【2021年版】Googleサーチコンソールの設定方法

  • 3 min read
【2021年最新】Google サーチコンソールの設定方法

この記事は、Googleサーチコンソールの設定方法を解説します。

Google Search Console(グーグルサーチコンソール:通称サチコ)は、SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)の検索順位の計測やウェブパフォーマンスを測定することができます。

WordPressブログを開設したら、まず初めに設定したいツールの筆頭

とはいえ、設定方法がわからないという方のために、個人で4サイトを運営する僕がわかりやすく解説しますね。

>>新規WordPressブログを開設する方はコチラ

Googleサーチコンソールとは?

Googleサーチコンソールとは?
Googleサーチコンソールとは?

Googleサーチコンソールについて、Googleが以下のように説明しています。

Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトの掲載順位を監視、管理、改善するのに役立つ Google の無料サービスです。Search Console に登録しなくても Google 検索結果にサイトが表示されるようにすることはできますが、Search Console に登録することで、Google のサイトに対する認識を理解し、改善できるようになります。

Search Consoleの概要

少しかみ砕くと、Googleサーチコンソールを使えば次のようなことができます。

サチコでできること

  • サイトマップを送信
  • 記事のインデックスを申請(フェッチ)
  • ユーザーの検索クエリ確認
  • クリック数・表示回数・記事の掲載順位
  • ウェブパフォーマンスの確認

さらにかみ砕いて解説をすると、

サチコでわかること

  • Googleに自分のサイトや記事の存在を知らせる
  • どの検索単語でユーザーに検索されているか
  • どのページが何回表示・クリックされて、Googleの全検索数で何位に掲載されているか
  • ウェブサイトがモバイルやPCの表示に最適化されているか

このような情報を確認でき、データを分析することでブログのパフォーマンスを改善することができます。

Googleサーチコンソールは、Googleアナリティクスと合わせてブログの収益化に必須のツールです。

Googleサーチコンソールの設定方法

Googleサーチコンソールの設定方法
Googleサーチコンソールの設定方法

Googleサーチコンソールの設定方法は、以下の4ステップで解説していきます。

サチコの設定手順
  1. Googleアナリティクスを設定する
  2. サイトマップを生成する
  3. Googleサーチコンソールを設定する
  4. サイトマップを登録する

