Cloudflareの登録方法【CDNが誰でも無料から使える】

Cloudflareの登録方法【CDNが誰でも無料から使える】

「Cloudflareを利用したいけど登録方法がよく分からない」という人向けに、Cloudflareの登録方法を解説します。

Cloudflare(クラウドフレア)は数あるCDNサービスのなかで唯一無料で利用できるCDN。サイトの高速化やセキュリティを強化したい場合にとても有効なツールです。

それでは、さっそくCloudflareの登録方法を解説していきますね。

当サイト使用CDNサービス ▼

Bunny CDNの特徴

  • 強力なキャッシュでサイト表示速度を高速化
  • 初心者でも設定がかんたんにできる
  • CDNサービスの中でも圧倒的に安い
  • クレジットカード不要で14日間の無料体験

\ クレジットカード情報不要! /

Cloudflareとは

Cloudflareのロゴ

出典:Cloudflare公式サイト

Cloudflareとは、簡単な設定とDNS(ドメイン・ネーム・サーバー)の書き換えだけで、誰でも無料から使えるCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)を提供しているアメリカの企業です。

日本支社を含め世界各国に展開しているグローバルな企業のため利用者も非常に多く、僕もいくつかのサイトでCloudflareを利用しています。

Cloudflareの大きな特徴は以下のとおり

Cloudflareの特徴

  • サイト表示速度の高速化
  • セキュリティ強化

Cloudflareを使えば、利用しているレンタルサーバー内に保存されているデータ(画像・CSS
・Javascriptなど)を世界各地に配置しているCloudflareサーバーにキャッシュしておくことで、利用しているサーバー負荷を減らしてサイト表示を高速化することができます。

ファイヤウォールやコピー防止、IPアドレスをCloudflare独自のモノに変換してセキュリティ機能を高めることもできるため、DDos攻撃からの保護に有効的です。

Cloudflareの登録方法

Cloudflareの登録には以下の3ステップが必要です。

Cloudflareの登録手順
  1. Cloudflareのアカウント作成
  2. Cloudflareの初期設定
  3. Cloudflareのクイックスタート

Cloudflareのアカウント作成

Cloudflareのアカウントを作成するには、まずCloudflare公式サイトにアクセスします。

Cloudflare公式トップページ
Cloudflare公式トップページ

Sign upをクリックすると、アカウント作成画面に切り替わるので必要情報を入力します。

画面右上に言語選択項目があるので、日本語にしておくと後がラクなので変更しておきましょう。

Cloudflareのサインアップ画面
Cloudflareのサインアップ画面

Cloudflareの初期設定

ここからは、Cloudflareの初期設定を進めます。

①ドメイン名を登録する

まず、Cloudflareに追加するサイトのドメイン名を入力します。

※https:// は不要

Cloudflareへのサイト追加画面
Cloudflareへのサイト追加画面

②プランを選択する

ドメイン名を追加したら、Cloudflareのプランを選択に進みます。

プランの選択肢が4つあります。

  • PRO ⇒ $20/月
  • Business ⇒ $200/月
  • Enterprise ⇒ 問い合わせる
  • Free ⇒ $0

Freeプランを選択しましょう。

Cloudflareのプラン選択画面
Cloudflareのプラン選択画面

③DNSを設定する

続いてCloudflareのDNS設定を行う画面に移行します。

現在ドメインで設定されているネームサーバーを参照して、Cloudflareが自動で検出してくれます。

「DNSのみで使用したい」という場合は、『プロキシ済み』を『DNSのみ』に変換することで変更できますが、通常利用であればこの画面で操作することは特にありません。

※通常利用の場合は『プロキシ済み』となっていることが必要です。必ず確認しましょう

CloudflareのDNS設定
CloudflareのDNS設定

④ネームサーバーの変更をする

サイトがCloudflareのネームサーバーを参照するためには、ネームサーバーを変更する必要があります。

もともとドメインネームサーバーで登録していたネームサーバーが自動検出されて『次のネームサーバーを削除します』と表示されるため、それらを削除して、Cloudflareのネームサーバーを追加します。

