wpX Speedレンタルサーバーの口コミ評判は?国内No.1!高速サーバーのデメリット3つとメリット7つ

  • 3 min read
wpX Speedの口コミ評判は?国内最強の爆速サーバー!

wpX Speed(ダブリューピーエックス・スピード)は、エックスサーバーが提供するWordPress(ワードプレス)に特化したクラウド型レンタルサーバーです。

2019年に提供開始された新しいサービスですが、その性能は国内最強!群を抜いて爆速・安定しているレンタルサーバーで、コストを除けばwpX Speedに優るサーバーはないのではないでしょうか。

とはいえ、「デメリットがあるのでは?」という方のために、wpX Speedの口コミ評判をメリット・デメリットに分けて紹介します。

レンタルサーバー選びに悩んでいる方は、個人向けレンタルサーバーおすすめ10選もチェックしてみて下さい。

▼ wpX Speedの最新情報▼

wpX Speed 

【wpXSpeedの特徴】

  • いつでも初期費用無料!
  • 国内最速サーバー性能
  • 2.2円/時(上限1,320円/月)~利用可能
  • 初心者でもWordPressセットアップがかんたん

すべてのプラン初期費用無料

wpX Speedの特徴とは

wpX Speedの最大の特徴は『超高速ページ表示』ですが、以下は機能や仕様も一目でわかる表です。

wpX Speedの特徴【機能一覧】

機能 W1 W2 W3 W4 W5 W6 W7
SSD 200GB 300GB 400GB 500GB 700GB 1TB 1TB
メモリ 2GB 4GB 8GB 12GB 24GB 38GB 56GB
CPU数 2コア 3コア 4コア 5コア 7コア 10コア 12コア
MySQL容量 1GB 2GB 3GB 4GB 5GB 6GB 10GB
転送量 13.5TB/月 18.0TB/月 22.5TB/月 30.0TB/月 37.5TB/月 45.0TB/月 60.0TB/月
NVMe すべて対応◎
nginx すべて対応◎
RAID構成 RAID10
無料独自SSL すべて対応◎
PHP 8.0/7.4.×/7.3.×/7.2.×
自動バックアップ すべて対応◎

上の表では、他のサーバーにもあるような機能は省き、wpX Spreedに特筆すべき事項をピックアップしました。より詳しい情報はwpX公式サイトをご覧ください。

ぱっと見では他のサーバーとの違いがわからないかもしれませんが、やはり大きな特徴としてはページ表示速度で、その中核を担っているのが『NVMe(エヌブイエムイー)』です。

通常のSATAピュアSSDと比較して、NVMeピュアSSDは読み込み速度が16倍も速い!!

NVMeピュアSSDについて

wpX SpeedのMVMeについて
wpX SpeedのMVMeについて

出典:wpX Speed公式サイト

wpX Speedでは、NVMeピュアSSDが高速性能の中心を担っており、サーバーリソースをアカウントごとに確保していることも相まって高速表示を可能にしています。

※2021年10月15日、プライム・ストラテジー社との提携による『KUSANAGI』の技術が、wpX Speedでも正式に導入されました。今まで以上の高速性能を発揮します。

>>wpX Speedを今すぐ初期費用無料で利用する(公式サイト)

wpX Speedの悪い評判 | デメリット3つ

wpX Speedにも悪い評判(デメリット)が3つあります。

デメリット3つ

  • WordPressにしか対応していない
  • 料金が他社レンタルサーバーと比較して高い
  • サーバーの無料お試し期間がない

それでは、それぞれのデメリットを詳細に解説していきますね。

デメリット①:WordPressにしか対応していない

WordPress専用サーバーwpX Speed
WordPress専用サーバーwpX Speed

wpX SpeedはWordPress専用にチューニングされたサーバーのため、その他のCMS(Content Management System)やCGIプログラムには使用できません

とはいえ、WordPressのシェア率はCMSのうち64.8%、全世界ウェブサイトの41.2%を占めています。

あなたが、特別な理由でShopifyやWixなどのCMSを使用したいということでない限り、wpX SpeedがWordPressしか対応していなくてもまったく問題ありません。

デメリット②:料金が他社レンタルサーバーと比較して高い

wpX Speesはクラウドサービスのため他社レンタルサーバーと異なり、時間単価で使用料が決まります。また、リソースを確保するぶん料金は少し高くなります。

wpX Speedの利用料金

  W1 W2 W3 W4 W5 W6 W7
月額料金 2.2円/時 4.4円/時 8.8円/時 17.6円/時 46.2円/時 77円/時 123.2円/時
上限1,320円 上限2,640円 上限5,280円 上限11,000円 上限33,000円 上限55,000円 上限88,000円

