ConoHa WINGのおすすめプランはどれ?【個人サイト向け】

  • 2 min read
ConoHa WINGのおすすめプランはどれ?【個人サイト向け】

ConoHa WINGでWordPressを始めようと思っているけど、プランがいくつもあって選べない。どれを選んだらいいの?つ

このような方のために、1年間ConoHa WINGを使用して月6桁以上稼ぐ僕がおすすめプランを解説します。

結論として、WINGパックのベーシックプラン一択でOKです!

※この記事で紹介しているConoHa WINGの料金は、すべて12か月契約の場合です。

▼3周年記念キャンペーン!▼

コノハウィングコノハウィング

【コノハウィングの特徴】

  • 初期費用無料
  • 今なら月額775円~
  • 独自ドメイン2つが永年無料で取得できる
  • WordPress開設がかんたん10分

11月8日18:00まで
\ ベーシックプランがお得に! /

通常880円/月 775円/月

ConoHa WINGのおすすめプラン

Conoha WINGのおすすめプランは『WINGパックのベーシックプラン』です。

※WINGパックは、永久無料の独自ドメインが1つ付き、さらに通常料金から最大33%オフになるお得なパッケージプランのこと。

ちなみに、ConoHa WINGには料金プランが3つあり、以下はConoHa WING公式サイトに記載されているWINGパックの料金プラン一覧です。

WINGパック料金プラン一覧

料金プラン ベーシック スタンダード プレミアム
料金 990円 2,145円 4,290円
SSD 300GB 400GB 500GB
転送量 27TB/月 36TB/月 45TB/月
ドメイン 無制限 無制限 無制限
データベース 無制限 無制限 無制限
初期費用 無料 無料 無料

ConoHa公式サイトより

※12ヶ月契約の場合

※別途リザーブドプランもあります

おおよその目安として、転送量10GBで月1万PV(ページビュー)ほどと思っておけば間違いないでしょう。

ベーシックプランであれば27TBなので、単純計算でも2,700万PVほど処理することができます。

個人サイトであれば充分すぎるくらいのデータ処理数ですよね。

ConoHa WINGの料金プランの違い

そもそもConoHa WINGの料金プランの違いは、SSD容量とデータ転送量の大小だけ。ベーシックプランからプレミアムプランまで、基本的なサーバースペックは同じです。

『プラン料金が高い=サーバー処理速度が速い!』というわけではありません。

単純計算でアクセス2,700万PVを越えないとデータ転送量の上限には届かないので、個人ブログで気にする必要はありませんよね。

WordPressをこれから立ち上げる人は、ベーシックプランを選べば間違いないです。

ConoHa WINGの料金プランは変更できるのか?

もし仮に、料金プランを変更したい場合は、ConoHa WINGはサーバーパネル内で簡単に料金プランを変更することができます。

ConoHa WING料金プランの変更画面

ConoHa WINGの料金プラン変更パネル
ConoHa WINGの料金プラン変更パネル
ConoHa WINGの料金プラン変更画面
ConoHa WINGの料金プラン変更画面

上の画面のようにプランの変更はとても簡単なので、今後どんなに大きなサイト作成を見込んでいても、最初はベーシックプランを選んでおくと良いです。

なんにせよ、WordPress立ち上げ時に27TB/月は多すぎるくらいなので、特に問題ないですね。

>>ConoHa WINGを今すぐ初期費用無料で利用する(公式サイト)

ConoHa WINGのプランはアップグレードされる

ここまでの説明で、ConoHa WINGのプランはベーシックで充分ということが分かったと思います。

ただ、さらにダメ押しの理由があるので紹介しておきますね。

ConoHa WINGのプランは随時アップグレードされます

どういうことか詳しく説明していきます。

2020年初期にはプランのグレードが低かった

まず僕がConoHa WINGを使い始めた2020年初期には、各プランのグレードが今よりも圧倒的に低かったです。というよりも、今が高すぎるというべきでしょうか。

以下の表をご覧ください。

ConoHa WINGベーシックプランの2020年vs2021年

対象年 2020年 2021年
SSD 200GB 300GB
転送量 2.5TB/月 27TB/月
ドメイン 無制限 無制限
データベース 60個 無制限
初期費用 無料 無料

※それぞれベーシックプランを比較

SSDは1.5倍、転送量は約11倍、データベースに至っては60個が無制限になっています。

2020年は1月頃のデータなので、約1年ほどでものすごくアップグレードされていますよね。

それでいて現在は、なんとドメイン2つが永年無料になるセット『 WINGパック 』により最大33%オフでサーバー契約をすることができるようになっているという驚き!そのこともあって、ConoHa WINGは評判も良くユーザー数はグングン増えています。

そしてなんと、2020年当時のプレミアムプランは、現在のベーシックプランよりも劣っている(SSDのみ400GBで優っている)。ということは、ConoHa WINGはこれからもさらに進化するため、個人サイトであればベーシックプランでも充分といえますよね。

すべてのプランに最新技術を導入している

ConoHa WINGは、王道サーバーであるXserverに一歩も引けを取らず、SSD RAID10やnginxなどサイトスピード高速化の最新技術を取入れています。

それでいて、料金プランの違いで述べたようにデータ処理機能に関して料金プランで差をつけることなく、すべてのプランに導入しています。

料金プランによる性能差異がなく、今後も最新技術が導入され続けていくのであれば、個人サイトならベーシックプランでも充分。むしろ足りすぎるくらいの性能かと思われます。

ConoHa WINGのおすすめプランまとめ

ConoHa WINGのおすすめプランは、個人サイトであればベーシックプラン一択です。

その理由をまとめると以下のとおり

ベーシックプランがおすすめな理由

  • 料金プランでサーバー性能の違いがない
  • 個人サイトには余るくらいのスペックが備わっている
  • これからサーバースペックがアップグレードし続ける

WINGパックなら、国内でも1・2位を争う速度のサーバーを使えるうえに、ドメインが2つも永年無料。それでいてベーシックプランなら月々1,000円を切ります!

ぜひ、あなたのサイトで試してみて下さい。

>>ConoHa WINGを今すぐ初期費用無料で利用する(公式サイト)

nv-author-image

猛史 濱谷

複数サイトを運営しながら、サロンサポーター/ブログ個別指導/サイトスピード改善サービスなど行っています。WordPressに関すること(デザイン・カスタマイズ・テーマ・サーバーなど)が得意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です