【有料版】GRCとGRCモバイルはどっちを選べば良いか【知らないと損する】

悩んでる人
悩んでる人
検索順位チェックツールGRCを使おうと思うんだけど、『GRC』と『GRCモバイル』がある。どちらを選んだらいいの?
たけちよ
たけちよ
このような疑問をたけちよが解決します。

 

自分が狙ったキーワードの検索順位チェックできる『GRC』は、ブログをマネタイズ(収益化)したいブロガーに役立つツールの1つ。

ただし『GRC』と『GRCモバイル』のどちらをライセンス購入(有料版)するか間違えると損します。

 

そこで今回は、『GRC』と『GRCモバイル』の違い、ライセンスプランの選び方と導入手順、かんたんな活用方法まで解説します。

 

本記事でわかること

  • 『GRC』と『GRCモバイル』の違い
  • ライセンスプランの選び方と導入手順
  • GRCを活用した記事のリライト方法

 

GRCとGRCモバイルの違いとは

結論から言うと『GRC』を選びましょう。

ただし『GRC』と『GRCモバイル』の違いは検索エンジンの仕組みを知っておく上で重要なことなので、2つの違いを解説します。

 

【機能の比較表】

項目GRCGRCモバイル
検索対象PCでの検索順位スマホでの検索順位
対象検索エンジンGoogle、Yahoo、BingGoogle
追跡サイト数上位100サイト上位30サイト
検索ヒット件数表示あり表示なし
順位チェック範囲『20位まで』
『30位まで』
『50位まで』
『100位まで』
『10位まで』
『20位まで』
『30位まで』
『100位まで』

 

全体的な機能としては『GRC』の方が若干高性能で、GRCの公式ページでも明言されています。

『GRC』と『GRCモバイル』の大きな違いとして『検索対象』と『対象検索エンジン』が異なるため、それぞれもう少し詳しく解説します。

 

公式ページには『GRC-W』というものがありますが、海外Googleの検索順位を表示するもの。日本国内のみのサイトであれば必要ありません。
 

GRCとGRCモバイルの検索対象

GRCの検索対象は『PCでの検索順位』、GRCモバイルの検索対象は『スマホでの検索順位』です。

上記のことについて、GRCの公式ページでは以下のように述べています。

 

PCからの訪問者を重視するのであればGRCを、スマートフォンからの訪問者を重視するのであればGRCモバイルをご利用いただくのが、基本的な考え方になります。

いずれを重視するか判断する一つの方法として、現在の貴サイトへの検索エンジンからの流入が、PCとスマートフォンのいずれからが多いか、アクセス解析ツールでご確認ください。

 

Googleアナリティクスの解析で「PCからの流入が多ければ『GRC』、スマホからの流入が多ければ『GRCモバイル』にしましょう」と述べています。

最近ではスマホ検索が主流となってきているため、サイトのアクセス流入元を確認したときに『スマホ90%』なんてことも少なくありません。

 

たけちよ
たけちよ
CHIYOBLOGの場合は約70%がスマホからのアクセスだよ!
 
では、「スマホからのアクセスが多いから、スマホが検索対象の『GRCモバイル』を選べばいいかな」とすると大きな間違いです。
検索エンジンの『モバイルファーストインデックス』について知っておく必要があります。
 

モバイルファーストインデックス(Mobile First Index:MFI)とは、モバイルページを基準にして検索順位を決めること

 

現在Google検索エンジンではモバイルファーストインデックスが導入されています。

とはいえ、普段からキーワード選定や競合調査としてワード検索している方は「PCとモバイルだと少し順位違くない?」と違和感がありますよね。

 

例えば『最新 ファッション』で検索してみます。

 

PCの検索画面

PCの検索画面

 

モバイルの検索画面

モバイルの検索画面

 

このようにPCとモバイルでは検索順位に若干の違いがあります。

 

たけちよ
たけちよ
『最新 ファッション』のように検索結果が異なる場合もあれば、検索結果が同じ場合があるよ!

 

ただし、上記のようなPCとモバイルでの検索順位の相違は、モバイルファーストインデックスが不充分だからです。

Googleは2020年9月を目安に「全サイトをモバイルファーストインデックスの対象にする」としています。

 

つまり「モバイル向けページの評価に基づいてPC・モバイルどちらも同じ検索結果を表示する」ということ。

これから検索順位チェックツールを導入するのであれば、より機能の高い『GRC』を選択することがおすすめです。

 

\検索順位をチェックしてブログを収益化/

 

GRCとGRCモバイルの対象検索エンジン

GRCの対象検索エンジンは『Google、Yahoo、Bing』、GRCモバイルの検索対象は『Googleのみ』です。

GRCの対象検索エンジンは『Googelのみ』ですが、YahooはGoogleの検索エンジンを使用しているため大きな違いは『Bing』です。

 

たけちよ
たけちよ
Bingはマイクロソフト社が提供する独立した検索エンジンで、WindowsPCではデフォルトで使用されているよ!
 
