CORESERVER の評判・口コミ | デメリット3個とメリット10個

CORESERVER(コアサーバー)の評判・口コミは?格安・高速!フルスペックアップした実力を紹介

無料対象ドメインに最大3,124円の『.jp』が追加されました!

CORESERVER (コアサーバー)は、2007年から GMO デジロック社によって運営されている老舗のレンタルサーバーです。

最安217円/月から WordPress ブログを始められることから、『格安』と噂されることは多い。でも実は、2021年の大幅スペックアップにより、高性能サーバーとされるエックスサーバーや ConoHa WING にも引けを取らない性能を持った実力派サーバーとなりました。

そこでこの記事では、実際にコアサーバーを使用してみた僕が、コアサーバーの口コミと評判、メリット・デメリットを解説します。

レンタルサーバー選びに悩んでいる方は、レンタルサーバーおすすめ10選もチェックしてみて下さい。

▼20周年キャンペーン開催中▼

コアサーバー コアサーバー

新規契約20%オフ!
\ 今なら初期費用も無料になる /
初期費用 1,650円無料

2022年8月31日(水)23:59まで限定

タップできる目次

CORESERVER とは

CORESERVER (コアサーバー)とは、 GMO デジロック社が2007年から運営する、レンタルサーバーのこと。

エックスサーバーやさくらインターネットなどはコアサーバーよりも早くから運営されていますが、 ConoHa WING (コノハウィング)や mixhost (ミックスホスト)、 Colorfulbox (カラフルボックス)などの新興に比べて老舗に位置するホスティングサービスといえるでしょう。

コアサーバー V1 と V2 の違い

コアサーバーには、ユーザーニーズに合わせた CORE V1 、 CORE V2 という2つの CORE プランがあります。

CORE V1 プラン

CORE V1 プランは料金が非常に安いプラン。機能は最小限であるものの、まずは試しにブログを始めてみたいというような初心者におすすめのプランです。

CORE V1 プランの機能一覧

スクロールできます
 プランCORE-MINICORE ACORE BCORE C
初期費用無料無料無料無料
月額料金220円〜440円〜880円〜3,300円〜
無料
お試し期間
30日間30日間30日間30日間
容量200GB400GB600GB1,200GB
ファイル
上限数
600,0001,200,0002,400,0004,000,000
転送量無制限無制限無制限無制限
自動
バックアップ
オプション
150円/月

(7世代)
オプション
150円/月

(7世代)
オプション
150円/月

(7世代)

(15世代)
WordPress
簡単

インストール
WordPress
かんたん
セットアップ
WordPress
かんたん
移行
PHPPHP5/7/8PHP5/7/8PHP5/7/8PHP5/7/8
MySQL10無制限無制限無制限
無料SSL
OSLinuxLinuxLinuxLinux
CPU最大64コア最大64コア最大64コア最大64コア
メモリー最大1TB最大1TB最大1TB最大1TB
ストレージ
ピュアSSD
RAID
(クラス不明)
RAID
(クラス不明)
RAID
(クラス不明)
RAID
(クラス不明)
IPv独自IPv4独自IPv4独自IPv4独自IPv4
Web
サーバー
ApacheApacheApacheApache
 プランCORE-MINICORE ACORE BCORE C
初期費用無料無料無料無料
月額料金220円〜440円〜880円〜3,300円〜
無料お試し期間30日間30日間30日間30日間
容量200GB400GB600GB1,200GB
ファイル上限数600,0001,200,0002,400,0004,000,000
転送量無制限無制限無制限無制限
自動バックアップオプション
150円/月
(7世代)
オプション
150円/月
(7世代)
オプション
150円/月
(7世代)

(15世代)
WordPress
簡単インストール
WordPress
かんたんセットアップ
WordPress
かんたん移行
PHPPHP5/7/8PHP5/7/8PHP5/7/8PHP5/7/8
MySQL10無制限無制限無制限
無料SSL
OSLinuxLinuxLinuxLinux
CPU最大64コア最大64コア最大64コア最大64コア
メモリー最大1TB最大1TB最大1TB最大1TB
ストレージ
ピュアSSD
RAID(クラス不明)RAID(クラス不明)RAID(クラス不明)RAID(クラス不明)
IPv独自IPv4独自IPv4独自IPv4独自IPv4
Web サーバーApacheApacheApacheApache

