【最新版】Googleサーチコンソールの設定方法【活用方法もわかる】

悩んでる人
悩んでる人
・Googleサーチコンソールって何?
・Googleサーチコンソールの設定ってどうやるの?
たけちよ
たけちよ
このような悩みをたけちよ解決します。

 

Googleサーチコンソールは、SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)の検索順位を計測できるため、WordPressブログのパフォーマンス解析には欠かせないツールです。

これからWordPressブログを始める人には、難しい言葉やよくわからない横文字が出てきますが、本記事を読めば簡単にGoogleサーチコンソールを設定できます。

 

たけちよ
たけちよ
流れに沿って設定すれば、パソコン音痴の人でも15分以内でできますよ。
 

今回は、Googleサーチコンソールの設定方法と、Googleサーチコンソールの活用方法を解説していきます。

 

本記事でわかること
  • Googleサーチコンソールとはなにか
  • Googleサーチコンソールの設定方法
  • Googleサーチコンソールの活用方法

 

Googleサーチコンソールとは?

Googleサーチコンソールとは?

Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトの掲載順位を監視、管理、改善するのに役立つ Google の無料サービスです。Search Console に登録しなくても Google 検索結果にサイトが表示されるようにすることはできますが、Search Console に登録することで、Google のサイトに対する認識を理解し、改善できるようになります。(引用:Search Consoleの概要)

 

サーチコンソールを利用すると以下のことができます。

  • サイトマップを送信できる
  • 記事のインデックスを申請できる
  • ユーザーの検索クエリがわかる
  • クリック数・表示回数・掲載順位がわかる

 

困ってる人
困ってる人
いきなり意味のわからない横文字だらけで混乱しそう・・・
たけちよ
たけちよ
横文字の意味は、またあとでしっかり話すので今は覚えなくて大丈夫ですよ。

 

上記の内容をもっとわかりやすい言葉で表すと、以下のことが言えます。

  • Googleに自分のサイトの存在を知らせることができる
  • どのページが何回表示・クリックされて、Googleの全検索数で何位に掲載されているか
  • どの検索単語で検索があり、何回表示・クリックされて、Googleの全検索数で何位に掲載されているか

 

このような情報を確認することができるため、データを分析することでブログのパフォーマンスを改善することができます。

Googleサーチコンソールは、Googleアナリティクスと合わせてブログを収益化していくうえで設定が必須のツールです。

 

たけちよ
たけちよ
使わないメリットは何もないので、WordPressブログを開設したら面倒くさがらずにすぐ設定してしまいましょう。
 

Googleサーチコンソールの設定方法

Googleサーチコンソールの設定方法

Googleサーチコンソールの設定方法は、以下の4ステップで解説していきます。

  1. Googleアナリティクスを設定する
  2. サイトマップを生成する
  3. Googleサーチコンソールを設定する
  4. サイトマップを送信する

 

悩んでる人
悩んでる人
あれ?サーチコンソールの設定をするのに、アナリティクスの設定をするの?
 
Googleサーチコンソールには、『所有権の確認』というものがあります。
その『所有権の確認』に『Googleアナリティクス』を利用します。
 

ステップ①:Googleアナリティクスを設定する

まずは、Googleアナリティクスを設定して『所有権の確認』の手間を省きます。

 

たけちよ
たけちよ
『所有権の確認』は、従来の設定方法で進めるとものすごく手間がかかるんですよね(笑)
 
アナリティクスを事前に設定しておくと、Googleサーチコンソールの『所有権の確認』を自動で行ってくれます。
 

ステップ②:サイトマップを生成する

次にサイトマップを生成します。

 

悩んでる人
悩んでる人
ところでサイトマップって何?
 

サイトマップは、サイト内のページをまとめたページのことで、検索ユーザーや検索エンジンに『このサイトにはこんなページがありますよ』と伝えるためのものです。

 

WordPressブログを開設して記事を書く前に、まずはサイトマップを生成しておく必要があります。

サイトマップの生成にはWordPressプラグイン『Google XML Sitemaps』を利用します。
 

サイトマップを生成する

1.プラグイン『Google XML Sitemaps』をインストール→有効化する

 

2.『管理画面』→『設定』→『Google XML Sitemaps』をクリックする

WordPress

 

3.『基本的な設定』で上から3つにチェックを入れる

 

4.『投稿の優先順位』で『優先順位を自動的に計算しない』をクリックする

 

5.『Sitemapコンテンツ』で下記の5つにチェックする

デフォルトでは『カテゴリーページを含める』のチェックが外れています。

カテゴリーページは、記事数が増えてコンテンツが充実するほど重要性が増すので、必ず忘れずにチェックを入れましょう。

 

6.『Change Frequencies』の設定をする

どのくらいの頻度で、クローラーにサイトをクロールしてもらいたいかの設定です。

クローラーとは、ネットに存在するウェブサイトや画像などの情報を取得して、検索データベースを自動的に作成する巡回プログラムのこと

CHIYOBLOGでは上記のように設定しているので、同じにして問題ありません。

『タグ』、『投稿者ページ』はクロールしてもらわなくてもいいので、『更新なし』としています。

 

7.『優先順位の設定』で、それぞれのページの優先順位を決めます

CHIYOBLOGでは上記のように設定しているので、同じにして問題ありません。

ここでも『タグ』『投稿者ページ』は『0.0』に設定します

 

