ブログの初期費用と年間費用【当サイトの実例も紹介】

ブログ運営の初期費用と年間費用【当サイトの実例も紹介】
  • URLをコピーしました!

この記事では、 WordPress(ワードプレス)でブログを始めるのに、初期費用や年間費用がいくらするのかを解説します。

小遣い稼ぎあるいは収入の柱を作りたいと思う人でも、できれば初期投資は抑えておきたいところ。ブログ運営でかかる初期費用や年間費用も気になりますよね。

結論から言うと、 WordPress ブログの初期費用は無料、年間費用は約1万円ほどで運営できます。

その内訳について以下で詳細に解説していきます。

タップできる目次

ブログの初期費用と年間費用は?

ブログの初期費用と年間費用について、当サイトの年間費用をまずは紹介します。

当サイトの年間費用
  • レンタルサーバー( ConoHa WING ): 10,560円/年(3年契約)
  • 独自ドメイン:無料(レンタルサーバーとセット)
  • WordPress テーマ:0円(1回17,600円で買い切り
  • 有料プラグイン:$59/年(約6,700円

※ ライセンス制限ないため、他サイトで使いまわしできる

年間合計:17,260円

当サイトの事例では月換算で1,438円します。

ただ、有料プラグインを使用しているため少し年間費用が上がっていますが、ブログ運営だけで考えるとレンタルサーバー費用の10,560円/年のみ。年間1,000円を割り込んでいます

有料プラグインを除いた、純粋なブログ運営のみの費用内訳は以下のとおり。

項目費用
レンタル
サーバー
無料
ドメイン2つ無料
テーマ17,600円
初期費用の合計17,600円
ブログの初期費用の内訳
項目費用
レンタルサーバー無料
ドメイン2つ無料
テーマ17,600円
初期費用の合計17,600円
ブログの初期費用の内訳

※有料テーマを購入した場合は概ね1万円~、無料テーマなら費用はかかりません

項目費用
レンタル
サーバー
880円/月
ドメイン2つ無料
テーマ無料~
ブログの年間費用10,560円
ブログの年間費用の内訳
項目費用
レンタルサーバー880円/月
ドメイン2つ無料
テーマ無料
ブログの年間費用10,560円
ブログの年間費用の内訳

WordPress ブログの場合、初期費用無料~・年間費用約1万円~で運営することができます

初期費用無料のレンタルサーバー&無料テーマを使用すれば、初期費用は一切かかりません

レンタルサーバー料金の詳細

WordPress ブログの開設にはレンタルサーバーの契約が必須ですが、主なレンタルサーバーは以下のとおり。

よく比較される5つのサーバーですが、やはりコストパフォーマンスでは ConoHa WING がおすすめです。

純粋なサーバースペックだけでいえばエックスサーバーが高性能。これは間違いありません。

でも、 ConoHa WING はハイスペックな上に料金も880円/月~、加えて独自ドメインを2つも永年無料でもらえます。僕も ConoHa WING を使って運営しています。

Webサイト制作応援キャンペーン!

000000038395impression?a id=1949330&p id=2312&pc id=4967&pl id=38395

ベーシック12ヶ月以上の契約で

最大50%オフになる /
1,320円/月 660円/月

※2022年5月16日(月)18:00まで

>> ConoHa WING 評判/口コミはこちら

どうしてもレンタルサーバー費用をもっと抑えたい場合、エクスリアは100円/月~、さくらインターネットは400円/月~使用することができます。

ただし、サーバー性能はサイトスピード・パフォーマンスに大きく関わるため、あまり月額料金が安すぎるレンタルサーバーはおすすめしません。あとで間違いなく後悔します

ドメイン料金の詳細

WordPress ブログを開設するには、レンタルサーバーと共にドメインの取得が必須です。

ドメインの取得は、ドメイン取得サービスを利用するか、レンタルサーバーとセットで取得するか。

例えば、ドメイン取得サービスで有名な『お名前.com』のドメイン費用。

ドメイン名初年度費用2年目費用
更新費用
.com1円1,408円
.online70円5,478円
.site50円4,378円
.fun90円3,278円
お名前.comのドメイン初期費用と更新費用
ドメイン名初年度費用2年目費用
更新費用
.com1円1,408円
.online70円5,478円
.site50円4,378円
.fun90円3,278円
お名前.comのドメイン初期費用と更新費用

