ピンタレスト動画ピンのものすごい3つの効果【ライバルと差をつける活用方法】

この記事でわかること

  • ピンタレスト動画ピンの3つの効果
  • ピンタレスト動画ピンの設定方法

 

Pinterest(ピンタレスト)で動画ピンが可能になりましたが、その機能がすごいんです。

間違いなくピンタレストも動画に力を入れ始めているので、ライバルと差をつけるため、今のうちから動画ピンの有効性を知っておきましょう。

 

たけちよ
たけちよ
うまく活用すればピンタレストを伸ばして行けます!
 
【著者のピンタレスト実績】
  • 特化アカウント月間閲覧者数40万人
  • 月間100万インプレッション達成

 

動画ピンとは

ピンタレストは画像コンテンツのSNSですが、2020年7月頃からビジネスアカウントに限り『動画』も投稿できるようになりました。

 

今までは以下のような画像ピンのみだったのが、

ピンタレスト

 

現在は以下のような、動画ピンを投稿することができます。

 

 

動画ピンが投稿可能になったことで、ピンデザインやピンタレストの運用方法にも今まで以上に幅が生まれました。

 

たけちよ
たけちよ
静止画ピンではできないようなことが、動画ピンでは簡単にできるようになっています!
 

動画ピン3つの効果

現在、僕がわかっている動画ピンの効果は3つあります。

  • インプレッションが急激に伸びる
  • 『似ているピン』に自ピンが表示される
  • 動画終了後のおすすめに自ピンが表示される

 

たけちよ
たけちよ
それぞれ詳しく解説します。
 

インプレションが急激に伸びる

動画ピンは、静止画ピンに比べてインプレッションが急激に伸びます。

例えば、以下のピンをご覧ください。

ピンタレスト動画ピン

たけちよ
たけちよ
上のピンは、僕が複数運用しているピンタレストのアカウントの1つです。
 
「この統計情報はまだご利用いただけません」という表示。
まだピンを投稿して間もない(このピンの場合は30分程度)なので、保存(リピン)数も統計情報が反映されていない状態です。
 
ピン投稿から間もないにも関わらず、動画視聴回数はすでに『154』と表示されています。
 
おどろく人
おどろく人
え!?30分で154回はすごくないですか!?
たけちよ
たけちよ
静止画ピンにはなかなかない急激な伸びですよね。
 

『似ているピン』に自ピンが表示される

ピンタレストでは、ピンを詳細表示をすると対象のピンの下に『似ているピン』というものが表示されます。

▼参考画像はこちら

ピンタレスト似ているピン

 

たけちよ
たけちよ
上のピンは僕が複数運用しているアカウントのもう1つです。
 
ピンタレストでは、
  • 画像
  • フレーズ
  • タイトルKW(キーワード)
  • 説明文
  • 保存先ボード

 

など、さまざまなアルゴリズムによって、詳細表示しているピンと『似ている』とするピンを表示します。

さまざまなピンと『似ている』とされるピンを作成することで、インプレッション・リピン・クリックが増えやすくなります。

 

とはいえ、『似ているピン』を狙って表示するのは、なかなか難しいところ。

でも、動画ピンであれば実は簡単にできてしまいます

悩んでる人
悩んでる人
『似ているピン』を狙ってできるんですか?
たけちよ
たけちよ
動画ピンであれば可能ですよ!
 
例えば、以下の画像をご覧ください。

ピンタレスト似ているピン

 

詳細表示しているピンと『似ているピン』の上位すべてが、自分の動画ピンです。

画像やフレーズもまったく違い、保存先ボードも異なるピンでも『似ているピン』として認識されています。

 

『似ているピン』に自ピンが表示されれば、ピンのインプレッションやリピン、クリック数もそれぞれ伸びやすくなると考えられます。

 

たけちよ
たけちよ
他ユーザーのピンに離脱せず、自ピン内を回遊してもらいやすくなるよね!
 