これでサイトマップの生成は完了しました。

『https://自分のサイト.ドメイン/sitemap.xml』が生成されます。

 

たけちよ
たけちよ
設定した項目の内容はよくわからないかもしれませんが、ブログを進めているうちにわかるので、今は上記のように設定しておけば問題ないですよ。
 

ステップ③:Googleサーチコンソールを設定する

ステップ③ではGoogleサーチコンソールの設定をします。

ステップ①でGoogleアナリティクスを設定したので、このステップは30秒で終わります。

 

1.『Googleサーチコンソール』を開いて、必要項目を入力する

  1. 右側の『URLプレフィックス』に、登録したいサイトのURLをhttps://~入力する
  2. 続行をクリックする

 

2.所有権の確認が完了する

 

以上で、Googleサーチコンソールの設定は完了です。

このままステップ4へ進む場合は『プロパティに移動』をクリックします。

 

たけちよ
たけちよ
この設定はすぐ終わるで、このまま休まずにステップ4に進んでしまいましょう。
 

ステップ④:サイトマップを送信する

ステップ②で生成したサイトマップをサーチコンソールで送信します。

この設定をすることによって、あなたのサイトの存在をGoogleに認識してもらうことができます。

 

サイトマップを送信する

  1. メニュー内の『サイトマップ』をクリックする
  2. 『新しいサイトマップの追加』で生成したサイトマップを入力する
  3. 『送信』をクリックする
  4. 登録されると『成功しました』という表示がでる

 

サイトマップの送信は以上です。

これであなたのサイトの存在をGoogleに認識してもらえます。

 

たけちよ
たけちよ
これでサーチコンソール設定のすべてのステップが完了しましたね。お疲れさまでした。
 
ここまでの話で難しい言葉がいくつか出てきたと思います。
慣れていけば大丈夫ですが、以下でGoogleサーチコンソールの活用方法を解説します。
 

Googleサーチコンソールの活用方法

Googleサーチコンソールの活用方法

ここからはGoogleサーチコンソールの活用方法を紹介します。

サーチコンソールの活用方法は主に下記の2つ。

 

  • 新規記事のインデックスをリクエストする
  • 検索パフォーマンスをもとに記事をリライトする

 

サーチコンソールを活用して、インデックスをリクエストすることができます。

 

インデックスとは、webページのデータが検索エンジンのデータベースに登録されること

 

登録した記事のデータをもとにリライト(記事の加筆・修正)をすることで、サイトのパフォーマンスを向上させていきます。

 

新規記事のインデックスをリクエストする

1.メニューの『URL検索』をクリックして、インデックスしたいURLを入力する

 

すると、以下のような画面になります。

 

2.『インデックス登録をリクエスト』をクリックする

 

新規記事は更新から間もないと、上記のような画面になります。

『インデックス登録をリクエスト』すると、クローラーがサイトを巡回して記事をインデックスしてくれます。

 

インデックスが完了すると、以下の画面になります。

 

たけちよ
たけちよ
インデックスをリクエストしたら、どんなに遅くても1日以内にされるので翌日に登録されているか確認すると良いですよ。
 

記事をリライトする

具体的なリライト方法は割愛しますが、リライトに必要な項目を簡単に説明しますね。

 

1.メニュー内の『検索パフォーマンス』をクリックすると、上記の画面が表示されます。(※ほかの項目もありますが、今回は割愛します)

 

2.どのようなクエリで検索されたか『検索キーワード』が表示されます。

クエリとは、ユーザーが検索エンジンで実際に検索した2~3語のキーワードのこと

 

3.その検索キーワードでの『表示回数』『クリック数』『掲載順位』をもとに記事をリライトします。

  • 表示回数
    ⇒検索キーワードで検索されて、画面上に自分のページが表示された回数
    ※ページが開かれた数ではありません
  • クリック数
    ⇒表示された回数のうち、クリックされた回数
  • 掲載順位
    ⇒検索キーワード全体での掲載順位

 

 

簡単にではありますが、Googleサーチコンソールを活用して、上記のようなことが行えます。

 

たけちよ
たけちよ
ブログを収益化していくうえで、このような作業は必須です。最初は細かいことがわからなくて当然ですが、少しずつ慣れていきましょう。
 

まとめ:Googleサーチコンソールを設定しよう

まとめ:Googleサーチコンソールを設定しよう

Googleサーチコンソールの設定は、今後のブログのパフォーマンス向上のために必須です。

 

サーチコンソールを設定する4ステップ

  1. Googleアナリティクスを設定する
  2. サイトマップを生成する
  3. Googleサーチコンソールを設定する
  4. サイトマップを送信する

 

以上の4ステップでも15分以内で終わる簡単な設定です。

最初はよくわからなくても、まずは登録ができれば充分なので、WordPressブログを開設したら必ず設定するようにしましょう。

【国内最速!格安レンタルサーバー『ConoHa WING』】

当サイトで契約中のWordPress向けレンタルサーバー!

国内最速サーバー速度&抜群の安定性

初期費用無料&独自ドメイン永久無料

これ1つで簡単にWordPressブログが始められます。

初回限定価格!ブログ運営1ヶ月間の徹底サポート
こちらをクリック
初回限定価格!ブログ運営1ヶ月間の徹底サポート
こちらをクリック