最安プランであるW1でも月額1,320円ほどはするため、他社サーバーと比較して料金は若干高め

とはいえ、基本的に他社サーバーはリソース分配されておらず。リソースを分配している他社サーバープランとしてConoHa WINGのリザーブドプランがありますが、料金設定は遜色ありません。

>>wpX Speedのメリット『リソース確保』について

ConoHa WINGリザーブドプランとの比較

  wpX W2 ConoHa WING
リザーブド2GB
月額料金 上限2,640円 上限3,300円
※WINGパック2,805円
SSD 300GB 400GB
メモリ 4GB 2GB
コア数 3コア 3コア
転送量 18TB/月 36TB/月

※同価格帯でのプラン比較

ConoHa WINGのリザーブドプランと比較して、むしろ月額利用料金は安い。

レンタルサーバー全体で考えるとwpX Speedの利用料金はやや高めですが、リソースを分配するタイプではむしろ安い価格設定といえますね。

>>ConoHa WINGについては公式サイト参照

デメリット③:サーバーの無料お試し期間がない

wpX Speedにはサーバーの無料お試し期間がありません

初期費用は無料ですが、時間単価で料金が発生するため、wpX Speedを契約してサイトを開設した時点から料金が発生します。

とはいえ、初期費用無料キャンペーンやお試し期間を実施しているレンタルサーバーでも『12か月以上の契約』や『お試し期間中の契約で…』など制約があることが多い。

wpX Speedは全プランで常に初期費用が無料で、最低契約期間もないため、結果として無料お試し期間がなくても試しやすいのではないでしょうか。

wpX Speedの良い評判 | メリット7つ

wpX Speedには、良い評判として7つのメリットがあります。

メリット7つ

  • サイト表示スピードが超高速
  • サーバー稼働の安定性が抜群に良い
  • リソース確保で急なアクセス増加も安定
  • WordPressの移行が1分でできる
  • アクセスに合わせて自動でプラン変更する『オートスケール』
  • コントロールパネルがすっきりしていて使いやすい
  • 全プラン初期費用が無料

メリット①:サイト表示スピードが超高速

wpX Speedはサイトのページ表示速度が超高速と繰り返し述べてきましたが、実際にどのくらい高速なのか『Team Viewer ウェブモニタリング』でサーバー処理速度を計測してみました。

wpX Speedのページ表示時間

wpX Speedのページ表示速度
wpX Speedのページ表示速度
応答速度 ページロード
59.49ms 677.72ms

【計測条件】
WordPressインストール初期状態
W2プラン

【計測環境】

Team Viewer ウェブモニタリングによる3日間の計測

応答速度はなんと60msを切り、ページロードは677.72ms!

同じく超快速を謳(うた)う競合他社サーバー『カラフルボックス』で応答速度107.15ms、ページロード684.64msのため、それらを大きく上回るスピードですね。

メリット②:サーバー稼働の安定性が抜群に良い

wpX Speedは、サーバー稼働の安定性も抜群に良いです。

Team Viewer ウェブモニタリングで計測したところ、サーバー応答時間が1秒以上(1,000ms)にタイムアウトした回数は3日間で7回だけ。1日あたり2~3回しかタイムアウトしていません

例えば、有名なさくらのレンタルサーバーは40回/日、ヘテムルは10~20回/日もタイムアウトしているため、wpX Speedのサーバー安定性は抜群に良いといえるでしょう。

メリット③:リソース確保で急なアクセス増加も安定

wpX Speedのリソース確保
wpX Speedのリソース確保

wpX Speedでは、アカウントごとにサーバーリソースを確保しているため、他者アカウントのアクセス状況によるCPUやメモリの圧迫といった影響を受けません。

レンタルサーバーのアカウントアクセスの図

共有サーバーの一般的なアクセス状況
共有サーバーの一般的なアクセス状況
サーバーリソースを確保されている状況
サーバーリソースを確保されている状況

このように自分だけのサーバーリソースが確保されることで、他者アカウントの影響によってサイトが重くなることや、サーバーダウンするといったリスクを回避することができます。

利用者が混雑しているサーバーの処理性能と言ったら…

メリット④:WordPressの移行が1分でできる

wpX SpeedのWordPress簡単移行
wpX SpeedのWordPress簡単移行

wpX Speedでは、WordPress移行を簡単に行うことができます。

入力内容は上の画像のとおり。1分というより30秒もあれば入力できるような内容ですね。

最近ではWordPressを簡単に移行できるサーバーも増えてきていますが、wpX Speedの移行画面は特に簡潔になっていてブログ・アフィリエイト初心者でも操作しやすいです。