IPv4、Apacheとサーバースペックは必要最低限ですが、最大64コアとCPUコア数はかなり多い!さらに、CORE-MINIプランであればWordPressブログを220円/月から始められるのは魅力的ですね。

CORE V2 プラン

CORE V2 プランは2021年1月18日に開始した新しいプラン。

正直スペックはかなり高く、性能だけ見ると業界最速級

これから WordPress ブログを始める方は見逃せない、もっともおすすめのプランです。

CORE V2 プランの機能一覧

スクロールできます
 プランCORE-XCORE-YCORE-Z
初期費用1,650円1,650円1,650円
月額料金390円〜690円〜1,990円〜
無料
お試し期間
30日間30日間30日間
独自ドメイン永年無料永年無料永年無料
容量300GB500GB800GB
ファイル
上限数
1,000,0002,000,0004,000,000
転送量10TB
※規定量まで
無制限
20T
※規定量まで
無制限
30T
※規定量まで
無制限
自動
バックアップ

(15世代)

(15世代)

(15世代)
WordPress
簡単
インストール
WordPress
かんたん
セットアップ
WordPress
かんたん移行
PHPPHP5/7/8PHP5/7/8PHP5/7/8
MySQL無制限無制限無制限
無料SSL
HTTP/3
OSLinuxLinuxLinux
CPU最大64コア最大64コア最大64コア
メモリー最大1TB最大1TB最大1TB
ストレージ
SSD
RAID10RAID10RAID10
IPv共有 IPv6
※独自IPv6対応予定
共有 IPv6
※独自IPv6対応予定
共有 IPv6
※独自IPv6対応予定
Web
サーバー
LiteSpeedLiteSpeedLiteSpeed
 プランCORE-XCORE-YCORE-Z
初期費用1,650円1,650円1,650円
月額料金390円〜690円〜1,990円〜
無料お試し期間30日間30日間30日間
独自ドメイン永年無料永年無料永年無料
容量300GB500GB800GB
ファイル上限数1,000,0002,000,0004,000,000
転送量10TB
※規定量まで
無制限
20T
※規定量まで
無制限
30T
※規定量まで
無制限
自動バックアップ
(15世代)

(15世代)

(15世代)
WordPress
簡単インストール
WordPress
かんたんセットアップ
WordPress
かんたん移行
PHPPHP5/7/8PHP5/7/8PHP5/7/8
MySQL無制限無制限無制限
無料SSL
HTTP/3
OSLinuxLinuxLinux
CPU最大64コア最大64コア最大64コア
メモリー最大1TB最大1TB最大1TB
ストレージSSD RAID10SSD RAID10SSD RAID10
IPv共有 IPv6
※独自 IPv6 対応予定
共有 IPv6
※独自 IPv6 対応予定
共有 IPv6
※独自 IPv6 対応予定
Web サーバーLiteSpeedLiteSpeedLiteSpeed

業界最速級のサーバースペックに加えて、月額料金はとてもリーズナブル。それでいて独自ドメイン1つを永年無料で使用できるとなるという大盤振る舞いです。

CORE V1プランを先に紹介しておいてなんですが、これから WordPress ブログを始めるなら CORE V2 プランで決まりですね。

>> コアサーバー 公式サイトはこちら
今なら20%オフ&初期費用無料!8月31日23:59まで限定

CORESERVER 悪い評判 | デメリット3個

CORESERVER (コアサーバー)は非常に魅力的なサーバーの1つですが、もちろん悪い評判もきかれます。

まずは、悪い評判として聞かれるデメリット2つから見ていきましょう。

デメリット ①: CORE V1 はサーバースペックが必要最低限

CORESERVER (コアサーバー)の CORE V1 プランはCPU 最大64コア、メモリ最大1TBと大容量ですが、その他サーバースペックが WordPress ブログを行う上での必要最低限レベルということ。

