【最新】wpXシン・レンタルサーバーの特徴!他エックスサーバーブランドおよびVPSとの違い

  • 3 min read
【最新6月】wpXシン・レンタルサーバーの特徴!他エックスサーバーブランドおよびVPSとの違い

2021年5月31日から、wpXシン・レンタルサーバーwpXシン・レンタルサーバーがエックスサーバー株式会社からリリースされました。

WordPressをはじめとするCMSの高速実行環境KUSANAGI(クサナギ)を提供するプライム・ストラテジー社と業務提供することで、エックスサーバーの高速性能+αを実現した形です。

とはいえ、wpX(ダブリューピーエックス)だのKUSANAGI(クサナギ)だの言われてもよく分からないですよね。

そこでさっそく、他のエックスサーバーブランド(Xserver、wpX Speed)やVPSとの違いについて、wpXシン・レンタルサーバーの特徴をまとめてみました。

レンタルサーバー選びに悩んでいる方は、個人向けレンタルサーバーおすすめ10選もチェックしてみて下さい。

▼ 最新キャンペーン情報 ▼

【 wpxシンの特徴 】

  • いまなら月額539円~利用可能
  • すべてのプランで初期費用/ドメイン無料
  • WordPressが誰でも簡単に始められる
  • サイト表示速度が超高速!!


10月7日まで限定!

\ すべてのプランが30%オフに /

wpXシン・レンタルサーバーの特徴

wpXシン・レンタルサーバーの特徴

  • VPSのような複雑な管理がなくKUSANAGI技術を利用できる
  • KUSANAGI特有の機能は管理画面やプラグインとして存在しない
  • サーバーパネルやwpXシン・レンタルサーバー固有の管理画面にリソース消費率の表示がない
  • wpX SpeedやwpXブログなど『wpXブランド』としてアカウントが共通している
  • CPUやメモリは個別で割り当てられているが、エックスサーバーをベースにしているためwpX Speedのような時間料金ではなく固定料金となっている
  • wpXシン・レンタルサーバーは高速化技術をエックスサーバーに先駆けて導入していく

wpXシン・レンタルサーバーwpXシン・レンタルサーバーは、KUSANAGI技術は用いているものの『純粋なKUSANAGI』ではありません。KUSANAGI特有の機能も見当たらないだけでなく、エックスサーバーと同じサーバーパネルを利用できる点でも、KUSANAGIとは異なるといえます。

あくまでプライム・ストラテジー社によるKUSANAGIの技術提供を受けている形なので、VPSで利用するようなKUSANAGIとは根本的に異なるのでしょう。

CPUやメモリを割り当ててリソースを確保していますが、エックスサーバーをベースにしているため、wpX Speedのような時間単位の料金ではなく月額770円~と固定料金になっています。エックスサーバーとwpX Speedの中間設計+高速化に特化していると言えるのではないでしょうか。

wpXシン・レンタルサーバーの機能

wpXシン・レンタルサーバーの基本機能の情報を開く
機能 ベーシック スタンダード プレミアム ビジネス
月額料金 770円~ 1,540円~ 3,080円~ 6,160円~
初期費用 すべてのプラン・契約月数で無料
プラン変更 すべてのプランで可能
(1日~20日の申請で翌月1日に反映)
独自ドメイン すべてのプラン・契約月数で永年無料
(※指定ドメイン以外は有料あるいは1年無料)
無料お試し期間 すべてのプランで最大10日間の無料体験可能
ディスク容量 300GB 400GB 500GB 600GB
メモリ 8GB 12GB 16GB 20GB
コア数 6コア 8コア 10コア 12コア
第2世代「AMD EPYC™」(コードネーム「Rome」)
無料独自SSL  すべてのプランで対応
データベース(MySQL) 無制限 無制限 ,無制限 無制限
マルチドメイン 無制限 無制限 無制限 無制限
FTPアカウント 無制限 無制限 無制限 無制限
メールアカウント 無制限 無制限 無制限 無制限
Webサーバー すべてのプランでnginx採用
RAID構成 すべてのプランでRAID10(オールNVMe)
WordPress簡単インストール
WordPressクイックスタート
WordPress簡単移行
Xアクセラレータ
HTTP3/ × × × ×
SSH
自動バックアップ すべてのプランで14日分の自動バックアップ(復旧無料)
WAF(セキュリティ)
お問い合わせ メール・電話・サポートサイト

>>wpxシン・レンタルサーバーを今すぐ30%オフで利用する(公式サイト)
※10月7日までの期間限定

wpXシン・レンタルサーバ-とエックスサーバーの違い

エックスサーバーとの違い

  • KUSANAGI技術など高速化性能を優先
  • CPU・メモリをユーザー個別に割り当てている
  • 初期費用・独自ドメインが全プラン・期間で無料

>>エックスサーバーの口コミ・評判はこちら

KUSANAGI技術など高速化性能を優先

wpXシン・レンタルサーバーの特徴
wpXシン・レンタルサーバーの特徴

wpXシン・レンタルサーバーでは、KUSANAGI技術など高速化機能をエックスサーバーに先駆けて導入しています。エックスサーバーは高速性能以上に安定性やアクセス体制に重点を置いているため、最新のKUSANAGI技術を積極的に導入することはありません。

