ConoHa VPS で WEXAL を設定して、WordPress サイトを高速化する方法!

WordPress サイトを高速化!ConoHa VPS で WEXAL を設定する方法

KUSANAGI と合わせて サイト表示速度を高速化するシステム『 WEXAL(ウェクサル)を ConoHa VPS で設定する方法を解説します。

ConoHa VPS で WEXAL を設定するには少しのコマンド技術が必要ですが、この記事に沿って行えば問題なく設定できます。

まだ、KUSANAGI 環境の WordPress サイトを開設していない方はこちらの記事を先にご覧ください。
>> ConoHa VPS で KUSANAGI 環境の WordPress サイトを作る方法

▼ 初心者でも使いやすいVPS ▼

000000033159impression?a id=2665300&p id=2540&pc id=5631&pl id=33159

最大26%オフキャンペーン
4GB 3,608円/月2,643円/月〜

※ 初期費用はすべてのプランで無料

>> ConoHa VPS 評判とデメリット/メリット!マイクラ & KUSANAGI の設定もかんたん

ConoHa VPS と同じく GMO が提供する「ConoHa WING」では、WEXAL をワンクリックで導入できます。少しでも手間なくサイト表示を高速化したい初心者には ConoHa WING がオススメ!

ConoHa WING の詳細はこちら
>> ConoHa WING 評判/口コミとデメリット&メリット

タップできる目次

WEXAL とは

WEXAL のイメージ図

出典:WEXAL 公式サイト

WEXAL とは正式名称『WEXAL®  Page Speed Technology』と言い、 KUSANAGI を有するプライム・ストラテジー社が開発・提供する Web サイト高速化エンジンのこと。

WEXAL は戦略AI がブラウザに合わせて自動で画像や CSS / JS のようなリソースを圧縮し、軽量化・転送量を削減します。

KUSANAGI と合わせることで、Web サイトを超高速にして 検索ランキング要素の『Core Web Vitals』や Google が提供するスピード測定『Page Speed Insights』を改善可能

「コードがわからない」「プラグイン設定がわからない」と、もう頭を抱える必要がなくなります。

WEXAL を ConoHa VPS で設定する手順

WEXAL ステータスON

WEXAL を ConoHa VPS で設定する手順を解説します。
※ 個人サイトで使用する場合の手順になります

  1. VPS アップグレードをクリックする

    KUSANAGI マネージャー Upgrade

    KUSANAGI マネージャーを開いて[アップグレード]をクリックして『KUSANAGI Marketplace』を開きます。

  2. KUSANAGI パーソナルライセンスを選択する

    KUSANAGI マーケットのプラン選択画面

    KUSANAGI マーケット内の『KUSANAGI パーソナルライセンス』をクリックします。

  3. KUSANAGI パーソナルライセンスをカートに追加する

    KUSANAGI マーケットのパーソナルプラン

    [カートに追加]をクリックして、KUSANAGI パーソナルライセンスをカートに入れます。
    ※エディションは[Business] [Premium]がありますが、通常は[Premium]でOK

  4. KUSANAGI パーソナルライセンスの料金支払いへ進む

    KUSANAGI マーケットのカート内

    [お支払いへ進む]をクリックして、KUSANAGI パーソナルライセンスの料金支払いに進みます。
    ※個人使用の場合は無料(法人使用は3,000円/月〜)

  5. 請求先情報を入力してKUSANAGI パーソナルライセンスを注文する

    KUSANAGI マーケットの購入情報詳細入力画面

    請求先情報を入力して、入力情報に問題がなければ『利用規約』に必ずチェックを入れて[注文する]をクリックします。

  6. KUSANAGI パーソナルプランの注文完了を確認する

    KUSANAGI パーソナルプラン購入完了画面

    KUSANAGI パーソナルプランの注文完了画面が表示されるため内容を確認します。

  7. サブスクリプションキーを確認する

    KUSANAGI マーケットプレイス マイアカウント画面

    KUSANAGI マーケットプレイスのマイアカウント画面で『サブスクリプションキー』を確認します(後で使います)。

  8. VPS コンソールをクリックする

    KUSANAGI マネージャー VPS コンソール

    ConoHa VPS のコントロールパネルに戻り[コンソール]をクリックして、コンソール画面を開きます。

  9. VPS にログインする

    VPS コンソール画面①

    login:root
    password:サーバー契約時に設定したパスワード

  10. VPS 初期画面を開く

    VPS コンソール画面②

    VPS 初期画面に『KUSANAGI』と表示されます。

  11. アップグレードする

    VPS コンソール画面③

    kusanagi upgrade kusanagi –edition premium –use personal –key xxxx-xxxx-xxxx-xxxx を入力して、プレミアムにアップグレードします。
    ※keyはKUSANAGI マーケットプレイスのマイアカウントで確認したサブスクリプションキー

  12. WEXAL をインストールする

    VPS コンソール画面④

    yum install kusanagi-prem3 を入力して、WEXAL をインストールする。
    ※prem3 はWEXAL のバージョン 3.0のこと

  13. ドメインのディレクトリを開く

    VPS コンソール画面⑤

    cd /home/kusanagi/ドメイン名 を入力して、ドメインのディレクトリを開きます。

  14. WEXAL の初期設定をする

    VPS コンソール画面⑥

    pst init を入力して、WEXAL の初期設定をします。

  15. WEXAL を有効化する

    VPS コンソール画面⑦

    pst on を入力して、WEXAL を有効化します。

以上で、WEXAL をインストール/有効化できました。

#の後に、 pst status を入力すれば起動状態を確認でき、WEXAL Page Speed Technology = on と表示されれば問題ありません。

WEXAL を実際に導入してみた効果

WEXAL を KUSANAGI 環境の WordPress に導入してみて、実際にGoogle の Page Speed Insights でサイト表示速度を測定してみました。スコアは以下の通りです。

KUSANAGI × WEXAL で構築した WordPress サイトの表示速度
KUSANAGI × WEXAL で構築した WordPress サイトの表示速度
速度測定環境
  • WordPress バージョン:5.9.3
  • テーマ:Twenty Twenty-two
  • プラグイン:デフォルト
  • デバイス環境:macOS Monterery 12.3.1

初期の WordPress 環境ではありますが、スコア100で Core Web Vitals の LCP / FCP / CLS は優良のグリーンです。

KUSANAGI × WEXAL 環境の WordPress は超高速と言えますね。

WEXAL で WordPress サイト高速化まとめ

WEXAL は戦略 AI により自動で余計なリソースを検知してサイトを軽量化・転送量を削減してくれます。

VPS で導入する場合はコマンド技術が少し必要ですが、複雑なプラグイン設定やコードの編集は一切必要ありません。

今回紹介した方法に沿って導入すれば、初心者でも問題なく WEXAL をインストール・有効化できるため、ぜひあなたのサイトを 検索エンジンにもユーザーにも優れた UI 設計にしましょう!

>> ConoHa VPS 公式サイトはこちらimpression?a id=2665300&p id=2540&pc id=5631&pl id=32722
※2022年8月8日(月)まで!VPS割引きっぷが最大26%オフ

ConoHa VPS と同じく GMO が提供する「ConoHa WING」では、WEXAL をワンクリックで導入できます。少しでも手間なくサイト表示を高速化したい初心者には ConoHa WING がオススメ!

役に立った!と思ったら他の人にシェアしよう
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次