ステップ①:Googleアナリティクスを設定する

Googleサーチコンソールには『所有権の確認』というものがあり、その確認にGoogleアナリティクスを利用します。

Googleアナリティクスを事前に設定しておくと、『所有権の確認』を自動で行ってくれるので、先に設定を済ませておきましょう。

>>Googleアナリティクスの設定方法はコチラ

ステップ②:サイトマップを生成する

サイトマップは、サイト内のページをまとめたページのこと。

検索ユーザーや検索エンジンのクローラーに『このサイトにはこんなページがありますよ』と伝えるためのものです。

サイトマップには以下の2種類があります。

サイトマップの種類

HTMLサイトマップ

HTMLサイトマップ

ユーザーが目的の記事を探しやすいように、カテゴリごとに記事一覧にしたもの

XMLサイトマップ

検索エンジンのクローラー

検索エンジンのクローラーが、サイト内を巡回して記事を見つけるときのヒントにするもの

ここで生成するサイトマップは、XMLサイトマップの方。

XMLサイトマップの作成にはSEO系プラグインを活用しますが、今回は『Rank Math』SEOプラグインを使用します。

Rank Math SEOプラグイン

Rank Math SEO
Rank Math SEO

XMLサイトマップを生成する手順はたったの1つだけで『Rank Mathをインストールする』、以上。

インストールをしただけで、サイトマップが自動生成されます。誰でもできますよね。

※SEO系プラグインとして『All in One SEO Pack』を推す記事が多いですが、機能面ではぶっちぎりにRank Mathがおすすめです。

ステップ③:Googleサーチコンソールを設定する

それでは、次に本題であるGoogleサーチコンソールの設定をします。

ステップ①でGoogleアナリティクスを設定したので、このステップは30秒で終わります。

1.『Googleサーチコンソール』を開いて、必要項目を入力する

Googleサーチコンソールのプロパティ設定
Googleサーチコンソールのプロパティ設定

URLプレフィックスの方に、登録したいサイトURLを入力して続行をクリックします。

2.所有権の確認が完了する

所有権の自動確認完了画面
所有権の自動確認完了画面

以上で、Googleサーチコンソールの設定は完了です。

サクッと進めて、次のステップであるサイトマップの送信をしましょう。

ステップ④:サイトマップを登録する

ステップ②で生成したXMLサイトマップをGoogleサーチコンソールに登録しましょう。

この設定をすることによって、Google検索エンジンにあなたのサイトを認識してもらうことができます。

XMLサイトマップの登録もRank Math SEOを使用します。

サイトマップ設定方法のチュートリアル

※画像はスライドします

※このスライドの以外の途中ページはすべてスキップします

Googleサービスの設定をしたら、サイトマップは自動でGoogleサーチコンソールに送信されます。

以上で、Googleサーチコンソールに必要なすべての設定が完了しました。

※Googleサーチコンソールで設定する方法を推奨する記事も多くみられますが、Rank Mathを使用すれば余計なめんどくさい設定はいりません。

Googleサーコンソールの使い方

Googleサーチコンソールの使い方
Googleサーチコンソールの使い方

最後に、Googleサーチコンソールの使い方を簡単に解説します。

Googleサーチコンソールの使い方は、まず以下の3つを知っておきましょう。

サチコの使い方

  • 新規記事のインデックスをリクエストする
  • 検索パフォーマンスをもとに記事をリライトする
  • ウェブサイトのパフォーマンスがわかる

新規記事のインデックスをリクエストする

Googleサーチコンソールを活用して、新規記事のインデックスをリクエストすることができます。

1.『URL検索』をクリックして、インデックスしたいURLを入力する

Googleサーチコンソールで新規記事をインデックスする
Googleサーチコンソールで新規記事をインデックスする

URLを入力すると、以下のような画面になります。

インデックスデータの取得中画面
インデックスデータの取得中画面

2.『インデックス登録をリクエスト』をクリックする

Googleサーチコンソールで新規記事をインデックスする画面
Googleサーチコンソールで新規記事をインデックスする画面

新規記事は更新から間もないと、上のような画面になります。

『インデックス登録をリクエスト』すると、クローラーがサイトを巡回して記事をインデックスしてくれます。

インデックスが完了すると、以下の画面になります。

記事のインデックス完了画面
記事のインデックス完了画面

インデックスをリクエストしたら、どんなに遅くても1日以内にされるので翌日に登録されているか確認しましょう。

記事をリライトする

具体的なリライト方法は割愛しますが、リライトに必要な項目を簡単に説明しますね。

Googleサーチコンソールでの検索クエリ確認方法
Googleサーチコンソールでの検索クエリ確認方法
リライトの方法

1.メニュー内の『検索パフォーマンス』をクリックすると、上記の画面が表示されます。(※ほかの項目もありますが、今回は割愛します)

2.どのようなクエリで検索されたか『検索キーワード』が表示されます。

3.その検索キーワードでの『表示回数』『クリック数』『掲載順位』をもとに記事をリライトします。

検索クエリでわかること

  • 表示回数
    ⇒検索キーワードで検索されて、画面上に自分のページが表示された回数
    ※ページが開かれた数ではありません
  • クリック数
    ⇒表示された回数のうち、クリックされた回数
  • 掲載順位
    ⇒検索キーワード全体での掲載順位

ブログを収益化していくうえで、このような作業は必須です。最初は細かいことがわからなくて当然ですが、少しずつ慣れていきましょう。

ウェブサイトのパフォーマンスがわかる

モバイルやPCにおいて、サイトがどのようなパフォーマンスを発揮してい?UX(ユーザー体験)に優れているか?などを確認することができます。

Googleサーチコンソールでウェブパフォーマンスの確認
Googleサーチコンソールでウェブパフォーマンスの確認

Page Speed Insightsのデータに基づいて、Core Web Vitals(コアウェブバイタル)のエラーを検出してくれます。

Core Web Vitals(コアウェブバイタル)はSEOにおけるランキングシグナルとなるため、エラーの確認・修正はとても大切なこと。気づいた時にはエラーが出ているなんてこともあるので、定期的にチェックするようにしましょう。

Googleサーチコンソールの設定まとめ

Googleサーチコンソールの設定は、今後のブログのパフォーマンス向上のために必須です。

Googleサーチコンソールを設定する4ステップを最後にもう1度確認しましょう。

サチコの設定手順
  1. Googleアナリティクスを設定する
  2. サイトマップを生成する
  3. Googleサーチコンソールを設定する
  4. サイトマップを登録する

以上、Googleアナリティクスの設定を含めても、10分以内で終わるかんたんな設定です。

これらの設定は、およそ3カ月後以降に効果を発揮してきます。

最初はよくわからなくても、まずはとりあえず登録ができれば充分!WordPressブログを開設したら必ず設定するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です