Webサーバーは Apache は、サーバー処理能力がもっとも低いとされています。

とはいえ、月額220円から利用できる点でいえば、充分なサーバースペックを要していると言えるでしょう。

デメリット ②: CORE V1 はサーバー障害の口コミが多い | 稼働率は非公開

CORESERVER (コアサーバー)の CORE V1 プランは、サーバー障害の報告が多く聞かれます。

例えば以下の Twitter 投稿をご覧ください。

これらのように、サーバー障害の報告が見られます。

WordPress ブログを運営する上でサーバーの安定稼働は必須条件のようなもの。障害が多いというのは大きなデメリットと言えます。

ただ、サポートがきちんとしていたという意見も見られますね。また、コアサーバーは CORE V1 の障害報告を行っています( V2 はまだ運営が浅い)が、他サーバーと比較して特別に多く発生しているという印象は受けませんでした

CORE V2 であればセキュリティ性能、サーバースペックも高いため今後の安定稼働が見込めるのではないかと思われます。

コアサーバー障害メンテナンス情報

デメリット ③: CORE V2 プランは初期費用がかかる

コアサーバーは V1 プランはすべて初期費用無料ですが、逆に V2 プランは全プランで初期費用が1,650円かかります。

母体が同 GMO の ConoHa WING 、競合他社エックスサーバーの別ブランドであるシン・レンタルサーバーは初期費用が無料なので、1,650円の初期費用はデメリットと言えます。

ただ、コアサーバーの CORE V2 プランは30日間無料体験ができ、月額も390円 〜と他社サーバーよりお得になっているため、初期費用1,650円はそれほど気になりません。

※ドメインを一緒に取得すると初期費用は無料になります

>> コアサーバー 公式サイトはこちら
今なら20%オフ&初期費用無料!8月31日23:59まで限定

CORESERVER 良い評判 | メリット10個

CORESERVER (コアサーバー)には良い評判もあり、利用するメリットとしては10個あります。

メリット ①: CORE-MINI プランで格安でブログを始められる

CORE-MINI プランであれば、月額217円~ WordPress ブログを始めることができます。

サーバースペックは必要最低限であると言いましたが、同価格帯のバリューサーバーのエコプランと比較してみてもかなりハイスペックです。

CORE-MINI とエコプラン比較

 プランORE-MINI
(コアサーバー)
エコプラン
(バリューサーバー)
初期費用無料1100円
月額料金220円183円
無料
お試し期間
30日10日
容量200GB50GB
ファイル
上限数
600,000250,000
PHP
バージョン
7.45.6
MySQL101
OSLinuxLinux
CPU最大64コア8コア
メモリー1TB96GB
ストレージRAIDRAID
※ SSD + SAS
IPvIPv4不明
Web
サーバー
ApacheApache
CORE-MINI とエコプラン比較
 プランORE-MINI(コアサーバー)エコプラン(バリューサーバー)
初期費用無料1100円
月額料金220円183円
無料お試し期間30日10日
容量200GB50GB
ファイル上限数600,000250,000
PHP7.45.6
MySQL101
OSLinuxLinux
CPU最大64コア8コア
メモリー1TB96GB
ストレージRAIDRAID ( SSD + SAS )
IPvIPv4不明
WebサーバーApacheApache
CORE-MINI とエコプラン比較

このように CORE-MINI プランでも WordPress ブログを始めるスペックは備わっているため、初心者でも安心して取り組むことができますよ。

メリット ②: WordPress の導入が初心者でもかんたん

コアサーバーでホームページを作成

上の動画を見てわかるように、 CORESERVER (コアサーバー)では WordPress を1分で始めることができます。ドメイン取得時に『申し込みと同時に設置する』にチェックを入れるだけ。

Value Domain の申し込み画面

コアサーバーのWordPress簡単インスト―ル
コアサーバーの WordPress 簡単インスト―ル

スムーズに行けば WordPress を1分、仮に手間取っても3分あればできるでしょう。

難しい操作はないので、初心者でもかんたんに WordPress ブログを導入することができます。

CORE V2 プラン提供開始時は、申し込みと同時に WordPress インストールすることはできませんでしたが、 CORE V2 プランでも可能になりました。