メリット⑤:アクセスに合わせて自動でプラン変更『オートスケール』

wpX Speedのオートスケール機能
wpX Speedのオートスケール機能

wpX Speedではオートスケール機能といって、サーバーの負荷状況を検知して、自動で上位プランに変更する機能が備わっています。

オートスケールの設定画面

wpX Speedのオートスケール機能の設定画面
wpX Speedのオートスケール機能の設定画面

コントロールパネルで、CPU使用率・メモリ使用率・ディスク使用率を自分で設定して、一定以上になったらどのプランに変更するかを設定しておきます。

細かい設定のため中~上級レベルのブロガー・アフィリエイター向けの機能ではありますが、細かく設定することで急激なアクセス増加でも安心!

サーバー動作やページ表示速度がしっかりと保たれますよ。

メリット⑥:コントロールパネルがすっきりしていて使いやすい

wpX Speedのコントロールパネル
wpX Speedのコントロールパネル

wpX Speedのコントロールパネルは、『サーバーの設定・利用状況』と『契約状況』に関する項目が分かれているため、操作時に余計な情報が目に入ってきません

コントロールパネルといえばConoHa WINGも使いやすいですが、wpX Speedは同じくらい使いやすい。

コントロールパネルの操作性は人によって大きく感じ方が異なる部分ではありますが、wpX Speedは独自設計のすっきりとした表示で、とても操作がしやすいと感じますね。

メリット⑦:全プラン初期費用が無料

wpX Speedは、W1~W7まですべてのプランで初期費用が無料です。

利用料金が他社サーバーと比較して高いこと無料お試し期間がないなどのデメリットもありますが、初期費用がいつでも無料なのは大きなメリットと言えます。

利用料金も時間単価のため、「3日間だけ試したい」といったような試し方もアリ。

W2プランを3日間使用した場合】
4.4円/時間 × 24時間 ×3日 = 316.8円

初期費用が無料で最低利用期間も縛りがないため、3日間wpX Speedを試して316.8円で済みます。

ちょっとだけ試してみたいという人でも気軽に始めることができますね。

>>wpX Speedを今すぐ初期費用無料で利用する(公式サイト)

個人ブログのおすすめプランはW2

個人ブログ・アフィリエイトのおすすめプランは4.4円/時間(上限2,640円)で利用できる『W2』です。

ページのアクセス数がそれほど多くないサイトであればW1プランでも良いですが、アクセスが多い・重いページが大量にある・トレンド記事を多く扱うなどの場合は、W2にしておくほうが安心。

オートスケール機能で自動プランアップも可能ですが設定が専門的なため、うまく設定できるか不安な方はW2。ただ、もし問題なく設定できるなら、W1というのもアリですね。

>>wpX Speedを今すぐ初期費用無料で利用する(公式サイト)

wpX Speedの口コミ評判まとめ

wpX Speedの評判・口コミを紹介しました。

最後にもう1度、悪い評判と良い評判をまとめますね。

デメリット3つ

  • WordPressにしか対応していない
  • 料金が他社レンタルサーバーと比較して高い
  • サーバーの無料お試し期間がない

メリット7つ

  • サイト表示スピードが超高速
  • サーバー稼働の安定性が抜群に良い
  • リソース確保で急なアクセス増加も安定
  • WordPressの移行が1分でできる
  • アクセスに合わせて自動でプラン変更する『オートスケール』
  • コントロールパネルがすっきりしていて使いやすい
  • 全プラン初期費用が無料

以上のような評判を踏まえると、wpX Speedは次のような人におすすめのレンタルサーバーといえます。

wpX Speedがおすすめな人
  • WordPressでブログを運営している、あるいはこれから運用する
  • コストが多少上がってもサイトスピードを上げたい
  • 現在使用しているサーバーの障害に悩まされている
  • トレンド記事を多く扱っていて急激なアクセス増加が頻繁にある
  • サーバーを変えてWordPressを移行したいけど難しそうで二の足を踏んでいる

wpX Speedが気になる人は、初期費用無料・時間単価での料金請求のため、まずは数日間ほど試してみてください。

ただし、1度試すとwpX Speedによる超高速サーバー処理能力・抜群の安定性の虜になってしまうかもしれませんね!

>>wpX Speedを今すぐ初期費用無料で利用する(公式サイト)

nv-author-image

猛史 濱谷

複数サイトを運営しながら、サロンサポーター/ブログ個別指導/サイトスピード改善サービスなど行っています。WordPressに関すること(デザイン・カスタマイズ・テーマ・サーバーなど)が得意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です