日本の検索エンジンのシェアはGoogle、Yahoo、Bingがトップ3で、そのうちBingのシェア率は4.6%です。
 

検索エンジンのシェア率

引用:statcounter GrobalStats

 
Bingのシェア率はけっして高くありませんが、近年は日本でのシェア率も高まっているためチェックしておくことをおすすめします。
GRCモバイルでは『Bing』の検索順位を計測できないので、日本トップ3シェアの検索エンジンを網羅できる『GRC』を選択する方が有効です。
 

\検索順位をチェックしてブログを収益化/

 

GRCのライセンスプラン(有料版)の選び方

次に、有料版GRCのライセンスプランの選び方についてです。

下記は各ライセンスプランの比較表です。

 

【ライセンスプラン比較表】

項目ベーシックスタンダードエキスパートプロアルティメット
月額払い450円900円1,350円1,800円2,250円
年額払い4,500円9,000円13,500円18,000円22,500円
URL数5505005000無制限
検索語数5005,00050,000500,000無制限
※表は横スクロールできます
※表示はすべて税抜き価格(2020年6月現在)

 

上記以外にGRCの『無料版』もありますが『検索語数は10個まで』のため、すぐに枠を使い切ってしまい役に立ちません。

どうしてもGRCを無料で始めたい方はこちらから
>>無料版GRCを始める

 

これからGRCを導入する初心者であれば次の2プランから選択すればOKです。

  • ベーシックプラン
    登録可能URL数:5
    検索語数(キーワード):500
    月額:375円(年払い)
  • スタンダードプラン
    登録可能URL数:50
    検索語数(キーワード):5,000
    月額:750円(年払い)

※『エキスパート』『プロ』『アルティメット』は企業向け

 

所有サイトが3つ以下、検索ワードが500未満ならベーシックプランで充分です。

これからブログ運営に力を入れてさらに複数サイトを運営する場合は、スタンダードプランがおすすめです。

 

たけちよ
たけちよ
僕は複数サイトを運営しているけど、ブログを始めた初期に『ベーシックプラン』を購入したよ。
 
契約期間の途中でプランを変更したい場合は、利用したいプランのライセンス料金を再度支払う必要があるため注意が必要です。
 

有料版GRCの導入手順

ライセンスプランが決まったら有料版GRCを導入していきます。

 

有料版GRCの導入手順

  1. 公式ページで『GRC』をインストール
  2. プランを選択して購入を申し込む
  3. 『GRC』にライセンス登録

 

それでは有料版GRCの導入手順を画像を用いて解説していきます。

以下のGRCの導入手順はWindows向けです。公式ページでMac向けダウンロード方法を参照してください。

▼こちらで確認できます▼
MacでGRCを利用する方法

 

手順①:公式ページで『GRC』をインストール

まずは『GRC』をPCにインストールします。

 

たけちよ
たけちよ
GRCの導入は全手順合わせても10分以内でできるよ!
 

GRCの公式ーページはこちらから行けます。

 

 

1.GRCの『ダウンロード』をクリックする

GRCの申し込み画面

 

2.『最新版GRCのダウンロード』をクリックする

GRCインストール画面

 

3.GRCのインストールを進める

GRCのインストール画面

GRCのインストール画面

GRCのインストール画面

 

4.GRCの許可に『はい』を選択する

GRCインストール画面

 

5.インストール完了

GRCアイコン

 

デスクトップに『検索順位チェックツールGRC』のアイコンが表示されれば、インストール完了です。

 

手順②:プランを選択して購入を申し込む

続いて、有料ライセンスプランの購入に進みます。

GRC公式ページへ再度アクセスします。

 

1.『ライセンス購入』をクリック

GRCライセンス購入画面

 

2.利用規約を読んで申し込みフォームへ

GRCライセンス購入

 

3.支払方法を選択する

GRC年払い

 

どのプランを選択しても『年払い』の方が2ヶ月分お得になります。
※年払いの場合は『銀行振り込み』のみ

 

4.ソフトウェアを選択する

GRCライセンス選択画面

  1. 『GRC』にチェックを入れる
  2. 『次へ』をクリックする

 

5.ライセンスプランを選択する

ライセンス選択画面

  1. 『ベーシック・ライセンス』または『スタンダード・ライセンス』をチェックする
  2. 『次へ』をクリックする

 

6.個数を選択して『次へ』をクリック

GRCライセンスの個数

 

7.お客様情報を入力する

個人情報の入力画面

 

8.最終確認をする

ライセンス購入確認画面

  1. ソフト名・ライセンスプランに間違いがないか最終確認をする
  2. 『ライセンス購入を申し込む』をクリックする
※間違えると修正が効かないので必ずチェックしてください
 

9.ライセンス購入の申し込み完了

GRCライセンス購入完了画面

 

これでライセンスの購入申請が完了しました。

このあと、以下のようなメールが届きます。

 

GRC申し込み確認メール

 

メールに記載されている振込先に入金確認されたらライセンスキーが発行されます。

 

たけちよ
たけちよ
あとはライセンスキーをGRCに登録するだけ。早めに振込みは済ませてしまおう!
 