メリット ③:管理画面が見やすく操作しやすい

コアサーバーのダッシュボード画面
コアサーバーのダッシュボード画面

CORESERVER (コアサーバー)は、管理画面が刷新されて見やすく操作しやすくなりました。

管理画面は画面上の文字情報も少なくすっきりしている上に、目的の項目を探すのもかんたんです。

コアサーバー管理画面メニュー一覧
コアサーバー管理画面メニュー一覧

メリット ④:サーバー運用歴が長く実績がある

CORESERVER (コアサーバー)は、サーバー運用歴が長いため実績があります。

冒頭でも説明したように、コアサーバーは2007年から運用開始されています。レンタルサーバーの王道と呼ばれるエックスサーバーが2003年運用開始なので、それに追随する形で運用が開始されています。

ConoHa WING と Colorfulbox は2018年、 mixhost が2016年なので、それらに比べてサーバー運用歴が長く、レンタルサーバー運用の実績を積んでいると言えるでしょう。

メリット ⑤:サポートが充実している

コアサーバーのサポート体制
コアサーバーのサポート体制

CORESERVER (コアサーバー)はサポート体制が充実しています。

残念ながら電話サポートは一部のプランでしか対応していません。ただ、メンテナンス情報やマニュアルの公開はもちろんのこと、お問い合わせメールやリアルタイムで困ったときにライブチャットも可能!

僕も1度お問い合わせを送信してみましたが、メールアドレスに返信通知が送られてきて、お問い合わせフォーム内に回答が来ているという感じです。

やり取りはお問い合わせフォーム内ですが、メール通知が来るのでこちらも見落とすことがなく、やり取りがスムーズに進みますよ。

メリット ⑥: IPv6 接続に対応している

コアサーバーの CORE V2 は新しいインターネット通信規格 IPv6 ( Internet Protocol Version 6 )によるサーバー接続が可能!

IP (インターネットプロトコル)は IPv4 と IPv6 がありますが、 IPv4 よりも IPv6 の通信網数が莫大なため回線混雑によるアクセス遅延が起こりにくくなります

エックスサーバー、 ConoHa WING 、ロリポップなど競合他社サーバーは IPv4 にしか対応していないため、 IPv6 接続を可能にしていることはコアサーバーの大きなメリットの1つと言えるでしょう。

メリット ⑦: HTTP/3 による QUIC が利用できる

QUIC
QUIC トップページ画面

コアサーバーの CORE V2 は HTTP/3 という従来の HTTP/2 よりも高速のプロトコルを備えており、 QUIC ( Quick UDP Internet Connections :クイック)が利用できるようになります。

QUIC は Google が Web アクセスを高速化するために開発した技術で、 HTTP/3 環境でないと利用することができません

この HTTP/3 プロトコルは、エックスサーバーや ConoHa WING といった競合他社には備わっていない機能!コアサーバー CORE V2 はさすがの最新機能といったところですね!

メリット ⑧: CORE V2 プランならバックアップ機能付き

CORE V1 ではデフォルトで CORE C プランしかバックアップ機能がついていませんが、 CORE V2 にはどのプランでも自動バックアップ機能が設置されています。

バックアップスケジュール設定画面
バックアップスケジュール設定画面

このようにバックアップスケジュールを自分で決めることができます。

また、バックアップしたファイルはバックアップサーバーから簡単にダウンロードすることができますよ。

コアサーバーのバックアップサーバー画面
バックアップサーバー画面

サーバー側で自動バックアップファイルがない場合、万が一に備えて BackWpup や UpdraftPlus などのバックアッププラグインを自分で設定しないといけません。

自動バックアップファイルが備わっているというのは、かなりの安心材料になりますよね。

メリット ⑨:独自ドメインを1つ永久無料で使える

CORE V2 であれば、独自ドメインを1つ永久無料で取得することができます。

このような独自ドメイン無料というのは、エックスサーバーや mixhost など他社のレンタルサーバーでもキャンペーンで実施していたりします。

ConoHa WING では WING パックで、常に独自ドメインを2つ無料(2つ目は取得できる TLD に制限がある)で取得できますが、あくまで新規ドメイン取得に限る。

