ブログが書けない理由はシンプル【余計な思考は捨ててしまえ】

悩んでる人
悩んでる人
最近なかなかブログが書けなくて悩んでる。調べれば調べるほど他のサイトがすごくてちょっと自信もなくなってきたし、どうしたらいいんだろう。
たけちよ
たけちよ
このような疑問をたけちよが解決します。

 

いろんな人のブログやnote、あるいはSNSで流れる情報を目にして「さぁやるぞ!」と記事を書こうと思ったけど、手が止まって早数日なんてことありますよね。

 

たけちよ
たけちよ
僕も悩んで書けないことがあったので、気持ちはすごくわかります。
 
そこで今回はブログが書けない理由と、その解決方法を紹介します。
記事を読み終わるころには気持ちがすっきりして、久しぶりの1記事が書けるようになるので、ぜひご覧ください。
 
本記事でわかること
  • ブログが書けない理由3つ
  • ブログが書けないときの解決策
  • 余計な考えはさっさと捨てる

 

ブログが書けないと思っている人はけっこう多い

ブログが書けない人たち

まず初めに、ブログが書けない悩みを抱えている人はあなただけではありません。

 

『ブログ 書けない』で検索をすると3億5,700万件もの検索数が出てきます。

このほかにも、

 

  • ブログ なかなか 書けない
  • ブログ 書けない 初心者
  • ブログ うまく書けない

 

『ブログ 書けない』というワードを含んだ検索用語は数多くあり、その検索ワードすべてが3,000万件以上ヒットします。

 

悩んでる人
悩んでる人
え、そんなに多いの?悩んでる人けっこう多いんだなぁ~。
 
「自分はブログのセンスがない」
「自分は文章能力がなくてダメだ」
 
ブログがなかなか書けないと思っている人はあなただけではないので、このように自己嫌悪しなくても大丈夫です。
 

ブログが書けない理由は『気にしすぎ』

悩んでる人たち

ブログが書けない理由はシンプルに次の3つです。

  • ノウハウを気にしすぎ
  • 記事の完成度を気にしすぎ
  • 他の人の記事を気にしすぎ

 

もしどれかに当てはまるようなら、まずはその考えを捨ててしまいましょう。

 

悩んでる人
悩んでる人
SEOとか記事の完成度とかって大事じゃないの?その考え捨てていいの?
たけちよ
たけちよ
そんなものはとりあえず捨ててしまいましょう。
 
『ブログが書けない』ことはメンタルの影響が大きいです。
『書き方がわからない』といった技術的な問題は、正しい知識と反復練習で身に着けることができますが、メンタルはそうもいきません。
 
上述した3つを気にしすぎて自信を無くし、記事を書くことが苦痛になり、さらに書けないという負のループに陥ってしまうことが問題です。
 

その①:ノウハウを気にしすぎ

ブログが書けない理由の1つ目は『ノウハウを気にしすぎ』です。

SEOが気になりすぎて型にはまったガチガチの文章になって、記事を書くことを楽しめず作業的になってると感じることありませんか?

 

例えば、技術的なことでいうと下記のようなこと

  • タイトルにはキーワード左詰めで入れる
  • 見出しタグにもキーワードを詰め込む
  • キーワードを記事内の随所で入れる
  • 記事内には共起語をたくさん入れる
  • 内部リンクで記事をつなぐ

 

僕も頭に入れながら記事を書いているので、気になる気持ちは充分わかります。

もちろん検索されないと読まれないのでSEOは大切ですが、あなたが記事を読んでほしいのは検索エンジンではなくユーザー(読者)ですよね。

 

言ってしまえば、あなたのブログにどんなノウハウが詰め込まれていようと、ユーザーにはまったく関係ありません。

 

たけちよ
たけちよ
偉そうなこと言ってますが、この文章を書きながら自分にも言い聞かせてます(笑)
 

ユーザーが求めているのは『自分の悩みを解決してくれる』ことであり、ブロガーはその悩みの解決を期待以上に答えてあげること。

ブログを書くノウハウは、あなたの記事が読まれるためのものでもありますが、あくまで悩みを抱えているユーザーに情報を届けるための手段です。

 

ノウハウばかり気にせず、ユーザーに意識を向ければブログは書きやすくなりますよ。

 

その②:記事の完成度を気にしすぎ

ブログが書けない理由の2つ目は『記事の完成度を気にしすぎ』です。

記事の完成度に関しては多くの初心者ブロガーが抱えてしまう問題ですが、「記事の完成度なんて気にするな」の一言。

 

