに関すること(デザイン・カスタマイズ・テーマ・サーバーなど)が得意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です