手順③:『GRC』にライセンス登録

次に、発行されたライセンスキーをGRCに登録します。

 

1.GRCの『ヘルプ』から『ライセンス登録』をクリック

GRCライセンス登録画面

 

2.ライセンスを登録する

GRCライセンス入力画面

 

3.ライセンスキーを入力して完了

ライセンスキー入力画面

  1. ライセンスキーを入力する
  2. 『OK』をクリックする

 

これでGRCのライセンスの登録が完了です。

 

たけちよ
たけちよ
お疲れさまでした。これでGRCの機能をフル活用できるようになったよ!
 

GRCを活用した記事のリライト方法

最後に、GRCを活用した記事のリライト方法を紹介します。

GRCの基本操作方法についてはGRC公式ページ(基本の使い方)をご覧ください。

 

たけちよ
たけちよ
記事をリライトするときの基本的な活用方法を紹介するね!
 

GRCはGoogleサーチコンソールと併用する

GRCはGoogleサーチコンソールと併用することがおすすめです。

GRC
⇒実際に記事で利用した『キーワード』での検索順位を確認する

Googleサーチコンソール
⇒ユーザーが検索したキーワード『クエリ』を確認する

 

例えば、

設定したキーワード
⇒『ブログ 初心者 書き方』

検索されたクエリ
⇒『ブログ 書き方わからない』

 

『ブログ 初心者 書き方』の検索順位があまりにも低い場合は、ターゲットユーザーに対してキーワード選定が適切ではないかもしれません。

そのような場合はGoogleサーチコンソールの『クエリ』を参考に『ブログ 書き方 わからない』をキーワードに設定してリライトすることも有効です。

 

たけちよ
たけちよ
GRCとGoogleサーチコンソールを合わせながら検索順位を見ると、よりユーザーのニーズに沿った記事を書きやすくなるよ!
 

GRCにキーワードを登録したら3ヶ月ほど様子を見る

GRCにキーワードを登録、つまり記事を投稿したら3ヶ月ほど様子を見ましょう。

GRCの検索順位表

※当ブログの検索順位の一部

 

上記のように検索順位がアップダウンしますが、記事は3ヶ月ほどかけて検索エンジンから評価されます。

 

たけちよ
たけちよ
1~2ヶ月で検索順位が上がらないからって焦ることはないよ!

 

GRCで検索順位の変動をみながら、3ヶ月ほどかけて検索順位が30位以内であればタイトルや記事内容をリライトして再び検索順位を追います。

もしも3ヶ月経って30~50位ほど、あるいはそれ以下の場合は設定したキーワードや記事の質に問題がある可能性があります。

 

このような場合はキーワード選定のやり直しや記事の大幅なリライト、あるいは低質な記事をnoindexするといった作業を行いましょう。

 

GRCとGRCモバイルはどっちを選べばいいかまとめ

ここまでGRCとGRCモバイルの違い、ライセンスプランの選び方と導入方法、かんたんな活用方法を解説してきました。

GRCとGRCモバイルの大きな違いは以下のとおり

 

  • 検索対象
    GRC:PCの検索順位
    GRCモバイル:スマホの検索順位
  • 対象検索エンジン
    GRC:Google、Yahoo、Bing
    GRCモバイル:Google

 

ただし、検索対象は今後Googleがモバイル向けの評価を検索結果に反映するため、より高機能な『GRC』を選択することがおすすめです。

検索順位チェックツール『GRC』を月々たったの375円で導入することでユーザーニーズを見つけ出しやすくなり、検索上位を狙うことができます。

 

ぜひ、早いうちに導入してブログのマネタイズ(収益化)を加速させましょう。

 

\検索順位をチェックしてブログを収益化/

【国内最速!格安レンタルサーバー『ConoHa WING』】

当サイトで契約中のWordPress向けレンタルサーバー!

国内最速サーバー速度&抜群の安定性

初期費用無料&独自ドメイン永久無料

これ1つで簡単にWordPressブログが始められます。

初回限定価格!ブログ運営1ヶ月間の徹底サポート
こちらをクリック
初回限定価格!ブログ運営1ヶ月間の徹底サポート
こちらをクリック