困ってる人
困ってる人
でも、記事の完成度が低いとユーザーは読んでくれないんじゃないかって思っちゃう。
 
あなたが思う記事の完成度はユーザーには関係ありません。
良い記事、悪い記事、どちらにしても評価をするのはユーザーです。
 
あなたが『よし!完璧な記事が書けた!』と思っても、ユーザーからしたら『ゴミ記事』の可能性もあります。
 
たけちよ
たけちよ
ゴミ記事は言いすぎかもしれないけど、ユーザーからすれば、満足度が低いなんてことも多々あります。
 
記事の完成度が気になってブログが書けないなら、とりあえず記事を書いてすぐ公開しましょう。
  • こんなこと書いていいのかな
  • 文字数も少ないしいいのかな
  • この記事内容で需要あるのかな

 

このような考えは全部いらないので、頭の中をキャッシュクリアしてください。

そして少し時間が経ったあとにその記事を見直して、それから必要な修正を考えればOKです。

 

ライブ中継とは違いブログは『リライト』することができますし、リライトすら微妙と思う記事はNoIndex(インデックス登録しない)することだって可能です。

完成度100%の記事ではなく、6~70%の完成度の記事でOKとすれば気持ちも楽になってブログも書きやすくなりまよね。

 

その③:他の人の記事を気にしすぎ

ブログが書けない理由の3つ目は、『他の人の記事を気にしすぎ』です。

記事を書く前にキーワード選定をするのはブロガーなら誰もがやっていることですが、実際の流れは次のような感じではないでしょうか。

 

キーワードを選定する

上位の競合サイトをチェックする

書きたいことが網羅されててへこむ
 
ブログを書けない人の多くは、このような状況に陥っていますよね。
 
たけちよ
たけちよ
僕もかなり経験ありますよ(笑)
 
  • すでに他の誰かがあなたの書きたい記事を書いている
  • あなたの記事よりも情報の質の高い記事がいくつもある
  • 文字数が軽く1万字くらいありそうで網羅性がすごい

 

このようなことはザラにあります。

では、あなたは記事を書かなくてもいいのかというとそうではありません。

 

困ってる人
困ってる人
でも、書いても他の人の方がすごいから自分なんて・・・
 
他の人がすごかろうと、あなたが記事を書いたほうが良い理由は2つあります。
  • ユーザーは他の人が記事を書いているかどうかなんて知らない
  • 記事の項目がかぶることは当たり前

 

あなたはキーワードを選び、検索サジェストを調べ、競合サイトを調べているので、他の人が記事を書いているのを知っています。

でも、ユーザーは競合サイトの調査なんてしていないので他の人が記事を書いているなんて知りません。

 

ユーザーが見たあなたの記事がユーザーにとっての『検索結果』なので、気にせずブログを書きましょう。

 

たけちよ
たけちよ
もし「この記事、他の人も書いてるやつじゃん」なんてことがあったら、その人はブロガーですよ(笑)

 

記事の項目に関して、SEOを意識しているのはどのブログも同じで、書きたい内容を網羅しようとしたら内容がかぶることだって普通です。

 

たけちよ
たけちよ
ちなみにパクリは絶対にダメです。

 

それぞれの記事で内容の違いを挙げるなら『感情』。

感情は書き手によって表現が異なるので、記事の内容や構成が同じようになろうと感情は同じにはなりません。

 

あなたの声に響くユーザーがいるはずなので、他の人が記事を書いていようと、内容や項目がかぶっていようと、自分の声で自信をもって記事を書けば大丈夫です。

 

まとめ:ブログは楽しんで書こう

空を飛ぼうとしている少年

ブログが書けない理由は『気にしすぎ』によるメンタルの影響が大きいです。

その気にしすぎは、あなたの思い込みからくるので余計なことは考えず、なんでもいいのでまずは記事を書いてみましょう。

 

きっと今よりも楽しんで『ブログが書ける』ようになると思いますよ。

ちなみにはりきって文章術の本なんて読まないでくださいね。

 

どうしても本を読むなら文章術以外のもので、おすすめは『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』です。

なんのために自分がブログを始めて、どんな人生にしていきたいか、ブログを継続していく目的を見失わないために大切なことが書いてあります。

 

今なら『Amazonオーディブル』で最初の1冊、登録30日間無料(月額1500円)で読めるのでおすすめです。

>>30日間無料でAmazonオーディブルを体験する

【国内最速!格安レンタルサーバー『ConoHa WING』】

当サイトで契約中のWordPress向けレンタルサーバー!

国内最速サーバー速度&抜群の安定性

初期費用無料&独自ドメイン永久無料

これ1つで簡単にWordPressブログが始められます。

初回限定価格!ブログ運営1ヶ月間の徹底サポート
こちらをクリック
初回限定価格!ブログ運営1ヶ月間の徹底サポート
こちらをクリック