CORE V2 では、新規取得ドメインはもちろんのこと、すでに取得済みのドメインも V2 サーバーと紐づけることで無料ドメインとして扱うことが可能

「新規でドメインを取得するつもりはないけど、ドメイン料金を抑えたい」という人にとって、かなり嬉しい特典ではないでしょうか。

メリット ⑩: CORE V2 プランは高速サーバー性能がある

CORESERVER (コアサーバー)の CORE V2 は、はっきり言って高速性能サーバーです。

Web サーバーのスペックは単純にいうと以下のよう

Webサーバーの優劣
Webサーバーの比較

Apache を補うために開発されたのが Nginx で、 Nginx を補うために開発されたのが Lightspeed 。

もちろんそんなに単純な話ではありませんが、開発過程から言うと Lightspeed が最速と言えます。

CORE V2 は HTTP/3 対応に加えて CPU とメモリー数も主要サーバーで最高値。 CORE V2 の機能一覧で紹介したスペックだけで見ると、国内最速と謳う(うたう)すべてのレンタルサーバーのスペックを上回っています

そこで、実際に Team Viewer ウェブモニタリングでサーバー速度を測定してみました。

コアサーバーのページ表示速度
コアサーバーのページ表示速度
応答速度ページロード
185.67ms710.01ms

【計測条件】
WordPress インストール初期状態
Core-Y プラン

【計測環境】

Team Viewer ウェブモニタリングによる3日間の計測

コアサーバーの速度を実測すると、応答速度は185.67msで競合他社と比較して少し見劣りはするものの、ページロードは1秒を切り710.01msと充分に高速です!

3日間で1秒以上のタイムアウトを計測したのはわずか9回で、他社サーバーと比較してもかなり安定したサーバー稼働を実現しています。自社で『次世代』と銘打つ名に恥じないサーバー性能でした!

>> コアサーバー 公式サイトはこちら
今なら20%オフ&初期費用無料!8月31日23:59まで限定

CORESERVER の口コミ | Twitter から

Twitterで挙げられているコアサーバーの口コミをピックアップしました。

悪い口コミ

VPS が使えないといった声や、管理画面が使いづらいといった声があります。

また、障害が発生しているという口コミも比較的多くみられました。ただ、障害は他社サーバーと比較して特別多くもないことや、 V2 プランでの障害口コミは確認されませんでした

管理画面について僕は使いやすいと感じましたが、使いにくいと感じる方もいるようですね。別のサーバーを1度使っている方は以前のサーバーとの違和感もあるので、初めての方はそれほど気にならないと思われます。

良い口コミ

やはりサーバースペックは非常に高く、表示速度の速さを体感している人が多いですね。コアサーバー V2 が無料にしている独自ドメインもかなり好評のようです。

最新スペック・サイト表示速度を高速化したい人に、コアサーバーは最適ですね!

CORESERVER がおすすめな人・おすすめしない人

おすすめな人
  • サーバーをなるべく安く使いたい
  • サイト表示速度を速くしたい
  • 最新のサーバー機能を使いたい
  • WordPress ブログの開設が不安
おすすめしない人
  • 利用者数が多いサーバーを使いたい
  • アダルトサイトを運営したい
  • サーバー環境を自分でカスタマイズしたい
  • 公式からのサポートはあまり必要ない

エックスサーバーやロリポップなどと比較して利用者数は少ない。利用者数の多いサーバーの方が、何か問題があってネット検索をした時も多くの経験談を閲覧できる可能性があります。

また、アダルト分野はテキストのみであればOKですが動的なサイト運営はNGとされています。アダルトサイトを運営したい方は、ミックスホストやカラフルボックスを選ぶ方が良いでしょう。

ただ、コアサーバーは最新機能を備えた業界最安値レベルのレンタルサーバーで、 WordPress ブログの開設もかんたん。僕もいくつかのサイトでコアサーバーを利用していて、とても快適なのでおすすめです。

>> コアサーバー 公式サイトはこちら
今なら20%オフ&初期費用無料!8月31日23:59まで限定

CORESERVER のよくある質問

  1. コアサーバーは初心者でも使いやすい?