エックスサーバーが大手企業とすれば、wpXシン・レンタルサーバーはベンチャー企業といった感じですかね。

では、wpXシン・レンタルサーバーの高速性能はどのくらいなのか?実際にTeam Viewerウェブモニタリングを使って両者のサイト表示速度を検証してみました。

エックスサーバー

エックスサーバーのページ表示時間
エックスサーバーのページ表示速度
応答時間 ページロード
60.63ms 665.63ms

wpXシン・レンタルサーバー

wpxシン・レンタルサーバーのページ表示速度
wpxシン・レンタルサーバーのページ表示速度
応答速度 ページロード
56.98ms 667.28ms

実際にブラウザからの応答速度はwpXシン・レンタルサーバーの方が速かったですが、ページロード時間はほとんど変わらず、むしろエックスサーバーの方が速かったです。

すでにエックスサーバーを使用している人はわざわざ乗り換える必要もなさそう。ただ、wpXシン・レンタルサーバーはまだ始まったばかりのサービスということもあり、性能を発揮しきれていない感もあります。

今後も優先的に高速化技術を盛り込んでいくため、サイト表示速度を追求したい方は検討してみても良いかもしれませんね。

>>wpxシン・レンタルサーバーを今すぐ30%オフで利用する(公式サイト)
※10月7日までの期間限定

CPU・メモリをユーザー個別に割り当てている

wpXシン・レンタルサーバーのリソース分配図
wpXシン・レンタルサーバーのリソース分配図

レンタルサーバーは基本的に他ユーザーとサーバーリソース共有する『共有サーバー』という形です。

そのためユーザー数が多かったり、共有しているサーバー内でアクセスが混雑しているとあなたのサイト表示速度を遅くする可能性が。これはエックスサーバーでも同様のことがありえます。

wpXシン・レンタルサーバーでは、共有サーバー内でも『CPU6コア/メモリ8GB』以上をユーザーごとに割り当てています。そのため、他社サイトのアクセス状況があなたのサイトに影響を及ぼすことなく、安定稼働することができます。

初期費用・独自ドメインが全プラン・期間で無料

wpXシン・レンタルサーバーでは、全プラン・全期間の契約で初期費用無料&独自ドメインが永久無料です。

エックスサーバーは、キャンペーンとして初期費用や独自ドメインのサービスを行うことはありますが、基本的には初期費用3,300円、独自ドメイン取得には別料金が発生します。

WordPressをはじめとするブログ・アフィリエイトのイニシャルコストはwpXシン・レンタルサーバーの方がお得ですね!

>>wpxシン・レンタルサーバーを今すぐ30%オフで利用する (公式サイト)
※10月7日までの期間限定

wpXシン・レンタルサーバーとwpX Speedの違い

wpX Speedとの違い

  • WordPress専用サーバーではない
  • 管理画面はエックスサーバーと同じ
  • wpX Speedのような時間課金ではなく固定料金設定
  • オートスケールには対応していない

>>wpX Speedの口コミ・評判はこちら

WordPress専用サーバーではない

wpX Speedは、『wp』ということもありWordPress専用サーバーです。でも、wpXシン・レンタルサーバーはWordPressを含む10個のCMS等プログラムに対応しています。

また、KUSANAGI技術は搭載していないもののWordPress専用にチューニングされたwpX Speedと比較して、WordPress初期導入時の速度は同等です。

wpX Speed

wpX Speedのページ表示速度
wpX Speedのページ表示速度
応答速度 ページロード
59.49ms 677.72ms

wpXシン・レンタルサーバー

wpxシン・レンタルサーバーのページ表示速度
wpxシン・レンタルサーバーのページ表示速度
応答速度 ページロード
56.98ms 667.28ms

ただ、wpX SpeedはWordPress専用にチューニングされているため、プラグインの導入やその他コンテンツなど動作環境が変わってきたときに効果を発揮するでしょう。

そのため、WordPressならWordPress専用にチューニングされているwpX Speed、WordPress以外にEC-CUBEなどを利用するならwpXシン・レンタルサーバーを選択する。

サイト表示速度に関しては、このような考え方でよいのではないでしょうか。

>>wpxシン・レンタルサーバーを今すぐ30%オフで利用する(公式サイト)
※10月7日までの期間限定

管理画面はエックスサーバーと同じ

wpXブランド同士ですが、wpX Speedは独自の管理画面に対して、wpXシン・レンタルサーバーは管理画面(サーバーパネル)がエックスサーバーと同じ仕様です。

wpX Speedの管理画面

wpX Speedのコントロールパネル
wpX Speedの管理画面

wpXシンの管理画面

wpXシン・レンタルサーバーのサーバーパネル
wpXシン・レンタルサーバーの管理画面

wpX Speedの管理画面も使いやすいですが、wpXシン・レンタルサーバーもエックスサーバー独自の管理画面と同じ仕様のため使いやすい。

管理画面の使いやすさは好みもありますが、どちらも使いやすく操作性の違いはそれほどありません。

wpX Speedのような時間課金ではなく固定料金設定

wpX Speedはデータ量に応じてではなく時間課金設定ですが、CDN(Content Delibery Network)のような料金体系です。

一方で、wpXシンレンタルサーバーはwpXですが、料金体系はエックスサーバーと同じ固定料金。

wpX Speedの料金

  W1 W2 W3 W4 W5 W6 W7
月額料金 2.2円/時 4.4円/時 8.8円/時 17.6円/時 46.2円/時 77円/時 123.2円/時
上限1,320円 上限2,640円 上限5,280円 上限11,000円 上限33,000円 上限55,000円 上限88,000円