Cloudflareのネームサーバー設定
Cloudflareのネームサーバー設定

この記事では『お名前.com』を例とします

『ネームサーバーを設定する』をクリックします。

※ムームードメイン、バリュードメイン、スタードメインなど各ドメイン提供サービスでも設定方法は同じです。各管理画面に沿って行ってください。

お名前ドットコムのネームサーバー選択
お名前ドットコムのネームサーバー選択

Cloudflareに登録するドメイン名を選択して、ネームサーバーの選択で『その他』を選択。Cloudflareのネームサーバーをそれぞれ1行に追加します。

  • brenda.ns.cloudflare.com
  • sonny.ns.cloudflare.com

お名前ドットコムのネームサーバー変更詳細
お名前ドットコムのネームサーバー変更詳細

上記の設定が完了したら、Cloudflareの画面に戻って『完了しました、ネームサーバーをチェックしてください』をクリックします。

ドメインネームサーバーのチェック
ドメインネームサーバーのチェック

ネームサーバーの設定が完了しました。次にクイックスタートガイドに移行します。

Cloudflareのクイックスタート

Cloudflareのクイックスタート設定をしていきます。

まず『始める』をクリックしましょう。

Cloudflareのクイックスタート
Cloudflareのクイックスタート

セキュリティ設定に移行しますが、デフォルトのままでOK。

Cloudflareのセキュリティ設定
Cloudflareのセキュリティ設定

続いてSSL化の設定をします。

『常にHTTPSを使用』を『オン』に設定して、保存をクリックします。

Cloudflareのhttps設定
Cloudflareのhttps設定

『パフォーマンスを最適化』では、Javascript・CSS・HTMLの縮小化を設定します。

サイト表示高速化の設定なので、すべてにチェックを入れておきましょう。

Cloudflareのパフォーマンス設定
Cloudflareのパフォーマンス設定

Brotli(ブロトリ)はGoogleが開発した圧縮アルゴリズムで、Gzip以上にコンテンツ圧縮して、サイト表示を高速化することができます。

Cloudflareでは無料プランでもBrotliを使用できるため『オン』にしておきましょう。

CloudflareのBrotli設定
CloudflareのBrotli設定

最後に、『終了』をクリックしてクイックスタートの設定を完了します。

Cloudflareのクイックスタート完了
Cloudflareのクイックスタート完了

以上でCloudflareの登録~設定は完了したので、ドメインのトップページに遷移します。

Cloudflareのドメイントップページ
Cloudflareのドメイントップページ

ネームサーバーの変更が反映されるまで上記のような画面なので、設定が反映されるまでしばらく待ちましょう。

Cloudflareのキャッシュ効果

Cloudflareのキャッシュ効果はどの程度なのか?

今回設定してみたサイトのデータ節約量をみてみましょう。

Cloudflareによるデータ節約量
Cloudflareによるデータ節約量

Cludflareによって、僕のウェブサイトは約41%のデータ量を節約できました。無料で利用できるサービスにも関わらずかなりのハイパフォーマンスですよね。

サーバーへのデータ転送負荷量を低減しようと下手にプラグインなどを操作してエラーを出してしまうリスクよりも、安全かつ高いパフォーマンス性です。

Cloudflareの登録方法まとめ

Cloudflareは誰でも無料で利用できるハイパフォーマンスのCDNサービスで、使わない手はありません。

最後にもう1度登録方法をまとめます。

Cloudflareの登録手順
  1. Cloudflareのアカウント作成
  2. Cloudflareの初期設定
  3. Cloudflareのクイックスタート

Cloudflareの登録は30分もかかりません。なんなら、僕は何度も設定しているので慣れていて5分でできます。そのくらい簡単なので、ぜひCloudflareを導入してみてくださいね!

最後に、Cloudflareと互換性のある高速キャッシュ系プラグインを紹介しておきます。

WP Rocket(ワードプレスロケット)

WP Rocket - WordPress Caching Plugin

WP Rocketは、CSSやJavascriptを最適化する有料プラグインです。

有料というとネックになるかもしれませんが、1サイトにつき月額換算500円以下で、アマゾンプライムよりも料金は安い。

WP Rocketを導入している僕の所有サイトの1つのLighthouseスコアは以下のとおりです。

Core Web Vitals(コアウェブバイタル)のスコア
Core Web Vitals(コアウェブバイタル)のスコア

WP Rocketだけで上のようなスコアになっているとはいえませんが、大きく寄与していることは間違いありません。

Core Web Vitals(コアウェブバイタル)を改善することで、SEOにおける検索順位やCVR(コンバージョン率)にも影響します。

Cloudflareと互換性があるため、併せて使用してみると効果を体感できますよ。

14日間の100%現金返済保証

>>WP Rocketのレビューはこちら

nv-author-image

猛史 濱谷

複数サイトを運営しながら、サロンサポーター/ブログ個別指導/サイトスピード改善サービスなど行っています。WordPressに関すること(デザイン・カスタマイズ・テーマ・サーバーなど)が得意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です