    はい、初心者でも使いやすいです。
    サーバーの契約と同時にドメインを取得でき、 WordPress ブログも自動で設定してくれます。

  2. 他社サーバーからの移行はかんたん?

    はい、サーバー移行も簡単です。
    WordPress 簡単移行サービスを利用すれば、必要な項目にチェックを入れるだけ移行できます。

  3. コアサーバーは障害が多い?

    障害が多いという口コミは多いです。
    ただ、複数サーバーを利用してみましたが、他社サーバーと比較して特別多いということはありません。また、 CORE V2 プランでの障害口コミは聞かれません。

  4. セキュリティは大丈夫?

    無料SSL 、IP アクセス制限、ディレクトリ制限、 WAF( Webアプリケーションファイアウォール)など、セキュリティは万全。安心してサイト運営できます。
    ※ WA Fは CORE V2 のみ対応

  5. 解約方法は?すぐに解約できる?

    Value Domain のコントロールパネル内からいつでも解約で来ます。
    ただし、契約期間内の解約でも返金はありません。
    ※コアサーバーに限らず他社も同様

  6. 料金の支払い方法は?

    支払い方法は、クレジットカード、銀行決済など多様です。
    詳しくは『お支払い方法(コアサーバー公式サイト)』をご覧ください。

  7. クーポン割引やキャンペーンはある?

    現在は開催していません。
    たまに初期費用無料やサーバー1年無料キャンペーンなど開催していることがあります。

CORESERVER V2 CORE-Y プランがコスパ最強

これからコアサーバーを使うなら、断然 V2 CORE-Y プランがおすすめです。

CORE V1 のような格安プランであれば、ブログ・アフィリエイトを始めるハードルも低いため、初心者は取り入れやすいでしょう。でも、サーバー性能、特に速度と安定性は SEO においてとても大切な要素

もしブログ・アフィリエイトで収益化する目的でコアサーバーを使うなら、速度・安定性・低コストを備えた V2 プランを選択すべき。

なかでも、 CORE-Y プランは高速・安定性能に加えて月額690円〜と他社の同性能サーバーよりもリーズナブルに使用できます。

「すでにプランを決めている!」などでなければ、 V2 CORE-Y プランを試してみて下さい。

>> コアサーバー 公式サイトはこちら
今なら20%オフ&初期費用無料!8月31日23:59まで限定

CORESERVER 評判・口コミまとめ

CORESERVER (コアサーバー)の特徴と口コミ評判を紹介しました。

最後に、悪い・良い口コミ評判を再度まとめますね。

コアサーバー 悪い評判 | デメリット
  • CORE V1 はスペックが必要最低限
  • CORE V1 は障害の口コミが多い
  • CORE V2 プランは初期費用がかかる
コアサーバー 良い評判 | メリット
  • CORE-MINI プランで格安でブログを始められる
  • WordPress の導入が初心者でもかんたん
  • 管理画面が見やすく操作しやすい
  • サーバー運用歴が長く実績がある
  • サポートが充実している
  • IPv6 接続に対応している
  • HTTP/3 による QUIC が利用できる
  • CORE V2 プランならバックアップ機能付き
  • 独自ドメインを1つ永久無料で使える
  • CORE V2 プランは高速サーバー性能がある

口コミや評判の内容を踏まえて、コアサーバーは以下のような人に向いています。

コアサーバー おすすめな人
  • 初めてブログを開設する人
  • 格安でそれなりにスペック良いサーバーを使いたい人
  • 手厚いサポートを受けて運営したい人
  • 使用中のサーバー速度に不満がある人
  • とにかく速いサーバー処理性能が良い人

コアサーバーを使用してみようかな、興味があるなという方は、30日間無料で体験できるのでぜひ試してみて下さい。無料体験にはクレジットカード情報も必要ないため、勝手に料金が引かれることもありません。

最新の国内最速レベル CORE V2 も30日間体験できるので、じっくり検討することができます。

>> コアサーバー 公式サイトはこちら
今なら20%オフ&初期費用無料!8月31日23:59まで限定

役に立った!と思ったら他の人にシェアしよう
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次