wpXシン・レンタルサーバーの料金

機能 ベーシック スタンダード プレミアム ビジネス
月額料金 770円~ 1,540円~ 3,080円~ 6,160円~

wpX Speedの料金設定はちょっと特殊な感じですが、月額最低料金はW1の1,320円なのでレンタルサーバーとしてはやや高め。

wpXシン・レンタルサーバーは最安770円~利用できるので、個人ブログ・アフィリエイトでコストを抑えたい方はwpXシン・レンタルサーバーの方が良さそうです。

>>wpxシン・レンタルサーバーを今すぐ30%オフで利用する (公式サイト)
※10月7日までの期間限定

オートスケールには対応していない

wpXシン・レンタルサーバーにはオートスケールがありません

オートスケールはアクセス状況に応じて自動でCPUやメモリを増やし、急激なアクセス増加にも対応してサイトの表示安定させる機能。オートスケールがないと急なアクセス負荷に耐えられない可能性があります。

ただ、wpXシン・レンタルサーバーはCPU・メモリ数ともに最安料金プランでもwpX SpeedのW3プランよりもスペックが高いです。

CPU・メモリ数の違い

機能 wpxシン(ベーシック) wpX Speed(W3)
メモリ 8GB 8GB
CPU 6コア 4コア

個人ブログ・アフィリエイトほどのアクセス数なら、wpX SpeedのW2プラン(メモリ4GB/CPU3コア)でも充分に対応可能。そのため、よほどのことがない限りはwpXシン・レンタルサーバーの最安プランでOK。

とはいえ、100%大丈夫とは言い切れません。

基本的にwpXシン・レンタルサーバーのベースはエックスサーバーのようなので、現状オートスケールには対応しそうにありません。もしプランを変更したい場合でも最短で翌月対応となってしまうため、不安がある方はwpX Speedのほうが安心です。

wpXシン・レンタルサーバーとVPSの違い

他社のVPSとして例えばConoHa VPSがありますが、wpXシン・レンタルサーバーはVPSとは比較対象になりません。なぜなら、wpXシン・レンタルサーバーはKUSANAGI技術は用いているもののKUSANAGIではないからです。

このあたりはwpXシン・レンタルサーバーが新しいサービスで全容がつかめていない部分もありますが、どちらかというとConoHa WINGのリザーブドプランに近いのではないでしょうか。

ConoHa WINGのリザーブドプランもConoHa WINGの管理画面・CPU/メモリのリソース分配・固定料金という設定。wpXシン・レンタルサーバーとエックスサーバーの関係性に近いですね。

>>ConoHa WINGのリザーブドプラン詳細はこちら

wpXシン・レンタルサーバーの特徴まとめ

wpXシン・レンタルサーバーの特徴について、現時点(2021年6月10日)でわかることを紹介しました。

最後にもう1度、各サーバーとの違いをまとめます。

エックスサーバーとの違い

  • KUSANAGI技術など高速化性能を優先
  • CPU・メモリをユーザー個別に割り当てている
  • 初期費用・独自ドメインが全プラン・期間で無料

wpX Speedとの違い

  • WordPress専用サーバーではない
  • 管理画面はエックスサーバーと同じ
  • wpX Speedのような時間課金ではなく固定料金設定
  • オートスケールには対応していない

VPSとはそもそもベースが異なるため、比較対象とはなりませんでした。

上記のことを踏まえると、wpXシン・レンタルサーバーと各エックスサーバーブランドやVPSの選び方は以下のとおり。

wpXシンと他サーバーの選び方

すでにエックスサーバーやwpX Speedを利用している人は、wpXシン・レンタルサーバーに移行する必要はないかと思われます。

ただ、その他のサーバーを利用していて料金や使い勝手等に不満があり、そもそも別サーバーに移行を検討しているという人は、新しく取り入れてみてもよいかもしれません。

初期費用・独自ドメインも無料なので、これから新しくブログ・アフィリエイトを始める方も取り入れやすいです。まだ新興のレンタルサーバーですが、選択肢に入れてみるのもありですね!

>>wpxシン・レンタルサーバーを今すぐ30%オフで利用する(公式サイト)
※10月7日までの期間限定

nv-author-image

4つの特化ブログを運営しながら、月収6桁を稼ぐブロガー。現在は開業してサロンサポーター&ブログ個別指導など実践しています。 WordPressに関すること(デザイン・カスタマイズ・テーマ・サーバーなど)が得意。なかでもサイトスピード改善サービスは個人/企業から高評価を得ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です