動画終了後のおすすめに自ピンが表示される

現在スマホ限定の機能ですが、詳細表示の動画終了後に『おすすめ動画ピン』が表示されます。

ピンタレストおすすめ動画ピン

 

上の画像のように、動画が終了すると『シェア』『リプレイ』の表示とともに、おすすめの動画ピンが表示されます。

実は、上の画像のおすすめ動画ピンは『自ピン』。

 

悩んでる人
悩んでる人
つまり自分の動画ピンが終了したら、次のおすすめに自分の別の動画ピンが表示されるってことですか?
たけちよ
たけちよ
そうです!自ピンの次に、再び自ピンが表示されています!
 

100%ではありませんが、90%以上の確率で自ピンの再生後に再び自ピンが表示されます。

動画ピンでは、自ピンが1度みられる(インプレッション)と他に離脱されにくくなるようなアルゴリズムであると考えられます。

 

動画ピンの作り方

それでは、動画ピンの作り方です。

まず動画ピンには以下のような仕様があります。

 

ピンタレスト動画ピンの仕様

出典:Pinterest公式

 

ステップ1:ピン作成ページを開く

ピン投稿画面

画像ピンと同様に、ピン作成ページを開きます。

 

ステップ2:カバー画像を選択する

カバー画像の選択

セクターを左右に動かし、カバー画像にしたい画像を選択します。

 

たけちよ
たけちよ
動画の中から選んでも良いですし、別のカバー画像をダウンロードするのもOKです。
 
カバー写真は、動画がスタートする前に表示される画像です。
Youtubeでいうアイキャッチ画像と同じですね。
 
動画がもし見られなくても、カバー写真を設定しておくことで画像ピンのようにファーストインプレッションを与えることができます
少し長めの動画であれば、先が気になるようなカバー写真を設定するようにしましょう。
 

3:必要項目を入力する

動画ピンの投稿手順

画像ピンと同様に必要項目を入力します。

  1. タイトル
  2. ピンの説明
  3. 移動先のリンク
  4. 投稿日時
  5. 保存先ボード

 

各項目を入力したら、『公開する』をクリックします。

 

ステップ4:動画審査後に公開

動画ピンの投稿手順

動画ピンは投稿直後には公開されません。

動画は審査されて、一定時間後に公開されるようになります。

 

たけちよ
たけちよ
画像ピンは投稿したい日時にピンポイントで投稿できるけど、動画ピンでは難しい。その点ではちょっとデメリットですかね。

 

今後のピンタレストは動画に注力の可能性も

これまでピンタレスト動画ピンの有効性と投稿方法を解説してきました。

 

たけちよ
たけちよ
ここからはあくまで予想なので、参考程度に留めて下さい。
 

動画ピンの導入により、ピンタレストは今後動画にも注力してくることが明らかです

最近ではGoogleも動画に注力しており、Youtubeの優位性が働いています。

 

ブログのような文字コンテンツ、今までのピンタレストのような画像コンテンツもまだまだ廃れてはいません。

とはいえ、日常的にも音声検索や文字の音声入力など『音声』が主流になってきていることから、動画がピックアップされるのは必然の流れです。

 

今後のピンタレストのアルゴリズムをよく注視していく必要があると考えます。

 

まとめ

動画ピンはこれからの主流になりえます。

とはいえ、画像ピンと比較して圧倒的に投稿数は少なく、動画ピンの有効性に気づいていない人も多いでしょう。

 

まだ気づいている人が少ない、投稿数が少ないうちに動画ピンを投稿していくことで、ライバルに差をつけることができます。

僕自身も含め、動画ピンを作成していきましょう。

 

【国内最速!格安レンタルサーバー『ConoHa WING』】

当サイトで契約中のWordPress向けレンタルサーバー!

国内最速サーバー速度&抜群の安定性

初期費用無料&独自ドメイン永久無料

これ1つで簡単にWordPressブログが始められます。

初回限定価格!ブログ運営1ヶ月間の徹底サポート
こちらをクリック
初回限定価格!ブログ運営1ヶ月間の徹底サポート
こちらをクリック