以上のように、初年度費用はかなり安く設定されていますが、2年目以降・更新費用が跳ね上がります。

ドメインは基本的に年間払いですが、支払い忘れてしまうとドメインが停止して、せっかく育てたサイトも閲覧できなくなってしまうなんてことも。

更新費用がかからないことや、支払い忘れ防止のために、レンタルサーバーとセットで取得するのが1番お得かつ安心です。

>> ConoHa WING 公式サイトはこちらimpression?a id=1949330&p id=2312&pc id=4967&pl id=30490
今だけ最大50%オフ!2022年5月16日(月)18:00まで

WordPress テーマ料金の詳細

WordPressテーマの費用は、有料テーマか無料テーマかで大きく変わってきます。

※筆者は10以上の有料テーマを操作したことがあります

※すべて使用経験あり

おしゃれなデザインを簡単に作成する、プラグインに依存しない機能が欲しい、などであれば有料テーマがおすすめ。

でも、ブログの収益化という点でいえば、 SEO のメリットなどはどのテーマもあまり変わりないため、無料テーマでも充分です。 SEO を理由に有料テーマを選ぶ必要はありません。

ただし、あとからテーマ変更をするのはかなり骨が折れるので、テーマ選びは慎重に行ったほうが良いでしょう。当サイトでは有料 WordPress テーマ『 SWELL 』を使用しています。

SWELL – シンプル美と機能性両立を両立させた、圧巻のWordPressテーマ
販売価格:17,600円(税込)
※ライセンス制限なし

※海外テーマを敬遠する声もありますが、設定に日本語対応していないだけで非常に優秀なテーマが数知れずあります。 検索しても事例が少ないというデメリットもありますが、公式サイトに問い合わせれば手厚いサポートを受けられるので、問題ありません。
上に挙げた、 ASTRA(アストラ) / Neve(ネーブ)は海外テーマです。興味があればぜひトライしてみて下さい。

サーバー・ドメイン・テーマ以外にかかる可能性のある費用

WordPress ブログの運営に必要な基本的な費用は、先述したとおりサーバー・ドメイン・テーマです。

でも、ブログを収益化していくうえで、他にかかる可能性のある費用があります。

サーバー・ドメイン・テーマ
以外にかかる費用
  • 検索順位チェックツール
  • 画像編集ソフト・ライブラリ
  • 有料プラグイン

上記の中でも、検索順位はブログの収益化に非常に重要です。検索順位チェックツールがないと自分のサイトの正確な立ち位置が把握できない、ため検索順位チェックツールは初期からの導入がおすすめ

いろんな種類のものがありますが、安価でシンプル高機能、凡庸性の高い検索順位チェックツールは『 GRC 』です。

年払いで4,950円から使用可能な検索順位チェックツールなので、ぜひ予算に GRC を含んでみて下さい。

検索順位チェックツールの定番

ブログの初期費用と年間費用まとめ

WordPress ブログを始めるときの初期費用・年間費用は以下のとおりです。

ブログの初期費用&年間費用
  • レンタルサーバー費用
    初期費用:無料
    月額1,000円以下
  • ドメイン費用
    初期費用・更新費:無料
  • テーマ費用
    無料(有料テーマは1万円前後~)

ブログは初期費用無料で、月々の支払いも約1,000円ほどと維持費もかなりリーズナブルに始めることができます。

僕は1年以内にブログで月収6桁を越え続けているので、有料テーマ・プラグイン、検索順位チェックツールの費用もすぐに回収できました。そういう僕もブログを始めるまで PC ど素人

ブログにかかる費用が気になってなかなか動けなかったという方も、ぜひブログを始めて収益化し、生活の質をワンランクアップさせましょう!

>> ConoHa WING でのブログの始め方はこちら

役に立った!と思ったら他の人にシェアしよう
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
タップできる目次
閉じる